Foundation 1.1.2

java.security.cert
クラス CertificateExpiredException

java.lang.Object
  上位を拡張 java.lang.Throwable
      上位を拡張 java.lang.Exception
          上位を拡張 java.security.GeneralSecurityException
              上位を拡張 java.security.cert.CertificateException
                  上位を拡張 java.security.cert.CertificateExpiredException
すべての実装されたインタフェース:
Serializable

public class CertificateExpiredException
extends CertificateException

証明書の期限切れの例外です。この例外は、現在の Date または指定された Date が、証明書の有効期間に指定されている notAfter の日時以降の場合にスローされます。

関連項目:
直列化された形式

コンストラクタの概要
CertificateExpiredException()
          詳細メッセージを指定しないで CertificateExpiredException を構築します。
CertificateExpiredException(String message)
          指定された詳細メッセージを持つ CertificateExpiredException を構築します。
 
メソッドの概要
 
クラス java.lang.Throwable から継承されたメソッド
fillInStackTrace, getCause, getLocalizedMessage, getMessage, getStackTrace, initCause, printStackTrace, printStackTrace, printStackTrace, setStackTrace, toString
 
クラス java.lang.Object から継承されたメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

CertificateExpiredException

public CertificateExpiredException()
詳細メッセージを指定しないで CertificateExpiredException を構築します。詳細メッセージとは、この例外を記述する String です。


CertificateExpiredException

public CertificateExpiredException(String message)
指定された詳細メッセージを持つ CertificateExpiredException を構築します。詳細メッセージとは、この例外を記述する String です。

パラメータ:
message - 詳細メッセージ

Foundation 1.1.2

バグの報告と機能のリクエスト
さらに詳しい API リファレンスおよび開発者ドキュメントについては、Java SE 開発者用ドキュメントを参照してください。開発者向けの詳細な解説、概念の概要、用語の定義、バグの回避策、およびコード実例が含まれています。

Copyright 2006 Sun Microsystems, Inc. All rights reserved. Use is subject to license terms. Documentation Redistribution Policy も参照してください。