Foundation 1.1.2

java.io
クラス FileNotFoundException

java.lang.Object
  上位を拡張 java.lang.Throwable
      上位を拡張 java.lang.Exception
          上位を拡張 java.io.IOException
              上位を拡張 java.io.FileNotFoundException
すべての実装されたインタフェース:
Serializable

public class FileNotFoundException
extends IOException

指定されたパス名で示されるファイルが開けなかったことを通知します。

この例外は、指定されたパス名のファイルが存在しないときに、FileInputStreamFileOutputStream、および RandomAccessFile コンストラクタによってスローされます (注: RandomAccessFile は J2ME Foundation Profile などの J2ME CDC プロファイルに入っている)。また、ファイルが存在しても、なんらかの理由でアクセスできない場合 (たとえば、読み取り専用のファイルを書き込みのために開こうとした場合) にもそれらのコンストラクタによってスローされます。

導入されたバージョン:
JDK1.0
関連項目:
直列化された形式

コンストラクタの概要
FileNotFoundException()
          エラー詳細メッセージとして null を設定して FileNotFoundException を構築します。
FileNotFoundException(String s)
          指定された詳細メッセージを持つ FileNotFoundException を構築します。
 
メソッドの概要
 
クラス java.lang.Throwable から継承されたメソッド
fillInStackTrace, getCause, getLocalizedMessage, getMessage, getStackTrace, initCause, printStackTrace, printStackTrace, printStackTrace, setStackTrace, toString
 
クラス java.lang.Object から継承されたメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

FileNotFoundException

public FileNotFoundException()
エラー詳細メッセージとして null を設定して FileNotFoundException を構築します。


FileNotFoundException

public FileNotFoundException(String s)
指定された詳細メッセージを持つ FileNotFoundException を構築します。文字列 s は、java.lang.Throwable クラスの Throwable.getMessage() メソッドを使ってあとで取得できます。

パラメータ:
s - 詳細メッセージ

Foundation 1.1.2

バグの報告と機能のリクエスト
さらに詳しい API リファレンスおよび開発者ドキュメントについては、Java SE 開発者用ドキュメントを参照してください。開発者向けの詳細な解説、概念の概要、用語の定義、バグの回避策、およびコード実例が含まれています。

Copyright 2006 Sun Microsystems, Inc. All rights reserved. Use is subject to license terms. Documentation Redistribution Policy も参照してください。