プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

8.100 V$ONLINE_REDEF

V$ONLINE_REDEFは、現在実行中のオンライン再定義の状態に関する情報を示します。

データ型 説明

SID

NUMBER

セッション識別子

SERIAL#

NUMBER

セッション・シリアル番号(セッションのオブジェクトを一意に識別するために使用される)。

REDEFINITION_ID

NUMBER

再定義の識別子

TABLE_OWNER

VARCHAR2(129)

現在再定義されている表の所有者。このユーザーのスキーマ内に常駐する表。

ORIGINAL_TABLE_NAME

VARCHAR2(129)

元の表の名前

INTERIM_TABLE_NAME

VARCHAR2(1024)

現在再定義されている暫定表

PARTITION_NAME

VARCHAR2(1024)

現在再定義されている表のパーティション。このユーザーのスキーマ内に常駐する表。

OPERATION

VARCHAR2(128)

再定義処理中の操作:

  • start_redef_table

  • sync_interim_table

  • copy_table_dependents

  • finish_redef_table

  • abort_redef_table

SUBOPERATION

VARCHAR2(128)

再定義処理中のサブ操作

DETAILED_MESSAGE

VARCHAR2(1024)

再定義処理中の操作の詳細。処理中のDMLの数、実行のstart_time、partition_nameなどの詳細が含まれる

PROGRESS

VARCHAR2(128)

各操作の完了のパーセンテージ

REFRESH_STATEMENT_SQL_ID

VARCHAR2(128)

REFRESH_STATEMENT列内の文のSQL ID

REFRESH_STATEMENT

VARCHAR2(4000)

一部のオンライン再定義プロシージャでリフレッシュ操作中に実行されたリフレッシュ文。リフレッシュがSUBOPERATION列のサブ操作である場合、このREFRESH_STATEMENT列にリフレッシュ文が存在する。

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID

注意:

このビューは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。