プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリリース・ノート
11gリリース2 (11.2) for Linux
B56294-17
 

 

Oracle® Database

リリース・ノート

11gリリース2(11.2) for Linux

B56294-17(原本部品番号:E23558-20)

2018年8月

このリリース・ノートには、今回のリリースのプラットフォーム固有または製品固有のマニュアルに記載されていない情報が含まれています。このドキュメントは、『Oracle Databaseプラットフォーム共通日本語README』の補足です。

このドキュメントは、リリース後に更新される場合があります。次のURLで、このドキュメントに更新があるかどうかをチェックし、その他のOracleドキュメントを参照することができます。

http://docs.oracle.com/en/database/database.html

このリリース・ノートは、次の項目で構成されています。

Linux x86-64上のOracle Database用のUnbreakable Enterprise Kernel (UEK)およびRed Hat互換カーネル(RHCK)に関する最新の動作要件については、次のURLでMy Oracle Supportノート1304727.2を参照してください。

https://support.oracle.com/rs?type=doc&id=1304727.2

1 動作要件

Oracle Database 11gリリース2(11.2)に関する最新の動作要件については、次のURLでMy Oracle Support(以前のOracleMetaLink)を参照してください。

https://support.oracle.com

Linux x86-64上のOracle Database用のUnbreakable Enterprise Kernel (UEK)およびRed Hat互換カーネル(RHCK)に関する最新の動作要件については、次のURLでMy Oracle Supportノート1304727.2を参照してください。

https://support.oracle.com/rs?type=doc&id=1304727.2

Unbreakable Enterprise Kernelのサポート

Oracle Database 11gリリース2 (11.2.0.3)以降は、Unbreakable Enterprise Kernelがサポートされます。Oracle ACFSおよびOracle ADVMは、11.2.0.2より前のリリースでは、Unbreakable Enterprise Kernelでサポートされません。

Oracle Linux 6およびRed Hat Enterprise Linux 6のサポート

Oracle Database 11gリリース2 (11.2.0.3)以降、Oracle Linux 6およびRed Hat Enterprise Linux 6はLinux x86およびLinux x86-64でサポートされます。

LinuxでのAsianux 4のサポート

Oracle Database 11gリリース2 (11.2.0.3)以降、Asianux 4はLinux x86およびLinux x86-64でサポートされます。

Linux x86-64でのOracle Linux 7およびRed Hat Enterprise Linux 7のサポート

Oracle Database 11gリリース2 (11.2.0.4)以降、Oracle Linux 7およびRed Hat Enterprise Linux 7はLinux x86-64でサポートされます。

IBM: Linux on System zでのRed Hat Enterprise Linux 7のサポート

Oracle Database 11gリリース2 (11.2.0.4)以降、Red Hat Enterprise Linux 7は、IBM: Linux on System zでサポートされます。

SUSE Linux Enterprise Server 12。

Oracle Database 11gリリース2 (11.2.0.4)以降、SUSE Linux Enterprise Server 12はLinux x86-64システムで動作保証されます。SUSE 12のサポートには、パッチ18370031が必要です。ACFSおよびADVMはサポートされません。

対話型Oracle Grid Infrastructureインストールの場合、いずれのノードでも、root.shを実行する前に、Oracle Universal Installerを起動してパッチ18370031を適用します。パッチのREADMEにある、ソフトウェアのみのGIホーム・インストールまたはGIホーム構成前のパッチ摘要に関する項を参照してください。

ソフトウェアのみのインストールの場合、インストール後、構成が行われる前にパッチを適用します。

NeoKylin Linux Advanced Server 7

Oracle Database 11gリリース2 (11.2.0.4)以降、NeoKylin Linux Advanced Server 7はLinux x86-64システムで動作保証されます。

2 最新のアップグレード情報

アップグレード前後の処理、互換性、相互運用性に関する最新の更新とベスト・プラクティスについては、次のMy Oracle Supportのノート785351.1を参照してください。これは「Oracle 11gR2 Upgrade Companion」ページにリンクしています。

https://support.oracle.com

3 サポート対象外の製品

『Oracle Databaseプラットフォーム共通日本語README』のこのリリースで使用できない機能または制限されている機能に関する項に、使用できない機能および製品のリストがあります。

データベース・スマート・フラッシュ・キャッシュのサポート

Database Smart Flash CacheはOracle SolarisおよびOracle Linuxのみでサポートされています。Oracle Linux上のリリース11.2.0.1の場合、8974084パッチをインストールする必要があります。

Oracle Automatic Storage Managementクラスタ・ファイル・システムおよびOracle Automatic Storage Management動的ボリューム・マネージャがサポートされるプラットフォームおよびリリースの最新情報は、My Oracle Supportのノート1369107.1を参照してください。

https://support.oracle.com/CSP/main/article?cmd=show&type=NOT&id=1369107.1

Oracle ADVMは、Oracle Automatic Storage Managementディスク・グループのRAWディスクをサポートしていますが、RAW(8)で作成されたOracle ADVMデバイス特殊ファイルはサポートされません。Oracle ADVMは、ブロック・デバイス特殊ファイルのみをサポートしています。

Oracleクライアント・ライブラリによるアプリケーションのリンク

クライアントの静的ライブラリの使用はサポートされていません。

4 Oracle Database 11gリリース2(11.2.0.1)に固有の情報

次の内容は、リリース11.2.0.1に固有の情報です。

4.1 リリース11.2.0.1のインストールの事前要件

インストールの事前要件は、インストレーション・ガイドを参照してください。インストールのその他の事前要件には、次のものが含まれます。

4.1.1 スワップ領域のエラー・メッセージ

スワップ領域のサイズが不十分であることを示すOracle Universal Installerエラーが発生したが、実際のスワップ領域はOracle Databaseのインストレーション・ガイドに記載された要件を満たしているという場合、このエラーは無視できます。

