プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

7.169 V$DG_BROKER_CONFIG

V$DG_BROKER_CONFIGは、Oracle Data Guard Broker構成のサマリーを示します。これは、DGMGRL CLIのSHOW CONFIGURATIONコマンドに類似しています。構成内の任意のデータベースからの、Oracle Data Guard Broker構成全体を示すビューとなります。

データ型 説明

DATABASE

VARCHAR2(512)

データベースの一意の名前

CONNECT_IDENTIFIER

VARCHAR2(512)

データベースへの接続に使用するNet接続識別子

DATAGUARD_ROLE

VARCHAR2(27)

データベースのOracle Data Guardロール:

  • PRIMARY

  • PHYSICAL_STANDBY

  • LOGICAL_STANDBY

  • SNAPSHOT_STANDBY

  • FAR SYNC INSTANCE

  • RECOVERY APPLIANCE

REDO_SOURCE

VARCHAR(30)

REDOソースの一意のデータベース名

ENABLED

VARCHAR2(5)

データベースがOracle Data Guard Brokerで管理されているかどうかを示すTRUEまたはFALSE

STATUS

NUMBER

データベースの現在の状態を示すOracleエラー番号

VERSION

VARCHAR2(30)

Broker構成のバージョン

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID