ヘッダーをスキップ
SQL*Plus®リリース・ノート
リリース12.2
E81322-02
 

 

SQL*Plus®

リリース・ノート

リリース12.2

E81322-02(原本部品番号:E54619-04)

2017年1月

このリリース・ノートについて

このドキュメントでは、要件、SQL*Plusとそのドキュメントに記述されている機能との違い、今回のリリースの新機能およびサポート情報について説明します。

内容は次のとおりです。

ドキュメントのアクセシビリティについて

オラクル社のアクセシビリティへの取組みの詳細は、Oracle Accessibility ProgramのWebサイトhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=docaccを参照してください。

Oracleサポートへのアクセス

Oracleカスタマは、My Oracle Supportから電子サポートにアクセスできます。詳細は、http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=infoまたはhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=trs (聴覚障害者向け)を参照してください。

動作保証

SQL*Plusは、オペレーティング・システム固有のOracle Databaseドキュメントに記載されているオペレーティング・システムで動作保証されています。

SQL*Plusは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2)およびサポート対象のすべてのOracle Serverで動作保証されています。

SQL*Plus 12.2製品版の新機能

SQL*Plusリリース12.2.0.1は、SQL*Plusリリース12.1のスーパーセットです。

この項では、今回のリリースのSQL*Plusで導入された新機能について説明します。一部の機能は、SQLPLUSCOMPATIBILITY設定によって影響を受ける場合があります。SQL*Plusユーザーズ・ガイドおよびリファレンスの第12章「SQL*Plusコマンド・リファレンス」の「SET SQLPLUSCOMPATIBILITYのマトリックス」を参照してください。

コマンド履歴のサポート

SQL*Plusではコマンド履歴がサポートされるようになりました。ユーザーはコマンド履歴機能により、現在のセッションの履歴リストから、以前使用したSQL*Plus、SQLまたはPL/SQLコマンドを実行、編集または削除できます。

長い識別子のサポート

SQL*Plusでは128バイトのオブジェクト長がサポートされるようになりました。以前のリリースでは、オブジェクト長制限は30バイトでした。

パフォーマンス向上のためのコマンド

SQL*Plusでは、特定のケースでパフォーマンスを向上させる新規コマンド(SET LOBPREF[ETCH]、SET ROWPREF[ETCH]およびSET STATEMENTC[ACHE])が用意されています。

ユーザーは新規コマンドにより、行およびLOBのプリフェッチ、ならびに文のキャッシングを制御できます。

新しい管理権限

SQLPLUSコマンドおよびCONNECTコマンドで、既存のSYSBACKUP |SYSDG |SYSKM |SYSASM |SYSDBA |SYSOPER権限に加えて、新たにSYSRACユーザー権限がサポートされるようになりました。

入力バインドのサポート

VARIABLEコマンドの使用による入力バインドのサポートです。VARIABLEコマンドでは、SQL文およびPL/SQL文で使用できる入力バインドがサポートされるようになりました。

CSV形式でのデータ抽出のサポート

CSV形式のデータのサポートです。SET MARKUPコマンドにより、CSV形式でのデータの表示がサポートされます。

問合せで返されたデータの抑制のサポート

データの表示を抑制するSET FEEDBACKオプションのサポートです。SET FEEDBACKコマンドの新規ONLYオプションは、問合せで返されたデータの表示を抑制します。選択され、問合せで返された行の数が表示されます。

アプリケーション・コンティニュイティのサポート

アプリケーション・コンティニュイティのサポート。SQL*Plusコマンドライン・オプション–ACは、セッション内のアプリケーション・コンティニュイティを有効にします。アプリケーション・コンティニュイティの詳細は、Oracle Call Interfaceプログラマーズ・ガイドを参照してください。

一般パフォーマンスの向上

SQL*Plusコマンドライン・オプション –F[ast]により、一般パフォーマンスが向上します。

旧リリースの新機能

この項では、以前のリリースのSQL*Plusで導入された新機能を示します。

SQL*Plus 12.1製品版の新機能

  • 暗黙的結果のサポート

  • 最終ログイン時間

  • 非表示列の表示

  • プラガブル・データベースのサポート

  • 新しい管理権限

SQL*Plus 11.2製品版の新機能

  • SET XMLOPTIMIZATIONCHECK

  • エディションのオプション

  • SET EXITCOMMIT

  • FAILOVERオプションは削除されました。Oracle RACデータベースのFANイベントがUNIX/Linux上で永続的に有効化されるようになりました。

既知の問題

バグ24602051 - アプリケーション・コンテナ・ルートに接続しているとき、STARTUP OPEN RESTRICTEDは構文エラーを返す必要がありします。かわりに、PDBが標準モードで開きます。

回避策: STARTUP OPEN RESTRICTまたはALTER PLUGGABLE DATABASE <pdb name> OPEN RESTRICTEDを使用します。

修正されたバグ

次の項では、SQL*Plusで修正されたバグについて説明します。問題の説明の後にあるカッコ内の番号は、Oracleバグ・データベース内のバグ番号です。

SQL*Plus 12.2製品版で修正されたバグ

  • SQL*Plusでは、Passwordコマンドの使用時に二重引用符(")を含むユーザー名が指定された場合に、ORA-1005エラーをスローしなくなりました(17613757)。