この問題は、Oracle Bug#7700929によって追跡されます。

4.1.2 Linux x86上のSUSE Linux Enterprise Server 11のODBCサポート

SUSE 11でODBCを使用するには、Linux x86に次の32ビットODBC RPMをインストールする必要があります。

unixODBC-32bit-2.2.12 (32-bit) or later
unixODBC-devel-32bit-2.2.12 (32-bit) or later

4.1.3 Linux x86-64上のSUSE Linux Enterprise Server 11のODBCサポート

SUSE 11でODBCを使用するには、Linux x86-64に次の32ビットODBC RPMをインストールする必要があります。

unixODBC-2.2.12 or later
unixODBC-devel-2.2.12 or later
unixODBC-32bit-2.2.12 (32-bit) or later 

4.1.4 Oracle VMにクラスタ用Oracle Grid Infrastructureをインストールする前のgrub.confのバックアップ

クラスタ用Oracle Grid Infrastructureのインストール中、rootcrs.plがOracle ACFSをXenまたはOracle VMカーネルが稼働している権限のないドメインにインストールする際に、ベースのLinuxドライバ・インストール・ルーチンによりgrub.confが誤ったバージョンで上書きされる場合があります。次のエラー・メッセージが表示された場合は、Oracleサポートに連絡してください。

# xm create vm.cfg
Using config file "./vm.cfg".
Error: Boot loader didn't return any data!

回避策:

このエラーを回避するには、次の手順に従って/boot/grub/grub.confをバックアップにコピーしてから、Oracle ACFSのインストール後にリストアします。

  1. domUのXenカーネルをチェックします。

    # uname -r
    
  2. grub.confbackupにコピーします。

    # cp -a /boot/grub/grub.conf /boot/grub/grub.conf.bak
    
  3. rootスクリプトを使用してOracle ACFSをインストールします。

    # rootcrs.pl
    
  4. 元のgrub.confをリストアします。

    cp -a /boot/grub/grub.conf.bak /boot/grub/grub.conf
    

この問題は、Oracle Bug#9268593によって追跡されます。

4.2 リリース11.2.0.1のインストール、構成およびアップグレードに関する注意事項

Oracle Databaseのインストール、構成およびアップグレードに関連する注意事項の詳細は、次の項を参照してください。

4.2.1 接続ロード・バランシングの問題

1つのOracle Database Clientは、特定のOracle Single Client Access Name (SCAN)リスナーのみをリクエストして、SCANおよび簡単な接続方法を使用してデータベースに接続できます。そのため、DNSラウンドロビンによるロード・バランシングは使用できません。

回避策:

次の構成を使用して、tnsnames.oraファイルでLOAD_BALANCE=onを指定してデータベースに接続します。

ORCL =
  (DESCRIPTION =
    (LOAD_BALANCE=on)
    (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = stscan1)(PORT = 1521))
    (CONNECT_DATA =
     (SERVER = DEDICATED)
      (SERVICE_NAME = srv.world)
     )
  )
    

この問題は、Oracle Bug#8256753によって追跡されます。

4.2.2 リリース10.1.0.5から11.2へのアップグレード時のOracle Real Application Clustersアップグレード・エラー

Linux x86-64でのOracle Databaseリリース10.1.0.5からのアップグレードの際、Database Upgrade Assistantで次のエラーが発生する可能性があります。

行1でエラーが発生しました:

  • ORA-00604: 再帰SQLレベル3でエラーが発生しました。

  • ORA-00060: リソース待機の間にデッドロックが検出されました。

回避策: エラーを回避するため、次の手順を実行してからアップグレードを行います。

  1. リリース11.2アップグレードを開始する前に、SQL*Plusで次のコマンドを使用してdba_recyclebinをパージします。

    SQL> purge dba_recyclebin;
    
  2. 次のコマンドを使用して、ごみ箱を無効にします。

    ALTER SYSTEM set "_recyclebin"=FALSE;
    
  3. アップグレードを実行します。

  4. リリース11.2のアップグレード後、次のコマンドを使用してごみ箱を有効にします。

    ALTER SESSION SET recyclebin=ON;
    

この問題は、Oracle Bug#8475185によって追跡されます。

4.2.3 グリッド・ネーミング・サービス(GNS)、OCR、およびOracle ASMに格納された投票ディスクを使用したOracle Grid Infrastructureのインストール時のエラー

GNSおよびOracle ASMのOCRと投票ディスクを使用してOracle Database 11gリリース2のOracle Grid InfrastructureをLinux x86-64にインストールすると、root.shが次のエラーで失敗することがあります。

PROT-1: Failed to initialize ocrconfig

失敗するコマンドはocrconfig -upgrade user groupで、sqlnetログ・ファイルにTNS-12560が出力されることがあります。

回避策:

OCRで使用されるグループの/etc/groupエントリを確認し、このグループに対してリストされているユーザーの数を一時的に減らしてインストールを再開します。

この問題は、Oracle Bug#8979500によって追跡されます。

4.2.4 Oracleクラスタウェアのアップグレード時のクラスタ検証ユーティリティの問題

以前のリリースのOracleクラスタウェアをOracle Grid Infrastructure 11gリリース2(11.2.0.1.0)にアップグレードする際、Oracle Cluster Registryおよび投票ディスクで構成されているRAWデバイスの権限および所有権が正しくないと、クラスタ検証ユーティリティ(CVU)が失敗する可能性があります。

回避策:

インストール・ログ・ファイルでCVU出力を確認し、RAWデバイスの権限と所有権を修正します。その後、「再試行」をクリックして、再度CVUを実行します。

この問題は、Oracle Bug#8737732によって追跡されます。

4.2.5 Oracle VMでのRPMエラー

Oracle VMを使用して構成されているLinux環境にOracle Databaseをインストールする場合、Oracle Universal Installerでパッケージ・チェックの失敗が示され、RPMコマンドで次のエラーが返される場合があります。

# rpm
Floating point exception

回避策:

RPMパッケージを4.4.2.3以上にアップグレードします。

この問題は、Oracle Bug#8626425によって追跡されます。

4.2.6 C++ XDKデモおよびPro*C++ Staticデモのリンク・エラー

C++ XDKデモおよびPro*C++ Staticデモの-lstdc++ライブラリとのリンクが失敗し、Linux x86-64のSUSE Linux Enterprise Server 10、SUSE Linux Enterprise Server 11およびRed Hat Enterprise Linux 5で次のエラーが発生します。

/usr/lib64/gcc/x86_64-suse-linux/4.1.0/../../../..
/x86_64-suse-linux/bin/ld: cannot find -lstdc++_nonshared

回避策:

オペレーティング・システム・ベンダーに問い合せてください。

この問題は、Oracle Bug#8396301によって追跡されます。

4.2.7 SUSE Linux Enterprise Server 11へのOracle RACのインストール・エラー

SUSE Linux Enterprise Server 11へのOracle RACのインストールを実行中、次のエラーが発生します。

Error securing Database Control, Database Control has not been brought up on nodes
remote_node(s). Please execute the following command(s) on nodes: remote_node(s).

