プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

8.116 V$PERSISTENT_SUBSCRIBERS

V$PERSISTENT_SUBSCRIBERSは、データベース内の永続キューのすべてのアクティブなサブスクライバに関する情報を示します。インスタンス、キュー、サブスクライバ各1つに対して1行ずつ示されます。データベース(またはOracle RAC環境のインスタンス)を再起動すると、行は削除されます。

データ型 説明

QUEUE_ID

NUMBER

キューの識別子

QUEUE_SCHEMA

VARCHAR2(30)

キューの所有者

QUEUE_NAME

VARCHAR2(30)

キューの名前

SUBSCRIBER_ID

NUMBER

内部サブスクライバ番号

SUBSCRIBER_NAME

VARCHAR2(30)

サブスクライバ名

SUBSCRIBER_ADDRESS

VARCHAR2(1024)

サブスクライブしているエージェントのアドレス

PROTOCOL

NUMBER

サブスクライブしているエージェントのプロトコル

SUBSCRIBER_TYPE

VARCHAR2(30)

サブスクライバのタイプ:

  • PROXY - 伝播サブスクライバ

  • SUBSCRIBER - 標準サブスクライバ

  • RECIPIENT - 受信者

FIRST_ACTIVITY_TIME

TIMESTAMP(6)

データベースの起動以後の最初にサブスクライバが動作した時刻

ENQUEUED_MSGS

NUMBER

FIRST_ACTIVITY_TIME以後にエンキューされたメッセージの数

DEQUEUED_MSGS

NUMBER

FIRST_ACTIVITY_TIME以後にデキューされたメッセージの数

AVG_MSG_AGE

NUMBER

キュー内のメッセージの平均有効期間

BROWSED_MSGS

NUMBER

参照されたメッセージの数

EXPIRED_MSGS

NUMBER

FIRST_ACTIVITY_TIME以後に期限切れとなったメッセージの数

DEQUEUED_MSG_LATENCY

NUMBER

最後にデキューされたメッセージの待機時間(秒)

LAST_ENQUEUE_TIME

TIMESTAMP(6)

最後にエンキューされたメッセージのタイムスタンプ

LAST_DEQUEUE_TIME

TIMESTAMP(6)

最後にデキューされたメッセージのタイムスタンプ

ELAPSED_DEQUEUE_TIME

NUMBER

デキューに費やされた合計時間(1/100秒)

DEQUEUE_CPU_TIME

NUMBER

デキューの合計CPU時間(1/100秒)

DEQUEUE_TRANSACTIONS

NUMBER

デキュー・トランザクションの数

EXECUTION_COUNT

NUMBER

デキュー索引カーソルの実行数

DEQUEUE_MEMORY_LOCKS

NUMBER

メモリー・ロックを取得したデキュー・トランザクションの数

DEQUEUE_DISK_LOCKS

NUMBER

ディスク・ロックを取得したデキュー・トランザクションの数

DEQUEUE_DISK_DELETES

NUMBER

索引構成表エントリを削除したデキュー・トランザクションの数

OLDEST_MSGID

RAW(16)

最も古いメッセージのメッセージID

OLDEST_MSG_ENQTM

TIMESTAMP(6)

最も古いメッセージのエンキュー時間

PARENT_SUBSCRIBER_ID

NUMBER

親永続サブスクライバのサブスクライバID

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID