プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

7.101 V$BACKUP_SPFILE

V$BACKUP_SPFILEは、制御ファイルからのバックアップ・セット内のサーバー・パラメータ・ファイルに関する情報を示します。

データ型 説明

RECID

NUMBER

バックアップSPFILEレコードID

STAMP

NUMBER

バックアップSPFILEレコード・スタンプ

SET_STAMP

NUMBER

バックアップ・セット(このSPFILEバックアップを含むセット)のスタンプ

SET_COUNT

NUMBER

バックアップ・セット(このSPFILEバックアップを含むセット)のカウント

MODIFICATION_TIME

DATE

SPFILEの最終変更時刻(作成時刻も含む)

BYTES

NUMBER

SPFILEのサイズ(バイト)

COMPLETION_TIME

DATE

SPFILEのバックアップ完了時刻

DB_UNIQUE_NAME

VARCHAR2(30)

一意のデータベース名

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID

GUID脚注 1

RAW(16)

バックアップが所属するPDBのGUID。バックアップが所属するPDBを特定するためにPDBを削除した後、これが役立つ。

脚注 1

この列は、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。