1) Set the environment variable ORACLE_UNQNAME to Database unique name 
2) /u01/app/aime/product/11.2.0/racdb/bin/emctl config emkey -repos-sysman_pwd Password_for_SYSMAN_user -host node
-sid Database_unique_name
3) /u01/app/aime/product/11.2.0/racdb/bin/emctl secure dbconsole -sysman_pwd Password_for_SYSMAN_user -host node
-sid Database_unique_name 
4) /u01/app/aime/product/11.2.0/racdb/bin/emctl start dbconsole

To secure Em Key, run /u01/app/aime/product/11.2.0/racdb/bin/emctl configemkey -remove_from_repos -sysman_pwd
Password_for_SYSMAN_user

回避策:

エラー・メッセージに示された手順に従ってください。

この問題は、Oracle Bug#8680497によって追跡されます。

4.2.8 Oracle Linux 5.0 Update 3へのOracle RACのインストール時のエラー

Oracle Linux 5 Update 3へのOracle RACのインストール時、「前提条件チェックの実行」画面にノード接続の失敗がレポートされます。

回避策:

「すべて無視」を選択してこのエラーを無視し、インストールを続行します。

この問題は、Oracle Bug#8753154によって追跡されます。

4.2.9 SUSE Linux Enterprise Server 10へのスタンドアロン・サーバー用Oracle Grid Infrastructureのインストール・エラー

SUSE Linux Enterprise Server 10へのスタンドアロン・サーバー用Oracle Grid Infrastructureのインストールの際、root.shスクリプトで次のエラーが表示されます。

/bin/env: Command not found

回避策:

このエラーを無視してインストールを続行します。

この問題は、Oracle Bug#8732857によって追跡されます。

4.2.10 Linux x86-64でのOracle Databaseの再アップグレードの問題

Oracle Databaseを最初にリリース11.2にアップグレードした後でリリース10.2にダウングレードし、その後で再度リリース10.2からリリース11.2にアップグレードすると、Database Configuration Assistantによるアップグレード・プロセスが80%で停止します。手動アップグレードの場合、c1101000.sqlアップグレード・スクリプトの実行時にスプール・ログで停止を確認できる場合があります。

この問題は、Oracle Bug#8742500によって追跡されます。

4.3 リリース11.2.0.1のその他の既知の問題

次の各項には、Oracle Database 11gおよび関連製品に関する問題についての情報が含まれています。

4.3.1 Oracle Linux 5.xおよびRed Hat Enterprise Linux 5.x上のSELinuxがEnforcingのときの共有ライブラリのロード・エラー

Oracle Linux 5.xおよびRed Hat Enterprise Linux 5.x上のSELinuxEnforcingモードのときに、SQL*PlusおよびOracle Call Interface(OCI)のプログラム・コールが失敗します。

回避策: 該当するシステム上では、SELinuxPermissive モードにします。

この問題は、Oracle Bug#9817031によって追跡されます。

4.3.2 メモリー・ターゲットの不足エラー

Linuxシステムで、オペレーティング・システムの/dev/shmマウント・サイズが、Oracleのシステム・グローバル領域(SGA)およびプログラム・グローバル領域(PGA)に対して小さすぎる場合、次のエラーが発生します。

ORA-00845: MEMORY_TARGET not supported on this system. 

このエラーは、/dev/shmへの割当てが不足しているために発生します。初期化パラメータMEMORY_TARGETまたはMEMORY_MAX_TARGETを設定するSGAとPGAの合計メモリー・サイズは、オペレーティング・システムの共有メモリー・ファイル・システム(/dev/shm)のサイズより大きくできません。

バックグラウンド情報

自動メモリー管理(AMM)は、Oracle ASM 11gリリース2で更新されています。SGAとPGAの両方が管理されます。この管理はメモリー・マネージャ・プロセス(MMAN)によって行われます。このリリースでは、AMMに次の変更が行われています。

  • SGA_TARGETではなくMEMORY_TARGETが使用されます。

  • SGA_MAX_SIZEではなくMEMORY_MAX_TARGETが使用されます(デフォルトはMEMORY_TARGET)。

  • /dev/shmで割り当てられるメモリーが使用されます。

max_target/dev/shmの割当てサイズより大きい値を設定した場合、「ORA-00845: MEMORY_TARGETはこのシステムではサポートされていません」のエラーが発生する可能性があります。


注意:

ORA-00845エラーは、/dev/shmが適切にマウントされていない場合にも発生することがあります。この可能性を除外するため、/dev/shmが確実にマウントされるように、df -kコマンドを実行します。次に例を示します。
$ df -k 
 
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on 
shmfs 6291456 832356 5459100 14% /dev/shm

解決方法

/dev/shmマウントポイントのサイズを大きくします。

次に例を示します。

# mount -t tmpfs shmfs -o size=7g /dev/shm

システムを再起動してもこの変更が保持されるようにするには、/etc/fstabに次のようなエントリを追加します。

shmfs /dev/shm tmpfs size=7g 0

4.3.3 スペイン語およびフランス語のヘルプ・ファイルの翻訳の問題

スペイン語またはフランス語を選択すると、Oracle Universal Installerによって翻訳済のヘルプ・ファイルがOracleホーム・ディレクトリにコピーされません。

回避策:

スペイン語に翻訳されたヘルプ・ファイルを取得するには、「製品言語の選択」ページで「スペイン語(南米)」と「スペイン語」の両方を選択し、フランス語に翻訳されたヘルプ・ファイルを取得するには「フランス語(カナダ)」と「フランス語」の両方を選択します。

この問題は、Oracle Bug#9147106によって追跡されます。

4.3.4 Oracle Management Serviceからの間違ったリバースpingコマンド

間違ったリバースpingコマンドがOracle Management ServiceからOracle Enterprise Manager Database Controlに指定されます。emoms.propertiesファイルの内容は次のとおりです。

emdrep.ping.pingCommand=/usr/sbin/ping6 hostname

回避策:

emoms.propertiesファイルのプロパティを次のように変更します。

emdrep.ping.pingCommand=/bin/ping -c 3 -w 30 hostname

注意:

IPv6を使用するすべてのコンピュータで、pingコマンドのかわりにping6コマンド(または同等のIPv6コマンド)を指定する必要があります。

この問題は、Oracle Bug#9211800によって追跡されます。

5 Oracle Database 11gリリース2(11.2.0.2)に固有の情報

次の内容は、リリース11.2.0.2に固有の情報です。

5.1 リリース11.2.0.2のインストールの事前要件

インストールの事前要件は、インストレーション・ガイドを参照してください。インストールのその他の事前要件には、次のものが含まれます。

5.1.1 Oracle Unbreakable Enterprise Kernel for Linux

Oracleでは、Oracle Linux 5 Update 5またはRed Hat Enterprise Linux 5 Update 5のために次の2つのLinux x86-64カーネルを提供しています。

  • Oracleのソフトウェアおよびハードウェアの実行に最適化されたUnbreakable Enterprise Kernel

  • Red Hatとの高い互換性を備えたRed Hat互換カーネル


関連項目:

『Oracle Databaseインストレーション・ガイド for Linux』のOracle Unbreakable Enterprise Kernel for Linuxに関する項

5.1.2 複数のプライベート相互接続とOracle Linux

戻り経路フィルタのバグ修正のために、カーネル2.6.31以上を実行するOracle RACおよびOracle Exadataシステムでは、rp_filterパラメータの特定の設定が必要です。プライベート相互接続で複数のNICを使用しているとき、rp_filterパラメータが設定されていないと相互接続パケットはブロックまたは破棄されます。

プライベート・インターコネクトの場合は、rp_filterの値を0(フィルタなし)または2(緩いフィルタ)に設定します。プライベート・インターコネクトで接続の問題が発生する可能性があるため、プライベート・インターコネクトNICを1(厳密なフィルタ)に設定しないでください。たとえば、eth1およびeth2がプライベート・インターコネクトNICで、eth0がパブリック・ネットワークNICの場合、/etc/sysctl.confで次のエントリを使用して、プライベート・アドレスのrp_filter2(緩いフィルタ)に設定し、パブリック・アドレスを1(厳密なフィルタ)に設定します。

net.ipv4.conf.eth2.rp_filter = 2
net.ipv4.conf.eth1.rp_filter = 2
net.ipv4.conf.eth0.rp_filter = 1

Oracle Linux 5.6(Enterprise Linux 5 Update 6)にはinitscripts-8.45.33-1.0.4.el5.i386.rpmを使用した修正が含まれ、これによって、カーネル・パラメータnet.ipv4.conf.default.rp_filter2(解放モード)に設定されます。Unbreakable Linux KernelをOracle Linux 5.6の最上位に適用すると、すべてのNICのrp_filter値が2に設定されているため、手動での変更が不要になる場合があります。パブリック・ネットワークで厳密な戻り経路フィルタが必要な場合は、パブリックNICのrp_filter1に設定します。


関連項目:

複数のプライベート相互接続とLinux Kernel 2.6.32+でのrp_filterの詳細は、次のMy Oracle Supportのノート1286796.1を参照してください
https://support.oracle.com

5.2 リリース11.2.0.2のインストール、構成およびアップグレードに関する注意事項

Oracle Databaseのインストール、構成およびアップグレードに関連する注意事項の詳細は、次の項を参照してください。

5.2.1 JDBC接続タイムアウト・エラー

一部のサーバーでは、/tmpへのアクセス試行時のJVMエラー、および/dev/randomデバイスの読取り時のJVMエラーにより、アプリケーションでJDBC接続タイムアウトが発生する場合があります。このエラーの原因は、ハードウェアまたはオペレーティング・システムの問題に関連して複数考えられます。

回避策:

Oracleサポート・エンジニアに詳細を問い合せてください。

この問題は、Oracle Bug#6485149によって追跡されます。

5.2.2 SUSE 10へのOracle Grid Infrastructureのインストール中にOracle Universal Installerが停止する

SUSE Enterprise Linux 10オペレーティング・システムの問題のため、クラスタ用Oracle Grid Infrastructureのインストール中に、Oracle Universal Installerが5から8分間、間欠的に停止する場合があります。

回避策:

なし。停止が解決するのを待って、インストールを続行します。

この問題は、Oracle Bug#9949520によって追跡されます。

5.2.3 Oracle9i Real Application Clustersのアップグレードの問題

Database Upgrade Assistantを使用して、Oracle9i Real Application ClustersデータベースをOracle Database 11gリリース2にアップグレードする際、Oracle Grid Infrastructureホームが共有の場所でなく、Oracle Grid Infrastructure構成ウィザードを使用して構成されている場合、アップグレードが失敗します。

回避策:

  1. root権限を持つユーザーとして、次のコマンドを使用してlibcmdll.soおよびlibwddapi.soファイルをリモート・ノードにコピーします。

    scp grid_user@node1:/etc/ORCLcluster/oracm/lib/libcmdll.so
     /etc/ORCLcluster/oracm/lib
    scp grid_user@node1:etc/ORCLcluster/oracm/lib/libwddapi.so
     /etc/ORCLcluster/oracm/lib
    

    求められたら、grid_userパスワードを入力します。

  2. Database Upgrade Assistantを使用して、Oracle RACをアップグレードします。

この問題は、Oracle Bug#10029705によって追跡されます。

5.2.4 Oracleクラスタウェアのアップグレード後にイベントが発行されない

Oracleクラスタウェアまたはクラスタ用Oracle Grid Infrastructureを、ローリング・アップグレードを使用して11gリリース2(11.2.0.2)にアップグレードした場合、Oracleクラスタウェアでは、アップグレードしたクラスタに対して高速アプリケーション通知(FAN)イベントおよびOracle Enterprise Managerクラスタ管理イベントが発行されない場合があります。

回避策:

crsctl stop crsおよびcrsctl start crsコマンドを各クラスタ・メンバー・ノードで順に実行して、Oracleクラスタウェア・ソフトウェアのローリング再起動を実行します。

この問題は、Oracle Bug#10015238によって追跡されます。

5.2.5 事前ダウンロード済のソフトウェア更新のインストール

ソフトウェア更新は、デフォルトで/tmpディレクトリにダウンロードされます。このディレクトリは、インストール終了時に削除されます。同じインストール・セッションの間にソフトウェア更新をダウンロードしてインストールしないと、ソフトウェア更新は使用できません。

回避策:

ソフトウェア更新のダウンロード画面で、ソフトウェア更新の新しいダウンロード場所を指定します。

この問題は、Oracle Bug#9975999によって追跡されます。

5.2.6 Red Hat Enterprise Linux 5の韓国語ロケールでのインストール時に四角いボックスが表示される

韓国語ロケール(ko_KR.utf8またはko_KR.euckr)でのインストール時、Oracle Universal Installerの画面上の文字が四角いボックスとして表示されます。

回避策:

次のシンボリック・リンクを作成します。

# cd /usr/share/fonts
# ln -s korean ko

この問題は、Oracle Bug#9746773によって追跡されます。

5.2.7 Oracle Grid Infrastructureパッチ・セットの更新が必要

Linux x86およびLinux x86_64でOracle Grid Infrastructureリリース11.2.0.1のアップグレードの準備として、バグ9413827のパッチを適用した場合、Oracle Grid Infrastructureリリース11.2.0.2のrootupgrade.shスクリプトによって次のエラーが表示されます。

The fixes for bug 9413827 and 9706490 are not present in the 11.2.0.1 crs home.
Apply the patches for these bugs in the 11.2.0.1 crs home and then run 
rootupgrade.sh

回避策

パッチ9655006を11.2.0.1 Gridホームに適用してから11.2.0.2にアップグレードします。

この問題は、Oracle Bug#10036834によって追跡されます。

5.2.8 Oracle Database Vault Administratorのログインの問題

Oracle Database Vault Administratorへのログインを試行しているときに、次のエラーを受け取ることがあります。

java.security.NoSuchProviderException: no such provider: SUN 

回避策:

次のいずれかの回避策を使用して、Database Vaultのポリシーを構成します。

  • 11.2.0.1 Oracle Database Vault Administratorを使用して任意のプラットフォームから11.2.0.2 Linux Database Vault対応データベースに接続します。

  • Database Vault管理パッケージを使用します。

この問題は、Oracle Bug#10188865によって追跡されます。

5.3 リリース11.2.0.2のその他の既知の問題

次の項には、Oracle Database 11gおよび関連製品に関する問題についての情報が含まれています。

5.3.1 物理メモリーに関連するOracle Notification Serviceの問題

32GBの物理メモリーを持つLinux x86-64システムで、Oracle Notification Serviceサーバーの障害が発生する場合があります。Oracle Notification Serviceサーバーはただちに再起動し、管理者が行う作業はありません。

この問題は、Oracle Bug#9203989によって追跡されます。

5.3.2 IBM: Linux on System ZでSQL Developerが起動できない

SQL Developerが起動に失敗することがあります。次のエラー・メッセージが表示されます。

Type the full pathname of a J2SE installation (or Ctrl-C to quit), the path
will be stored in ~/.sqldeveloper/jdk

回避策:

Oracle Technology Network(OTN)のWeb サイトから最新バージョンのSQL Developerをダウンロードし、該当のJREに対応するSQL Developerを起動します。

http://www.oracle.com/technetwork/developer-tools/sql-developer/overview/index.html

この問題は、Oracle Bug#10339897によって追跡されます。

5.3.3 IBM: Linux on System Zで必要なOracle Warehouse Builderパッチ

Oracle Warehouse Builderのインストールを計画している場合は、Oracle Databaseのインストール後、Oracle Warehouse Builderリポジトリを作成する前に、次の手順を完了しておく必要があります。

  1. 次のMy Oracle Support Webサイトから、パッチ12326108をダウンロードします。

  2. ディレクトリ(/tmp/12326108など)に内容を解凍します。

  3. ORACLE_HOME環境変数が11.2.0.2 Databaseのホームに設定されていることを確認します。

  4. Opatchユーティリティを実行し、Oracle Warehouse Builderのインストールに進みます。

    cd /tmp/12326108
    opatch apply
    
  5. $ORACLE_HOME/owb/patches/bug12326108に移動します。

  6. fix_bug12326108.shスクリプトを実行します。

  7. 次のファイルを編集します。

    OMBPlus.sh

    s390エントリの下の行15で、次の行を追加します。

    s390x) OPTS="-Xdisableexplicitgc";;
    

    -d64エントリを次の行に追加します。

    $JAVAPATH/bin/java $JAVA64FLAG -Xms64M -Xmx768M...
    

    reposinst.sh

    -d64エントリを次の行に追加します。

    $JAVAPATH/bin/java $JAVA64FLAG -Xms128m -Xmx1024m...
    

    run_service.sh.orig

    -d64エントリを次の行に追加します。

    $JAVAPATH/bin/java $JAVA64FLAG -Xmx768M...
    

    setowbenv.sh

    $ORACLE_HOME/libclsspath行に追加します。

    CLASSPATH_LAUNCHER="-classpath ../admin:../admin/launcher.jar:$ORACLE_HOME/lib:$CLASSPATH:...
    
