プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

9.8 V$SERVICE_REGION_METRIC

V$SERVICE_REGION_METRICは、データベースで使用可能な各サービス・リージョンに対するワークロードの直近の30秒間隔で取得したメトリック値を示します。

データ型 説明

BEGIN_TIME

DATE

その間隔の開始時間

END_TIME

DATE

その間隔の終了時間

INTSIZE_CSEC

NUMBER

間隔の長さ(100分の1秒単位)

SERVICE_ID

NUMBER

サービス番号(内部)

SERVICE_NETWORK_NAME

VARCHAR2(512)

サービスのネットワーク名

REGION_NAME

VARCHAR2(30)

リージョン名

CALLSPERSEC

NUMBER

1秒当たりのサービスへのユーザーのコール数

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID

注意:

このビューは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。

関連項目: