Solaris 10 5/09 インストールガイド (カスタム JumpStart/ 上級編)

Procedureプロファイルをテストするために、一時的な Solaris 環境を作成する方法

特定の Solaris リリース用のプロファイルを正常かつ正確にテストするには、同じリリースの Solaris 環境内でテストする必要があります。たとえば、Solaris 初期インストールプロファイルをテストする場合は、Solaris OS を実行しているシステム上で pfinstall コマンドを実行します。

次のどちらかの状況でプロファイルをテストする場合は、一時的なインストール環境を作成する必要があります。

  1. 次に示すメディアのいずれか 1 つのイメージからシステムをブートします。

    SPARC システムの場合:

    • Solaris Operating System DVD (SPARC 版)

    • Solaris SOFTWARE - 1 CD (SPARC 版)

    x86 システムの場合:

    • Solaris Operating System DVD (x86 版)

    • Solaris SOFTWARE - 1 CD (x86 版)


    注 –

    アップグレードプロファイルをテストする場合は、アップグレードするシステムをブートしてください。


  2. システムを識別するための質問に答えます。

  3. インストールプログラムを終了するには、! を入力します。次のプロンプトに続いて入力します。


    The Solaris installation program  will assist you in installing software for Solaris.
    <Press ENTER to continue> {"!" exits}
  4. このシェルから pfinstall コマンドを実行します。pfinstall コマンドの詳しい使用方法については、「プロファイルをテストする方法」手順 7 を参照してください。