  8. ファイルを編集すると、Oracle Warehouse Builderをインストールできます。

この問題は、Oracle Bug#11772716および#11934843によって追跡されます。

6 Oracle Database 11gリリース2(11.2.0.3)に固有の情報

次の内容は、リリース11.2.0.3に固有の情報です。

6.1 リリース11.2.0.3のインストールの事前要件

インストールの事前要件は、インストレーション・ガイドを参照してください。

6.2 リリース11.2.0.3のインストール、構成およびアップグレードに関する注意事項

Oracle Databaseのインストール、構成およびアップグレードに関連する注意事項の詳細は、次の項を参照してください。

6.2.1 Red Hat Enterprise Linux 5の韓国語ロケールでのインストール時に四角いボックスが表示される

韓国語ロケール(ko_KR.utf8またはko_KR.euckr)でのインストール時、Oracle Universal Installerの画面上の文字が四角いボックスとして表示されます。

回避策:

次のシンボリック・リンクを作成します。

# cd /usr/share/fonts
# ln -s korean ko

この問題は、Oracle Bug#9746773によって追跡されます。

6.2.2 JDBC接続タイムアウト・エラー

一部のサーバーでは、/tmpへのアクセス試行時のJVMエラー、および/dev/randomデバイスの読取り時のJVMエラーにより、アプリケーションでJDBC接続タイムアウトが発生する場合があります。このエラーの原因は、ハードウェアまたはオペレーティング・システムの問題に関連して複数考えられます。

回避策:

Oracleサポート・エンジニアに詳細を問い合せてください。

この問題は、Oracle Bug#6485149によって追跡されます。

6.2.3 共有ホームのアップグレード完了後のオフライン・サービス

Oracle Clusterwareの共有ホームを以前のリリースからOracle Clusterwareリリース11.2.0.3にアップグレードすると、オフライン・サービスのエラーが発生する場合があります。

回避策:

Grid_home/binディレクトリからコマンドcrsctl start resを使用して、オフライン・サービス・リソースを起動します。たとえば、オフラインのサービス・リソースがora.orcldb.srv2.orcldb4.srvの場合は、次のコマンドを入力します。

# cd /u01/app/grid/11203/bin
# ./crsctl start res ora.orcldb.srv2.orcldb4.srv

この問題は、Oracle Bug#12844130によって追跡されます。

6.3 リリース11.2.0.3のその他の既知の問題

次の項には、Oracle Database 11gおよび関連製品に関する問題についての情報が含まれています。

6.3.1 Oracle Linux 6およびRed Hat Enterprise Linux 6でのJavaベース・ツールの問題

Oracle Linux 6 (32-bitと64-bit)およびRed Hat Enterprise Linux 6上で、Oracle Universal Installer、Oracle Database Configuration Assistant、Oracle Enterprise Manager Configuration AssistantなどのJavaベース・ツールで英語以外のマルチバイト・キャラクタ言語のメッセージを表示できません。たとえば、日本語、中国語、韓国語などの言語をOracle Linux 6 (32-bitと64-bit)およびRed Hat Enterprise Linux 6上のJavaベース・ツールで表示できません。

回避策:

パッチ12991286をMy Oracle Support Webサイトからダウンロードし、READMEファイルの指示に従います。

この問題は、Oracle Bug#12991286によって追跡されます。

6.3.2 Red Hat Enterprise Linux 5 Update 6で非同期I/Oの実行中に発生する問題

カーネル・バージョン2.6.18-238以降のRed Hat Enterprise Linux 5 Update 6以降を使用している場合は、Red Hatのカーネル・バグにより、Oracle Cluster File System 2とのI/Oが停止する場合があります。この問題は、Oracle Linuxカーネルでは発生しません。

回避策:

修正については、Red Hatにお問い合せください。

この問題は、Oracle Bug#12725273によって追跡されます。

6.3.3 IBM: Linux on System Zで必要なOracle Warehouse Builderパッチ

Oracle Warehouse Builderのインストールを計画している場合は、Oracle Databaseのインストール後、Oracle Warehouse Builderリポジトリを作成する前に、次の手順を完了しておく必要があります。

  1. 次のMy Oracle Support Webサイトから、パッチ12973496をダウンロードします。

  2. ディレクトリ(/tmp/12973496など)に内容を解凍します。

  3. ORACLE_HOME環境変数が11.2.0.2 Databaseのホームに設定されていることを確認します。

  4. Opatchユーティリティを実行し、Oracle Warehouse Builderのインストールに進みます。

    cd /tmp/12973496
    opatch apply
    
  5. $ORACLE_HOME/owb/patches/bug12973496.に移動します。

  6. fix_bug12973496.shスクリプトを実行します。

  7. ファイルを編集すると、Oracle Warehouse Builderをインストールできます。

この問題は、Oracle Bug#11772716によって追跡されます。

6.3.4 Linux on System ZでOracle RACの削除中に発生する問題

Oracle ASMディスク・グループを記憶域に使用していると、Oracle RACの削除中に、未処理例外エラーが表示される場合があります。ただし、データベースは削除されます。

回避策:

Oracle ASM Configuration Assistant (ASMCA)の場合

すべてのノードでディスク・グループをディスマウントするときに、ASMCAを使用するかわりに次のコマンドを使用します。

srvctl stop diskgroup -g diskgroup

Database Configuration Assistant (DBCA)の場合

DBCAを起動してデータベースを削除する前に、データベースを停止します。

srvctl stop database -d db_unique_name

この問題は、Oracle Bug#13371048によって追跡されます。

7 Oracle Database 11gリリース2(11.2.0.4)に固有の情報

次の内容は、リリース11.2.0.4に固有の情報です。

7.1 リリース11.2.0.4のインストールの事前要件

インストールの事前要件は、インストレーション・ガイドを参照してください。インストールのその他の事前要件には、次のものが含まれます。

7.2 リリース11.2.0.4のインストール、構成およびアップグレードに関する注意事項

Oracle Databaseのインストール、構成およびアップグレードに関連する注意事項の詳細は、次の項を参照してください。

7.2.1 Red Hat Enterprise Linux 5の韓国語ロケールでのインストール時に四角いボックスが表示される

韓国語ロケール(ko_KR.utf8またはko_KR.euckr)でのインストール時、Oracle Universal Installerの画面上の文字が四角いボックスとして表示されます。

