JDK 開発者ガイド (Solaris 編)

はじめに

このマニュアルでは、SolarisTM オペレーティングシステム用の JavaTM 2 Platform Standard Edition 5 における新機能と強化された機能を紹介し、その概要を説明します。

対象読者

このマニュアルは、Solaris オペレーティングシステムで Java 2 Platform Standard Edition 5 を使用するアプリケーション開発者を対象としています。Java ソフトウェアは、企業環境におけるサーバーおよびクライアント側の Java 技術アプリケーションが優れた性能を発揮できるように最適化されています。

このマニュアルは J2SETM 5 ドキュメントの一部です。J2SE 5 ドキュメントは http://java.sun.com/j2se/1.5.0/ja/docs/ja/index.html で入手できます。最終的なリリース段階では、このオンライン文書が Java 2 Platform Standard Edition 5 製品の正式な説明になります。

内容の紹介

第 1 章「新しい機能と強化された機能」では、製品の特長と強化された機能を示します。

第 2 章「以前のリリースとの互換性」では、互換性の問題について説明します。

関連項目

このリリースに関する情報は次のドキュメントにも記載されています。

Sun のオンラインマニュアル

docs.sun.com では、Sun が提供しているオンラインマニュアルを参照することができます。マニュアルのタイトルや特定の主題などをキーワードとして、検索を行うこともできます。URL は、http://docs.sun.com です。

表記上の規則

このマニュアルでは、次のような字体や記号を特別な意味を持つものとして使用します。

表 P–1 表記上の規則

字体または記号 

意味 

例 

AaBbCc123

コマンド名、ファイル名、ディレクトリ名、画面上のコンピュータ出力、コード例を示します。 

.login ファイルを編集します。

ls -a を使用してすべてのファイルを表示します。

system%

AaBbCc123

ユーザーが入力する文字を、画面上のコンピュータ出力と区別して示します。 

system% su

password:

AaBbCc123

変数を示します。実際に使用する特定の名前または値で置き換えます。 

ファイルを削除するには、rm filename と入力します。

『 』 

参照する書名を示します。 

『コードマネージャ・ユーザーズガイド』を参照してください。 

「 」 

参照する章、節、ボタンやメニュー名、強調する単語を示します。 

第 5 章「衝突の回避」を参照してください。 

この操作ができるのは、「スーパーユーザー」だけです。 

枠で囲まれたコード例で、テキストがページ行幅を超える場合に、継続を示します。 

sun% grep `^#define \
  XV_VERSION_STRING'

コード例は次のように表示されます。

[ ] は省略可能な項目を示します。上記の例は、filename は省略してもよいことを示しています。

| は区切り文字 (セパレータ) です。この文字で分割されている引数のうち 1 つだけを指定します。

キーボードのキー名は英文で、頭文字を大文字で示します (例: Shift キーを押します)。ただし、キーボードによっては Enter キーが Return キーの動作をします。

ダッシュ (-) は 2 つのキーを同時に押すことを示します。たとえば、Ctrl-DControl キーを押したまま D キーを押すことを意味します。