Solaris 10 5/08 インストールガイド (Solaris フラッシュアーカイブの作成とインストール)

大規模なファイルを含むアーカイブの作成

Solaris フラッシュアーカイブの作成に使われるデフォルトのコピー方法は、cpio ユーティリティーです。個別のファイルのサイズを 4G バイトより大きくすることはできません。大規模な個別ファイルがある場合は、pax によるコピー方法でアーカイブを作成できます。flarcreate コマンドと -L pax オプションを指定して pax ユーティリティーを使用すると、個別ファイルのサイズ制限なしでアーカイブが作成されます。個別のファイルのサイズは 4G バイトより大きくできます。