Solaris Trusted Extensions インストールと構成 (Solaris 10 11/06 および Solaris 10 8/07 リリース版)

Trusted Extensions のインストール後に netservices limited が実行された

説明:

Trusted Extensions パッケージを追加する前に netservices limited コマンドを実行するのではなく、パッケージの追加後に大域ゾーンでコマンドを実行しました。そのため、ラベル付きゾーンは大域ゾーン内の X サーバーに接続できません。

回避方法:

次のコマンドを実行して、Trusted Extensions がゾーン間で通信するために必要なサービスを開きます。


# svccfg -s x11-server setprop options/tcp_listen = true
# svcadm enable svc:/network/rpc/rstat:default