Solaris 10 5/08 インストールガイド (Solaris フラッシュアーカイブの作成とインストール)

はじめに

このマニュアルでは、SolarisTM フラッシュアーカイブを作成し、Solaris フラッシュアーカイブを使用して Solaris オペレーティングシステム (OS) を複数のシステムにインストールするための計画と手順について説明します。

このマニュアルには、システムハードウェアや周辺装置を設定する方法は記載されていません。


注 –

このリリースでは、SPARC® および x86 系列のプロセッサアーキテクチャー (UltraSPARC®、SPARC64、AMD64、Pentium、Xeon EM64T) を使用するシステムをサポートします。サポートしているシステムは、http://www.sun.com/bigadmin/hclSolaris 10 Hardware Compatibility List にあります。本書では、プラットフォームにより実装が異なる場合は、それを特記します。

本書の x86 に関連する用語については、以下を参照してください。

サポートしているシステムについては、Solaris 10 Hardware Compatibility List を参照してください。


対象読者

このマニュアルは、Solaris OS のインストールを担当するシステム管理者を対象としています。このマニュアルには、ネットワーク環境で複数の Solaris マシンを管理するエンタープライズシステム管理者向けの上級 Solaris インストール情報が含まれています。

関連マニュアル

表 P–1 に、システム管理者向けのマニュアルの一覧を示します。

表 P–1 Solaris をインストールするシステム管理者ですか。

説明 

インフォメーション 

システム要件または計画の概要に関する情報が必要ですか。あるいは、GRUB ベースのブート、Solaris ゾーン区分技術、または RAID-1 ボリュームの作成に関する概要が必要ですか。 

『Solaris 10 5/08 インストールガイド (インストールとアップグレードの計画)』

DVD または CD メディアから 1 つのシステムをインストールする必要がありますか。Solaris インストールプログラムは、手順を追ってインストールを案内します。 

『Solaris 10 5/08 インストールガイド (基本編)』

停止時間をほとんど設けないで、システムをアップグレードしたり、パッチを適用したりする必要がありますか。Solaris Live Upgrade を使うことにより、アップグレード時のシステム停止時間を短縮します。 

『Solaris 10 5/08 インストールガイド (Solaris Live Upgrade とアップグレードの計画)』

ネットワークやインターネットを介してセキュリティー保護されたインストールを行う必要がありますか。WAN ブートを使用して、リモートクライアントをインストールします。あるいは、ネットワークインストールイメージからネットワークを介してインストールする必要がありますか。Solaris インストールプログラムは、手順を追ってインストールを案内します。 

『Solaris 10 5/08 インストールガイド (ネットワークインストール)』

複数のマシンに Solaris をインストールする必要がありますか。JumpStartTM を使用してインストールを自動化します。

『Solaris 10 5/08 インストールガイド (カスタム JumpStart/ 上級編)』

システムのバックアップが必要ですか。 

『Solaris のシステム管理 (デバイスとファイルシステム)』の第 23 章「ファイルシステムのバックアップと復元 (概要)」

トラブルシューティングに関する情報、既知の問題の一覧、またはこのリリース用のパッチの一覧が必要ですか。 

Solaris ご使用にあたって

使用しているシステムが Solaris 上で動作することを確認する必要がありますか。 

SPARC: 『Solaris Sun ハードウェアマニュアル

このリリースで追加されたパッケージ、削除されたパッケージ、または変更されたパッケージを確認する必要がありますか。 

Solaris パッケージリスト

使用しているシステムやデバイスが Solaris SPARC ベースのシステム、x86 ベースのシステム、およびその他のサードパーティーベンダーで動作するかどうかを確認する必要がありますか。 

Solaris Hardware Compatibility List for x86 Platforms

マニュアル、サポート、およびトレーニング

Sun の Web サイトでは、次のサービスに関する情報も提供しています。

表記上の規則

このマニュアルでは、次のような字体や記号を特別な意味を持つものとして使用します。

表 P–2 表記上の規則

字体または記号 

意味 

例 

AaBbCc123

コマンド名、ファイル名、ディレクトリ名、画面上のコンピュータ出力、コード例を示します。 

.login ファイルを編集します。

ls -a を使用してすべてのファイルを表示します。

system%

AaBbCc123

ユーザーが入力する文字を、画面上のコンピュータ出力と区別して示します。 

system% su

password:

AaBbCc123

変数を示します。実際に使用する特定の名前または値で置き換えます。 

ファイルを削除するには、rm filename と入力します。

『 』 

参照する書名を示します。 

『コードマネージャ・ユーザーズガイド』を参照してください。 

「 」 

参照する章、節、ボタンやメニュー名、強調する単語を示します。 

第 5 章「衝突の回避」を参照してください。 

この操作ができるのは、「スーパーユーザー」だけです。 

枠で囲まれたコード例で、テキストがページ行幅を超える場合に、継続を示します。 

 


sun% grep `^#define \

  XV_VERSION_STRING'

コード例は次のように表示されます。

[ ] は省略可能な項目を示します。上記の例は、filename は省略してもよいことを示しています。

| は区切り文字 (セパレータ) です。この文字で分割されている引数のうち 1 つだけを指定します。

キーボードのキー名は英文で、頭文字を大文字で示します (例: Shift キーを押します)。ただし、キーボードによっては Enter キーが Return キーの動作をします。

ダッシュ (-) は 2 つのキーを同時に押すことを示します。たとえば、Ctrl-DControl キーを押したまま D キーを押すことを意味します。