プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

8.194 V$RSRCPDBMETRIC

V$RSRCPDBMETRICは、消費されたリソースと待機時間に関する情報をPDBのコンシューマ・グループ別に示します。

STATISTICS_LEVELTYPICALまたはALLに設定されている場合は、リソース・マネージャ・プランが設定されていなかったり、リソース・マネージャ・プランでCPUやセッション・リソースが監視されていなくても、このビューにCPU使用率と待機時間に関する情報が表示されます。CPU使用率が監視されていない場合、メトリックは1分ごとに収集および格納されます。

データ型 説明

BEGIN_TIME

DATE

メトリック値の開始時間

END_TIME

DATE

メトリック値の終了時間

INTSIZE_CSEC

NUMBER

時間間隔のサイズ

SEQUENCE#

NUMBER

コンシューマ・グループ統計情報が適用されるV$RSRC_PLAN_HISTORYエントリを一意に説明する順次カウンタ。インスタンスが再開すると、この値は0にリセットされる。

CPU_CONSUMED_TIME

NUMBER

コンシューマ・グループのすべてのセッションがコンシュームしたCPU時間の累積(ミリ秒)

CPU_WAIT_TIME

NUMBER

リソースの管理のため、セッションがCPUを待機した時間の累積(ミリ秒)。ラッチまたはエンキューの競合、I/O待機などは含まれない。CPUリソースがアクティブに管理されていない場合、この値は0に設定される。

NUM_CPUS

NUMBER

リソース・マネージャが利用しているCPUの数。インスタンス・ケージングが使用可能な場合、この列はCPU_COUNT初期化パラメータの値と等しい。インスタンス・ケージングが使用可能でない場合、この列はシステムのCPUの合計数と等しい。

RUNNING_SESSIONS_LIMIT

NUMBER

同時に実行できるコンシューマ・グループの最大セッション数。この列の値は、リソース・マネージャ・プランのMAX_UTILIZATION_LIMITディレクティブによって設定される。

AVG_RUNNING_SESSIONS

NUMBER

現在実行中のコンシューマ・グループの平均セッション数

AVG_WAITING_SESSIONS

NUMBER

リソース管理のため、CPUを待機中のコンシューマ・グループの平均セッション数。CPUリソースがアクティブに管理されていない場合、この値は0に設定される。

CPU_UTILIZATION_LIMIT

NUMBER

コンシューマ・グループで常時利用できるCPUの最大割合。この列の値は、リソース・マネージャ・プランのMAX_UTILIZATION_LIMITディレクティブによって設定される。インスタンス・ケージングが使用可能な場合、この値はCPU_COUNT初期化パラメータを使用して導出される。

AVG_CPU_UTILIZATION

NUMBER

コンシューマ・グループによってコンシュームされるCPUの平均割合

IOPS

NUMBER

このPDBの直前1分間の1秒当たりのI/O操作

IOMBPS

NUMBER

このPDBの直前1分間の1秒当たりのI/OのMB数

IOPS_THROTTLE_EXEMPT

NUMBER

現在のPDBで、1秒当たりどのくらいのI/Oがスロットルから除外されたか。

たとえば、IOPS列の値が20 I/OでIOPS_THROTTLE_EXEMPT列の値が5 I/Oの場合、この1秒間で20 I/Oの中の5 I/Oがスロットルから除外。

I/Oスロットルは、MAX_IOPSデータベース初期化パラメータによって定義される。

IOMBPS_THROTTLE_EXEMPT

NUMBER

現在のPDBで、1秒当たりどのくらいのI/O実行(MB)がスロットルから除外されたか。

たとえば、IOMBPS列の値が200MBでIOMBPS_THROTTLE_EXEMPT列の値が50MBの場合、200MB中の50MBがスロットルから除外。

1秒当たりのI/O(MB)スロットルは、MAX_MBPSデータベース初期化パラメータによって定義される。

AVG_IO_THROTTLE

NUMBER

このPDBの直前1分間のI/O操作当たりの平均スロットル時間(ミリ秒)

AVG_ACTIVE_PARALLEL_STMTS

NUMBER

1分のメトリック期間中に実行されていたパラレル文の平均数

AVG_QUEUED_PARALLEL_STMTS

NUMBER

1分のメトリック期間中にキューに入れられたパラレル文の平均数

AVG_ACTIVE_PARALLEL_SERVERS

NUMBER

1分のメトリック期間中にパラレル文の一部としてアクティブに実行されていたパラレル・サーバーの平均数

AVG_QUEUED_PARALLEL_SERVERS

NUMBER

1分のメトリック期間中にキュー内のパラレル文によって要求されたパラレル・サーバーの平均数

PARALLEL_SERVERS_LIMIT

NUMBER

1分のメトリック期間中にこのコンシューマ・グループで使用できるパラレル・サーバーの数

SGA_BYTES

NUMBER

このPDBによるSGAの現在の使用状況(バイト)

BUFFER_CACHE_BYTES

NUMBER

このPDBによるバッファ・キャッシュの現在の使用状況(バイト)

SHARED_POOL_BYTES

NUMBER

このPDBによる共有プールの現在の使用状況(バイト)

PGA_BYTES

NUMBER

このPDBによるPGAの現在の使用状況(バイト)

PLAN_NAME

VARCHAR2(30)

リソース・マネージャのプラン名

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n:

    nは、データを含む行に適用されるコンテナID

注意:

このビューは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。

関連項目:

STATISTICS_LEVEL