  • SQL*Plusでは、コマンドラインで指定されたオブジェクトの名前が46文字を超える場合に、パッケージ本体をコンパイルしてもエラーでクラッシュしなくなりました(18389912)。

  • 表の説明で長い列名がジャンク文字として表示されることがなくなりました(20453052)。

  • セッションのNLS_SORTパラメータの変更後にforceオプションを使用してビューを作成しても、クラッシュが発生しなくなりました(20592522)。

  • 内部修正(17830524、17847776、18925904、19655924、19674161、19953173、21609521)

SQL*Plusリリース12.1で修正されたバグ

  • SQL*PlusでWHENEVER SQLERROR EXIT句を含むsqlスクリプトが正常に実行されるようになりました(10375866)

  • SPERRORLOGで文全体が表示されるようになりました(9559937)

  • SQL*PlusコマンドがPRODUCT_USER_PROFILEで正常に表示されるようになりました(9298298)

  • セッションに障害が起きてもSHUTDOWN IMMEDIATEがハングしなくなりました(8299200)

  • INSERTで挿入したすべての行が正常に報告されるようになりました(7047565)

  • 内部修正(9587813、9575131、8832471、8670263、8244438、7629280、6862613)

SQL*Plusリリース11.2.0.2で修正されたバグ

  • SPERRORLOGで完全な文が正しく表示されるようになりました(9559937)

  • NLS環境でのSQL*Plusの予期しない終了が修正されました。(9575131)

  • SQL*PlusのWHENEVERコマンドを無効にできるようになりました。(9298298)

  • EDITのワイルドカードの動作がドキュメント化されました。(9046816)

  • SHUTDOWN IMMEDIATEがハングしなくなりました。(8299200)

  • 内部変更(9587831、9587716、9587244、9370232、9437352、9379339、9370460、9370232、9328006、9226453、9299444、9226453、7676775)

サポート

SQL*Plusのサポートについては、地域のOracleサポート・サービス・センターにご連絡ください。


SQL*Plus®リリース・ノート, リリース12.2

E81322-02

Copyright © 1996, 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

このソフトウェアおよび関連ドキュメントの使用と開示は、ライセンス契約の制約条件に従うものとし、知的財産に関する法律により保護されています。ライセンス契約で明示的に許諾されている場合もしくは法律によって認められている場合を除き、形式、手段に関係なく、いかなる部分も使用、複写、複製、翻訳、放送、修正、ライセンス供与、送信、配布、発表、実行、公開または表示することはできません。このソフトウェアのリバース・エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイルは互換性のために法律によって規定されている場合を除き、禁止されています。

ここに記載された情報は予告なしに変更される場合があります。また、誤りが無いことの保証はいたしかねます。誤りを見つけた場合は、オラクル社までご連絡ください。

このソフトウェアまたは関連ドキュメントを、米国政府機関もしくは米国政府機関に代わってこのソフトウェアまたは関連ドキュメントをライセンスされた者に提供する場合は、次の通知が適用されます。

U.S. GOVERNMENT END USERS: Oracle programs, including any operating system, integrated software, any programs installed on the hardware, and/or documentation, delivered to U.S. Government end users are "commercial computer software" pursuant to the applicable Federal Acquisition Regulation and agency-specific supplemental regulations.As such, use, duplication, disclosure, modification, and adaptation of the programs, including any operating system, integrated software, any programs installed on the hardware, and/or documentation, shall be subject to license terms and license restrictions applicable to the programs.No other rights are granted to the U.S. Government.

このソフトウェアまたはハードウェアは様々な情報管理アプリケーションでの一般的な使用のために開発されたものです。このソフトウェアまたはハードウェアは、危険が伴うアプリケーション(人的傷害を発生させる可能性があるアプリケーションを含む)への用途を目的として開発されていません。このソフトウェアまたはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用する際、このソフトウェアまたはハードウェアを安全に使用するために、適切な安全装置、バックアップ、冗長性(redundancy)、その他の対策を講じることは使用者の責任となります。このソフトウェアまたはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用したことに起因して損害が発生しても、オラクル社およびその関連会社は一切の責任を負いかねます。

OracleおよびJavaはOracle Corporationおよびその関連企業の登録商標です。その他の名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

Intel、Intel Xeonは、Intel Corporationの商標または登録商標です。すべてのSPARCの商標はライセンスをもとに使用し、SPARC International, Inc.の商標または登録商標です。AMD、Opteron、AMDロゴ、AMD Opteronロゴは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標または登録商標です。UNIXは、The Open Groupの登録商標です。

このソフトウェアまたはハードウェア、そしてドキュメントは、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセス、あるいはそれらに関する情報を提供することがあります。お客様との間に適切な契約が定められている場合を除いて、オラクル社およびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスに関して一切の責任を負わず、いかなる保証もいたしません。お客様との間に適切な契約が定められている場合を除いて、オラクル社およびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセスまたは使用によって損失、費用、あるいは損害が発生しても一切の責任を負いかねます。