Solaris 10 インストールガイド (ネットワークインストール)

WAN ブートミニルートの作成

WAN ブートでは、WAN ブートインストール用に変更された特別な Solaris ミニルートが使用されます。WAN ブートミニルートには、Solaris ミニルートにあるソフトウェアのサブセットが格納されます。WAN ブートインストールを実行するには、Solaris 10 DVD または Solaris 10 SOFTWARE - 1 CD から、このミニルートを WAN ブートサーバーにコピーする必要があります。-w オプションを指定して setup_install_server コマンドを実行し、Solaris ソフトウェアのメディアからシステムのハードディスクに WAN ブートミニルートをコピーします。

ProcedureSPARC: WAN ブートミニルートを作成する方法

次の手順では、SPARC メディアを使って SPARC WAN ブートミニルートを作成します。x86 ベースのサーバーから SPARC WAN ブートミニルートを提供するには、まず SPARC マシンにミニルートを作成する必要があります。次に、作成したミニルートを、x86 ベースのサーバーのドキュメントルートディレクトリにコピーします。

始める前に

この手順では、WAN ブートサーバーでボリュームマネージャーを実行していると仮定します。ボリュームマネージャーを使用せずにリムーバブルメディアを管理する方法については、『Solaris のシステム管理 (デバイスとファイルシステム)』を参照してください。

手順
  1. WAN ブートサーバー上でスーパーユーザーになります。

    システムの必要条件は次のとおりです。

    • CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブを備えていること

    • サイトのネットワークおよびネームサービスに組み込まれていること

      ネームサービスを使用する場合は、システムがすでに NIS、NIS+、DNS、LDAP のいずれかのネームサービスに登録されていなければなりません。ネームサービスを使用しない場合は、サイトのポリシーに従ってシステムの情報を供給する必要があります。

  2. Solaris 10 SOFTWARE - 1 CD または Solaris 10 DVD をインストールサーバーのドライブに挿入します。

  3. WAN ブートミニルートと Solaris インストールイメージを置くためのディレクトリを作成します。


    # mkdir -p wan-dir-path install-dir-path
    
    -p

    目的のディレクトリを作成するときに、必要な親ディレクトリもすべて作成するよう mkdir コマンドに指示します。

    wan-dir-path

    WAN ブートミニルートの作成先となる、インストールサーバー上のディレクトリを指定します。このディレクトリには、ミニルートを格納できる容量が必要です。ミニルートの標準サイズは 250M バイトです。

    install-dir-path

    Solaris ソフトウェアイメージのコピー先となる、インストールサーバー上のディレクトリを指定します。この手順の後半で、このディレクトリは削除できます。

  4. マウントされたディスクの Tools ディレクトリに移動します。


    # cd /cdrom/cdrom0/s0/Solaris_10/Tools
    

    上の例では、cdrom0 は、Solaris OS のメディアが入っているドライブへのパスです。

  5. WAN ブートミニルートと Solaris ソフトウェアイメージを、WAN ブートサーバーのハードディスクにコピーします。


    # ./setup_install_server -w wan-dir-path install-dir-path
    
    wan-dir-path

    WAN ブートミニルートをコピーするディレクトリを指定します。

    install-dir-path

    Solaris ソフトウェアイメージをコピーするディレクトリを指定します。


    注 –

    setup_install_server コマンドは、Solaris 10 SOFTWARE のディスクイメージをコピーする十分なディスク容量があるかどうかを調べます。利用できるディスク容量を調べるには、df -kl コマンドを使用します。


    setup_install_server -w コマンドは、WAN ブートミニルートと、Solaris ソフトウェアのネットワークインストールイメージを作成します。

  6. (省略可能) ネットワークインストールイメージを削除します。

    Solaris フラッシュアーカイブを使って WAN インストールを実行する場合、Solaris ソフトウェアイメージは不要です。ほかのネットワークインストールに使用する予定がない場合は、ネットワークインストールイメージを削除して、ディスクの空き領域を増やすことができます。ネットワークインストールイメージを削除するには、次のコマンドを入力します。


    # rm -rf install-dir-path
    
  7. 次のどちらかの方法で、WAN ブートサーバーが WAN ブートミニルートにアクセスできるようにします。

    • WAN ブートサーバーのドキュメントルートディレクトリに、WAN ブートミニルートへのシンボリックリンクを作成します。


      # cd /document-root-directory/miniroot
      # ln -s /wan-dir-path/miniroot .
      
      document-root-directory/miniroot

      WAN ブートサーバーのドキュメントルートディレクトリにあるディレクトリで、WAN ブートミニルートにリンクするものを指定します。

      /wan-dir-path/miniroot

      WAN ブートミニルートへのパスを指定します。

    • WAN ブートサーバーのドキュメントルートディレクトリに、WAN ブートミニルートを移動します。


      # mv /wan-dir-path/miniroot /document-root-directory/miniroot/miniroot-name
      
      wan-dir-path/miniroot

      WAN ブートミニルートへのパスを指定します。

      /document-root-directory/miniroot/

      WAN ブートサーバーのドキュメントルートディレクトリにある WAN ブートミニディレクトリへのパスを指定します。

      miniroot-name

      WAN ブートミニルートの名前を指定します。miniroot.s10_sparc のように、わかりやすい名前をファイルに付けます。


例 13–1 WAN ブートミニルートの作成

setup_install_server(1M)-w オプションを指定して実行することで、WAN ブートミニルートと Solaris ソフトウェアイメージを、wanserver-1/export/install/Solaris_10 ディレクトリにコピーします。

wanserver-1 に接続されているメディアドライブに Solaris 10 SOFTWARE のメディアを挿入します。次のコマンドを入力します。


wanserver-1# mkdir -p /export/install/sol_10_sparc
wanserver-1# cd /cdrom/cdrom0/s0/Solaris_10/Tools
wanserver-1# ./setup_install_server -w /export/install/sol_10_sparc/miniroot \
/export/install/sol_10_sparc

WAN ブートサーバーのドキュメントルートディレクトリ (/opt/apache/htdocs/) に、WAN ブートミニルートを移動します。この例では、WAN ブートミニルートの名前を miniroot.s10_sparc に設定しています。


wanserver-1# mv /export/install/sol_10_sparc/miniroot/miniroot \
/opt/apache/htdocs/miniroot/miniroot.s10_sparc

WAN ブートインストールの続行

WAN ブートミニルートを作成したあと、クライアントの OpenBoot PROM (OBP) が WAN ブートに対応しているかどうかを確認します。手順については、「クライアントの WAN ブート対応の確認」を参照してください。

参照

setup_install_server コマンドの詳細は、install_scripts(1M) のマニュアルページを参照してください。