回避策:

次のシンボリック・リンクを作成します。

# cd /usr/share/fonts
# ln -s korean ko

この問題は、Oracle Bug#9746773によって追跡されます。

7.2.2 psmiscパッケージがインストールされていない場合、Oracle Universal Installerエラーが発生する

Oracle Database Client for 11gリリース2 (11.2.0.4)をインストールする際、psmiscパッケージがインストールされていない場合、Oracle Universal Installerで次のエラー・メッセージが表示されます。

[INS-30071] An error occured while trying to determine the running processes or services

回避策:

Oracle Database Clientをインストールする前に、psmiscパッケージをインストールしてください。

この問題は、Oracle Bug#19460475によって追跡されます。

7.2.3 Oracle Grid Infrastructureのインストールに関する問題

Oracle Grid Infrastructureのインストール時には、インストールしたソフトウェアの構成前に、パッチ18370031を適用する必要があります。このパッチの適用のタイミングは重要で、My Oracle Supportのノート1951613.1に詳細な説明があります。このパッチは、Oracle Linux 7がすべてのサービスに対しsystemdを使用するように、クラスタウェア・スタックがクラスタウェア・プロセスに対しsystemdを使用するように構成されるようにします。

この問題は、Oracle Bug#18370031で追跡されており、リリース12.1.0.2で記録されましたが、パッチはリリース11.2.0.4用です。

7.2.4 Oracle DatabaseのOracle Linux 7へのインストール中のエラー

Oracle Linux 7およびRed Hat Enterprise Linux 7にOracle Database 11gリリース2 (11.2.0.4)をインストールする場合、Oracle Universal Installerでは次のエラー・メッセージが表示されます。

Error in invoking target 'agent nmhs' of makefile

データベースの作成時に、次のエラーが発生します。

Error securing Database Control

回避策:

パッチ19692824をデータベース・ホームに適用してください。パッチの適用方法と、パッチの適用時期の詳細は、次のMy Oracle Support (以前のMetaLink)のノート1951613.1を参照してください

https://support.oracle.com

この問題は、Oracle Bug#19692824によって追跡されます。

7.2.5 IBM: Linux on System Z上のSUSE Linux Enterprise Server 11のロケールの問題

Oracle Universal Installer、Database Configuration Assistant、Database Upgrade AssistantなどのJava GUIアプリケーションを、SUSE Linux Enterprise Server 11で、簡体字中国語、繁体字中国語、日本語または韓国語のロケールで実行すると、文字が四角いボックスで表示されます。

回避策:

Java GUIアプリケーションは、SUSE Linux Enterprise Server 11では英語ロケールで実行してください。

この問題は、Oracle Bug#17075895によって追跡されます。

7.2.6 Oracle DatabaseのOracle Linux 7へのインストール中に、パッケージが欠落するエラーが発生する

Oracle Linux 7へのOracle Database 11.2.0.4のインストール中に、Oracle Universal Installerでは、存在しないpdksh-5.2.14パッケージがレポートされます。

回避策:

存在しないpdksh-5.2.14パッケージ・エラーは無視して構いません。インストールを続行してください。

この問題は、Oracle Bug#19947777によって追跡されます。

7.3 リリース11.2.0.4のその他の既知の問題

次の項には、Oracle Database 11gおよび関連製品に関する問題についての情報が含まれています。

7.3.1 Oracle Linux 6およびRed Hat Enterprise Linux 6でのJavaベース・ツールの問題

Oracle Linux 6 (32-bitと64-bit)およびRed Hat Enterprise Linux 6上で、Oracle Universal Installer、Oracle Database Configuration Assistant、Oracle Enterprise Manager Configuration AssistantなどのJavaベース・ツールで英語以外のマルチバイト・キャラクタ言語のメッセージを表示できません。たとえば、日本語、中国語、韓国語などの言語をOracle Linux 6 (32-bitと64-bit)およびRed Hat Enterprise Linux 6上のJavaベース・ツールで表示できません。

回避策:

パッチ12991286をMy Oracle Support Webサイトからダウンロードし、READMEファイルの指示に従います。

この問題は、Oracle Bug#12991286によって追跡されます。

7.3.2 Oracle Linux 6でのタイムゾーンの問題

Oracle Grid InfrastructureをOracle Linux 6にインストールする場合、システムのTimezone文字列に空白が含まれると、ログに間違ったタイムゾーン情報が示されることがあります。/etc/sysconfig/clockファイルを確認します。

回避策:

Oracle Grid Infrastructureインストールを起動する前に、クラスタのローカル・ノード(Oracle Universal Installerが実行されているノード)で次の回避策を実行する必要があります。

/etc/sysconfig/clockファイルを変更して、タイムゾーン名のすべての空白をアンダースコア(_)に置き換えます。たとえば、Los AngelesLos_Angelesにします。

後でOracle Universal Installerを別のノードから実行した場合にタイムゾーンが正しく計算されるように、この回避策をクラスタのすべてのノードに適用することをお薦めします。

7.3.3 Linuxカーネルの問題

Linuxバージョン2.6.39のバグにより、システム障害またはOracle ACFSのオフライン後に、システムのダーティ・ページの割合が、dirty_background_ratio調整可能パラメータを使用してフラッシュをトリガーできるほどではなかった場合、そのシステム障害またはOracle ACFSのオフライン時にキャッシュされたOracle ACFSファイルの末尾で想定外のデータ損失や異常なデータが発生することがあります。

回避策:

対応に関する詳細は、Unbreakable Enterprise Kernel 2.6.39のエラータ、カーネル・バージョン2.6.39-400.5を参照してください。

