Solaris 10 5/09 インストールガイド (カスタム JumpStart/ 上級編)

rules ファイルの妥当性を検査する

rules ファイルとプロファイルは、check スクリプトを実行して、これらのファイルが正しく設定されていることを確認してからでないと使用できません。すべてのルールとプロファイルが正しく設定されている場合は、rules.ok ファイルが作成されます。このファイルは、カスタム JumpStart インストールソフトウェアがシステムをプロファイルと照合するために必要です。

表 3–2 に、check スクリプトの実行内容を示します。

表 3–2 check スクリプトの動作

手順 

説明 

rules ファイルの構文検査を行います。

 

check は、ルールキーワードが正当かどうか、および各ルールに対して begin フィールド、class フィールド、および finish フィールドが指定されているかどうかを確認します。begin フィールドおよび finish フィールドには、ファイル名でなくマイナス記号 (-) も指定可能です。

rules ファイルにエラーがなければ、ルールに指定された各プロファイルの構文検査が行われます。

エラーが見つからなければ、check は、rules ファイルから rules.ok ファイルを生成します。コメントと空行をすべて削除し、すべてのルールを保持し、さらに、末尾に次のコメント行を追加します。

# version=2 checksum=num

Procedurerules ファイルの妥当性を検査する方法

  1. check スクリプトが JumpStart ディレクトリにあることを確認します。


    注 –

    check スクリプトは、Solaris Operating System DVD または Solaris SOFTWARE - 1 CD の Solaris_10/Misc/jumpstart_sample ディレクトリにあります。


  2. JumpStart ディレクトリに移動します。

  3. check スクリプトを実行して、rules ファイルの妥当性検査を行います。


    $ ./check -p path -r file_name
    
    -p path

    使用しているシステムの check スクリプトではなく Solaris ソフトウェアイメージの check スクリプトを使用して、rules を検証します。path は、ローカルディスク、マウントされた Solaris Operating System DVD、または Solaris SOFTWARE - 1 CD 上のイメージです。

    以前のバージョンの Solaris を実行しているシステムでは、このオプションを使って、check の最新バージョンを実行します。

    -r file_name

    名前が rules 以外の rules ファイル名を指定します。このオプションを使用すると、rules ファイルに組み込む前にルールの妥当性を検査できます。

    check スクリプトを実行すると、rules ファイルと各プロファイルの妥当性検査の結果が報告されます。エラーが発生しなかった場合、次の情報が報告されます。


    The custom JumpStart configuration is ok
  4. rules.ok ファイルの所有者が root になっていて、アクセス権が 644 に設定されていることを確認します。

参照

rules ファイルの妥当性を検査したあとの、カスタム JumpStart オプション機能については、第 4 章カスタム JumpStart オプション機能の使用 (作業)を参照してください。カスタム JumpStart インストールの詳しい実行方法については、第 6 章カスタム JumpStart インストールの実行 (作業)を参照してください。