プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

7.128 V$CON_EVENT_HISTOGRAM_MICRO

V$CON_EVENT_HISTOGRAM_MICROは、コンテナの待機数、最大待機および合計待機時間(マイクロ秒)をイベント別のヒストグラムで示します。ヒストグラムには、<1us、<2us、<4us、<8us、... <231us、<232us、>=232usがあります。

TIMED_STATISTICS初期化パラメータがtrueに設定されていないかぎり、ヒストグラムは作成されません。

データ型 説明

EVENT#

NUMBER

イベント番号

EVENT

VARCHAR2(64)

イベントの名前。

WAIT_TIME_FORMAT

VARCHAR2(30)

WAIT_TIME_MICROから変換された、人間が読める形式の時間文字列。WAIT_TIME_MICROが<1ミリ秒の場合、WAIT_TIME_FORMATはマイクロ秒で表示される。WAIT_TIME_MICROが<1秒の場合、WAIT_TIME_FORMATはミリ秒で表示される。WAIT_TIME_MICROが<1分の場合、WAIT_TIME_FORMATは秒で表示される。WAIT_TIME_MICROが>1分の場合、WAIT_TIME_FORMATは分と秒で表示される。

WAIT_TIME_MICRO

NUMBER

バケットが表す時間間隔(マイクロ秒)。時間間隔が=numの場合、この列は、num未満の時間間隔の待機(numより小さいバケットには含まれない)を表す。

WAIT_COUNT

NUMBER

ヒストグラムのバケットに属する時間間隔の待機数

LAST_UPDATE_TIME

VARCHAR2(73)

前回、バケットが更新された時刻(前回の待機の終了タイムスタンプはバケットの時間間隔に含まれる)

CON_ID

NUMBER

CDB以外から問合せが行われた場合は、そのインスタンスの待機イベント・データが返され、CON_ID値が0になります。

CDBのルートから問合せが行われた場合は、各コンテナの待機イベント・データが返され、CON_ID値はその待機イベント・データに対応するコンテナを示します。

PDBから問合せが行われた場合は、そのPDBの待機イベント・データが返され、CON_ID値がそのPDBのコンテナIDになります。

注意:

このビューは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。