この問題は、Oracle Bug#16981677によって追跡されます。

7.3.4 IBM: Linux on System Zで必要なOracle Warehouse Builderパッチ

Oracle Warehouse Builderのインストールを計画している場合は、Oracle Databaseのインストール後、Oracle Warehouse Builderリポジトリを作成する前に、次の手順を完了しておく必要があります。

  1. 次のMy Oracle Support Webサイトから、パッチ17498179をダウンロードします。

  2. ディレクトリ(/tmp/17498179など)に内容を解凍します

  3. ORACLE_HOME環境変数が11.2.0.4 Databaseのホームに設定されていることを確認します。

  4. Opatchユーティリティを実行し、Oracle Warehouse Builderのインストールに進みます。

    cd /tmp/17498179
    opatch apply
    
  5. $ORACLE_HOME/owb/patches/bug17498179に移動します。

  6. fix_bug17498179.shスクリプトを実行します。

  7. ファイルを編集すると、Oracle Warehouse Builderをインストールできます。

この問題は、Oracle Bug#11772716によって追跡されます。

7.3.5 Oracle Linux 7およびRed Hat Enterprise Linux 7でのOracle Universal Installerの問題

Oracle Linux 7 (64-bit)およびRed Hat Enterprise Linux 7上で、Oracle Universal Installer、Oracle Database Configuration Assistant、Oracle Enterprise Manager Configuration Assistantなど特定のツールで英語以外のマルチバイト・キャラクタ言語のメッセージを表示できません。たとえば、日本語、中国語、韓国語などの言語をOracle Linux 7 (64-bit)およびRed Hat Enterprise Linux 7上のこれらのツールで表示できません。

回避策:

日本語の場合、次のコマンドを実行します。

mkdir /usr/share/fonts/japanese/TrueType
cd /usr/share/fonts/japanese/TrueType
ln -s /usr/share/fonts/wqy-zenhei/wqy-zenhei.ttc sazanami-gothic.ttf

中国語の場合、次のコマンドを実行します。

mkdir /usr/share/fonts/chinese/TrueType
cd /usr/share/fonts/chinese/TrueType
ln -s /usr/share/fonts/wqy-zenhei/wqy-zenhei.ttc uming.ttf

韓国語の場合、次のコマンドを実行します。

mkdir /usr/share/fonts/korean/TrueType
cd /usr/share/fonts/korean/TrueType
ln -s /usr/share/fonts/wqy-zenhei/wqy-zenhei.ttc gulim.ttf

次に、Oracle Universal Installerを起動します。

この問題は、Oracle Bug#19381563によって追跡されます。

8 ドキュメントのアクセシビリティについて

Oracleのアクセシビリティについての詳細情報は、Oracle Accessibility ProgramのWebサイトhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=docaccを参照してください。

Oracleサポートへのアクセス

サポートをご契約のお客様には、My Oracle Supportを通して電子支援サービスを提供しています。詳細情報はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=infoか、聴覚に障害のあるお客様はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=trsを参照してください。


Oracle Databaseリリース・ノート, 11gリリース2(11.2) for Linux

B56294-17

Copyright © 2013, 2018, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

このソフトウェアおよび関連ドキュメントの使用と開示は、ライセンス契約の制約条件に従うものとし、知的財産に関する法律により保護されています。ライセンス契約で明示的に許諾されている場合もしくは法律によって認められている場合を除き、形式、手段に関係なく、いかなる部分も使用、複写、複製、翻訳、放送、修正、ライセンス供与、送信、配布、発表、実行、公開または表示することはできません。このソフトウェアのリバース・エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイルは互換性のために法律によって規定されている場合を除き、禁止されています。

ここに記載された情報は予告なしに変更される場合があります。また、誤りが無いことの保証はいたしかねます。誤りを見つけた場合は、オラクル社までご連絡ください。

このソフトウェアまたは関連ドキュメントを、米国政府機関もしくは米国政府機関に代わってこのソフトウェアまたは関連ドキュメントをライセンスされた者に提供する場合は、次の通知が適用されます。

U.S. GOVERNMENT END USERS: Oracle programs, including any operating system, integrated software, any programs installed on the hardware, and/or documentation, delivered to U.S. Government end users are "commercial computer software" pursuant to the applicable Federal Acquisition Regulation and agency-specific supplemental regulations.As such, use, duplication, disclosure, modification, and adaptation of the programs, including any operating system, integrated software, any programs installed on the hardware, and/or documentation, shall be subject to license terms and license restrictions applicable to the programs.No other rights are granted to the U.S. Government.

このソフトウェアもしくはハードウェアは様々な情報管理アプリケーションでの一般的な使用のために開発されたものです。このソフトウェアもしくはハードウェアは、危険が伴うアプリケーション(人的傷害を発生させる可能性があるアプリケーションを含む)への用途を目的として開発されていません。このソフトウェアもしくはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用する際、安全に使用するために、適切な安全装置、バックアップ、冗長性(redundancy)、その他の対策を講じることは使用者の責任となります。このソフトウェアもしくはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用したことに起因して損害が発生しても、オラクル社およびその関連会社は一切の責任を負いかねます。

OracleおよびJavaはOracle Corporationおよびその関連企業の登録商標です。その他の名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

Intel、Intel Xeonは、Intel Corporationの商標または登録商標です。すべてのSPARCの商標はライセンスをもとに使用し、SPARC International, Inc.の商標または登録商標です。AMD、Opteron、AMDロゴ、AMD Opteronロゴは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標または登録商標です。UNIXは、The Open Groupの登録商標です。

このソフトウェアまたはハードウェア、そしてドキュメントは、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセス、あるいはそれらに関する情報を提供することがあります。適用されるお客様とOracle Corporationとの間の契約に別段の定めがある場合を除いて、Oracle Corporationおよびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスに関して一切の責任を負わず、いかなる保証もいたしません。適用されるお客様とOracle Corporationとの間の契約に定めがある場合を除いて、Oracle Corporationおよびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセスまたは使用によって損失、費用、あるいは損害が発生しても一切の責任を負いかねます。