Solaris 10 5/09 インストールガイド (カスタム JumpStart/ 上級編)

Procedurex86: カスタム JumpStart プログラムおよび GRUB を使用してインストールまたはアップグレードを実行する方法

GRUB メニューを使用して x86 ベースのシステムに Solaris OS をインストールするには、この手順を使用します。

  1. システムがネットワークに接続されている場合は、Ethernet コネクタまたはそれに類似したネットワークアダプタがシステムに装着されていることを確認します。

  2. tip(1) ラインで接続されているシステムをインストールする場合は、ウィンドウ表示が横 80 桁、縦 24 行以上あることを確認します。

    tip ウィンドウの現在の大きさを調べるには、stty(1) コマンドを使用します。

  3. プロファイルフロッピーディスクを使用するかどうかを決定します。

    システムのブートにプロファイルフロッピーディスクは使用されなくなりましたが、JumpStart ディレクトリのみを収録したフロッピーディスクを用意することはできます。このフロッピーディスクは、JumpStart インストールを実行するときや CD-ROM をブートオフするときなどに使用できます。

    • プロファイルフロッピーディスクを使用する場合は、システムのフロッピーディスクドライブにそのフロッピーディスクを挿入します。

    • プロファイルフロッピーディスクを使用しない場合は、手順 4 に進みます。

  4. システムのブート方法を決定します。

    • Solaris Operating System DVD または Solaris SOFTWARE - 1 CD からブートする場合は、そのディスクを挿入します。この場合、システムの BIOS が DVD または CD からのブートをサポートしている必要があります。

    • ネットワークからブートする場合は、PXE (Preboot Execution Environment) ネットワークブートを使用してください。システムは PXE をサポートするものでなければなりません。システムの BIOS 設定ツールまたはネットワークアダプタの構成設定ツールを使用して、PXE を使用するようにシステムを設定します。

  5. (省略可能) DVD または CD からブートする場合は、システムの BIOS のブート設定を変更し、DVD または CD メディアからブートするように設定します。手順については、ハードウェアのマニュアルを参照してください。

  6. システムの電源が入っていない場合は、電源を入れます。システムの電源が入っている場合は、システムをリブートします。

    GRUB メニューが表示されます。このメニューにはブートエントリの一覧が表示されます。


    GNU GRUB version 0.95 (631K lower / 2095488K upper memory)
    +-------------------------------------------------------------------+
    |Solaris 10 5/09 image_directory                                      |
    |Solaris Serial Console ttya                                           |
    |Solaris Serial Console ttyb (for lx50, v60x and v65x               |
    +-------------------------------------------------------------------+
    Use the ^ and v keys to select which entry is highlighted. Press
    enter to boot the selected OS, 'e' to edit the commands before
    booting, or 'c' for a command-line.

    image_directory は、インストールイメージが置かれているディレクトリの名前です。JumpStart ファイルのパスは、add_install_client コマンドと -c オプションによって定義されています。


    注 –

    ここで GRUB エントリからブートせずに、ブートエントリを編集することもできます。GRUB エントリを編集してから、JumpStart インストールを実行します。GRUB エントリとインストールオプションの一覧の編集方法については、「x86: GRUB ブートコマンドの編集によるカスタム JumpStart インストールの実行」を参照してください。


  7. プロンプトが表示されたら、次の操作のいずれかを実行します。


    Select the type of installation you want to perform:
     
             1 Solaris Interactive
             2 Custom JumpStart
             3 Solaris Interactive Text (Desktop session)
             4 Solaris Interactive Text (Console session)
             5. Apply driver updates
             6. Single User Shell
    Enter the number of your choice.
    Please make a selection (1-6).

    カスタム JumpStart 方式を選択するには、2 を入力し、Enter キーを押します。

    JumpStart インストールが開始されます。


    注 –
    • 30 秒以内に選択しないと、Solaris の対話式インストールプログラムが起動します。コマンド行に任意のキーを入力することによって、このタイマーを止めることができます。

    • 1、3、または 4 を選択すると、対話式インストールになります。対話式インストールについては、 『Solaris 10 5/09 インストールガイド (基本編)』を参照してください。

    • 5 を選択すると、ドライバの更新がインストールされます。

    • 6 を選択すると、保守作業を実行できます。


  8. sysidcfg でシステム情報の事前構成を行わなかった場合は、プロンプトが表示された時点でシステム構成についての質問に答えます。

  9. 画面の指示に従って、ソフトウェアをインストールします。

    JumpStart プログラムが Solaris ソフトウェアのインストールを終了すると、システムが自動的にリブートします。また、GRUB menu.lst ファイルも自動的に更新されます。インストールした Solaris のインスタンスは、GRUB メニューを次に使用するときに表示されます

    インストールが終了すると、インストールログがファイルに保存されます。インストールログは、次のディレクトリに作成されます。

    • /var/sadm/system/logs

    • /var/sadm/install/logs