プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

8.157 V$RECOVERY_SLAVE

V$RECOVERY_SLAVEは、データベースのメディア・リカバリ・プロセスを追跡し、そのパフォーマンス統計を監視してメディア・リカバリ・セッションを分析するために使用されます。

データ型 説明

START_TIME

DATE

リカバリ・プロセスの開始時間

TYPE

VARCHAR2(64)

実行中のリカバリ・プロセスのタイプ:

  • MEDIA RECOVERY Apply SLAVE

  • MEDIA RECOVERY Merge Slave

  • SERIAL MEDIA RECOVERY

ITEM

VARCHAR2(32)

測定中の項目

TYPEMEDIA RECOVERY Apply SLAVEである場合、可能な値は次のとおり。

  • Recovery ID

  • Process ID

  • Number of Redo Cache Full

  • Number of Redo Cache Copy

  • Number of CV Cached

  • CV Applied OK

  • CV Applied Stuck

  • CV Applied Repair

  • CV Applied Corrupt

  • CV Applied Ckpt

  • CV Applied Reapplied

  • Total CV Processed Size

  • Total CV Applied

  • Number of Buffer Cache Full

  • Number of Buffer Retries

  • Number of Max Reads Issued

  • Number of Unrcv Condition

  • Number of Influx Buffer Flushed

  • Number of Reap Request

  • Number of Reap Wait IO

  • Number of Reap No Buffer

  • Number of Wait All Read

  • Number of Buffer Pinged

  • Buffer Ping Time

  • Read Issue Time

  • Number of Read Request Issued

TYPEMEDIA RECOVERY Merge Slaveである場合、可能な値は次のとおり。

  • Recovery ID

  • Process ID

  • Number of Redo Cache Full

  • Number of Redo Cache Copy

  • Number of CV Cached

  • Total Redo Read Bytes

  • Total CV Parsed

TYPESERIAL MEDIA RECOVERYである場合、可能な値は、その他2つのTYPEの値をあわせたもの。

UNITS

VARCHAR2(32)

項目ごとの測定単位

SOFAR

NUMBER

現在までに終了した作業量

TOTAL

NUMBER

予測される合計作業量

COMMENTS

VARCHAR2(248)

現在のリカバリ・セッションのリカバリIDおよびプロセスIDを示す、その他のノート

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID

関連項目:

『Oracle Databaseバックアップおよびリカバリ・アドバンスト・ユーザーズ・ガイド』