プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

8.2 V$IM_SEGMENTS

V$IM_SEGMENTSは、データベース内のすべてのインメモリー・セグメントに関する情報を示します。

インメモリー表現を持つセグメントのみが表示されます。セグメントにインメモリー列ストア(IM列ストア)のマークが付けられているが移入されていない場合、そのセグメントに対応する行はこのビューには表示されません。

データ型 説明

OWNER

VARCHAR2(128)

セグメントの所有者のユーザー名

SEGMENT_NAME

VARCHAR2(128)

セグメントがある場合、その名前

PARTITION_NAME

VARCHAR2(128)

オブジェクト・パーティション名(非パーティション・オブジェクトの場合はNULL)

SEGMENT_TYPE

VARCHAR2(18)

セグメントのタイプ:

  • TABLE

  • TABLE PARTITION

  • TABLE SUBPARTION

TABLESPACE_NAME

VARCHAR2(30)

セグメントが設定されている表領域の名前

INMEMORY_SIZE

NUMBER

セグメントのインメモリー・バージョンのサイズ(バイト)

BYTES

NUMBER

インメモリーのセグメントのディスク上のデータのバイト数(空き領域なしメタデータ・ブロック)

BYTES_NOT_POPULATED

NUMBER

メモリー内に移入されていないディスク上のセグメント部分のサイズ(バイト)

POPULATE_STATUS

VARCHAR2(9)

セグメント移入のステータス:

  • STARTED: セグメント移入タスクの開始を示す

  • COMPLETED: 保留中のセグメント移入タスクがないことを示す

  • FAILED: セグメント移入タスクが失敗したことを示す

INMEMORY_PRIORITY

VARCHAR2(8)

IM列ストア移入の優先度:

  • LOW

  • MEDIUM

  • HIGH

  • CRITICAL

  • NONE

INMEMORY_DISTRIBUTE

VARCHAR2(15)

Oracle Real Application Clusters (Oracle RAC)環境でIM列ストアが配信される方法:

  • AUTO

  • BY ROWID RANGE

  • BY PARTITION

  • BY SUBPARTITION

INMEMORY_DUPLICATE

VARCHAR2(13)

Oracle RAC環境でのIM列ストアの重複設定:

  • NO DUPLICATE

  • DUPLICATE

  • DUPLICATE ALL

INMEMORY_COMPRESSION

VARCHAR2(17)

IM列ストアの圧縮レベル:

  • NO MEMCOMPRESS

  • FOR DML

  • FOR QUERY [ LOW | HIGH ]

  • FOR CAPACITY [ LOW | HIGH ]

INMEMORY_SERVICE脚注 1脚注 1

VARCHAR2(12)

IMが有効な表が様々なインスタンスで移入される方法。

  • DEFAULT: Oracle Database 12cリリース2 (12.2.0.1)より前の動作

  • NONE: すべてのインスタンスで移入されない

  • ALL: すべてのインスタンスで移入される

  • USER_DEFINED: ユーザーが指定したサービスがアクティブになっているインスタンスでのみ移入される。これに対応するサービス名は、INMEMORY_SERVICE_NAME列に格納される。

INMEMORY_SERVICE_NAME脚注 1

VARCHAR2(129)

IMが有効な表に移入されるサービス名。この列は、対応するINMEMORY_SERVICE列がUSER_DEFINEDの値を持つ場合にのみ、値を持つ。

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、マルチテナント・コンテナ・データベース(CDB)全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID

脚注 1 この列は、Oracle Database 12cリリース2 (12.2.0.1)から使用可能です。

関連項目: