プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-02
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

9.145 V$ZONEMAP_USAGE_STATS

V$ZONEMAP_USAGE_STATSは、ゾーン・マップ使用状況の統計を示します。

データ型 説明

ZONEMAP

VARCHAR2(257)

owner.name形式のゾーン・マップの名前

PRUNING_TYPE

VARCHAR2(11)

ゾーン・マップを使用して実行されたデータ・プルーニングのタイプ

EXECUTIONS

NUMBER

パラレル・スレーブ実行を含む実行数

BASE_COUNT

NUMBER

実行数を累積した基本カウント

PRUNED_COUNT

NUMBER

実行数を累積したプルーニング・カウント

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID

比率(PRUNED_COUNT / BASE_COUNT)は、ゾーン・マップによるデータ・プルーニングの割合を示しています。

注意:

このビューは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。