Foundation 1.1.2

java.security.cert
クラス Certificate

java.lang.Object
  上位を拡張 java.security.cert.Certificate
すべての実装されたインタフェース:
Serializable
直系の既知のサブクラス:
X509Certificate

public abstract class Certificate
extends Object
implements Serializable

さまざまな身元証明書を管理する abstract クラスです。身元証明書とは、ほかの主体によって保証された公開鍵に主体をバインドしたものです。(主体とは、個人ユーザ、グループ、企業などのエンティティーを表します。)

たとえば X.509 や PGP など各種の証明書でも、符号化や検証などの一般的な認証機能や、公開鍵などの情報は共有します。X.509、PGP、および SDSI の証明書には、それぞれ異なる種類の情報のセットが格納され、情報の格納と取り出しの方法が異なります。 

しかしこれらの証明書はすべて、Certificate クラスのサブクラス化によって実装できます。

関連項目:
X509Certificate, CertificateFactory, 直列化された形式

入れ子のクラスの概要
protected static class Certificate.CertificateRep
          直列化の代替 Certificate クラスです。
 
コンストラクタの概要
protected Certificate(String type)
          指定されたタイプの証明書を作成します。
 
メソッドの概要
 boolean equals(Object other)
          この証明書と、指定されたオブジェクトが等しいかどうかを判定します。
abstract  byte[] getEncoded()
          この証明書の符号化された形式を返します。
abstract  PublicKey getPublicKey()
          この証明書から公開鍵を取得します。
 String getType()
          この証明書のタイプを返します。
 int hashCode()
          符号化された形式からこの証明書のハッシュコード値を返します。
abstract  String toString()
          この証明書の文字列表現を返します。
abstract  void verify(PublicKey key)
          指定された公開鍵に対応する非公開鍵を使って、この証明書が署名されたことを検証します。
abstract  void verify(PublicKey key, String sigProvider)
          指定された公開鍵に対応する非公開鍵を使って、この証明書が署名されたことを検証します。
protected  Object writeReplace()
          直列化される証明書を置き換えます。
 
クラス java.lang.Object から継承されたメソッド
clone, finalize, getClass, notify, notifyAll, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

Certificate

protected Certificate(String type)
指定されたタイプの証明書を作成します。

パラメータ:
type - 証明書タイプの標準名。 標準の証明書タイプの詳細は、「Java 暗号化アーキテクチャー API 仕様 & リファレンス」の付録 A を参照
メソッドの詳細

getType

public final String getType()
この証明書のタイプを返します。

戻り値:
この証明書のタイプ

equals

public boolean equals(Object other)
この証明書と、指定されたオブジェクトが等しいかどうかを判定します。other オブジェクトが Certificate のインスタンスである場合は、符号化された形式が取り出され、この証明書の符号化された形式と比較されます。

オーバーライド:
クラス Object 内の equals
パラメータ:
other - この証明書と等しいかどうかが判定されるオブジェクト
戻り値:
2 つの CRL の符号化された形式が一致した場合は true、そうでない場合は false
関連項目:
Object.hashCode(), Hashtable

hashCode

public int hashCode()
符号化された形式からこの証明書のハッシュコード値を返します。

オーバーライド:
クラス Object 内の hashCode
戻り値:
ハッシュコード値
関連項目:
Object.equals(java.lang.Object), Hashtable

getEncoded

public abstract byte[] getEncoded()
                           throws CertificateEncodingException
この証明書の符号化された形式を返します。各証明書タイプは、1 つの符号化方式を使うことになっています。たとえば、X.509 証明書は、ASN.1 DER として符号化されます。

戻り値:
この証明書の符号化された形式
例外:
CertificateEncodingException - 符号化エラーが発生した場合

verify

public abstract void verify(PublicKey key)
                     throws CertificateException,
                            NoSuchAlgorithmException,
                            InvalidKeyException,
                            NoSuchProviderException,
                            SignatureException
指定された公開鍵に対応する非公開鍵を使って、この証明書が署名されたことを検証します。

パラメータ:
key - 検証に使う PublicKey
例外:
NoSuchAlgorithmException - サポートされていない署名アルゴリズムの場合
InvalidKeyException - 無効な鍵の場合
NoSuchProviderException - デフォルトのプロバイダがない場合
SignatureException - 署名エラーの場合
CertificateException - 符号化エラーの場合

verify

public abstract void verify(PublicKey key,
                            String sigProvider)
                     throws CertificateException,
                            NoSuchAlgorithmException,
                            InvalidKeyException,
                            NoSuchProviderException,
                            SignatureException
指定された公開鍵に対応する非公開鍵を使って、この証明書が署名されたことを検証します。このメソッドは、指定されたプロバイダによって提供される署名検証エンジンを使用します。

パラメータ:
key - 検証に使う PublicKey
sigProvider - 署名プロバイダの名前
例外:
NoSuchAlgorithmException - サポートされていない署名アルゴリズムの場合
InvalidKeyException - 無効な鍵の場合
NoSuchProviderException - 無効なプロバイダの場合
SignatureException - 署名エラーの場合
CertificateException - 符号化エラーの場合

toString

public abstract String toString()
この証明書の文字列表現を返します。

オーバーライド:
クラス Object 内の toString
戻り値:
この証明書の文字列表現

getPublicKey

public abstract PublicKey getPublicKey()
この証明書から公開鍵を取得します。

戻り値:
公開鍵

writeReplace

protected Object writeReplace()
                       throws ObjectStreamException
直列化される証明書を置き換えます。

戻り値:
直列化される代替証明書オブジェクト
例外:
ObjectStreamException - この Certificate を表す新しいオブジェクトを生成できなかった場合

Foundation 1.1.2

バグの報告と機能のリクエスト
さらに詳しい API リファレンスおよび開発者ドキュメントについては、Java SE 開発者用ドキュメントを参照してください。開発者向けの詳細な解説、概念の概要、用語の定義、バグの回避策、およびコード実例が含まれています。

Copyright 2006 Sun Microsystems, Inc. All rights reserved. Use is subject to license terms. Documentation Redistribution Policy も参照してください。