Solaris のシステム管理 (ネーミングとディレクトリサービス : DNS、NIS、LDAP 編)

resolv.conf ファイルの設定

ここでは、doc.com ドメインのサーバーで使用する簡単な resolv.conf(4) ファイルの例を示します。


例 4–1 DNS サーバー用 resolv.conf ファイルの例


;
; /etc/resolv.conf file for dnsmaster (sirius)
;
domain             doc.com
nameserver         192.168.0.0
nameserver         192.168.0.1

このファイルの最初の行では、ドメイン名を次の書式で指定します。


domain domainname

ここで、domainname は インターネット管理組織(このドキュメントの執筆時点では InterNIC。日本では JPNIC) に登録されている名前です。


注 –

ドメイン名の末尾にスペースまたはタブを使うことはできません。ドメイン名の最後の文字を入力したら、必ずキャリッジリターンで強制改行してください。


2 行目には、サーバー自体を次の書式で指定します。


nameserver 192.168.0.0

それ以降の行では、スレーブ DNS ネームサーバーまたはキャッシュ専用ネームサーバー の IP アドレスを 1 つまたは 2 つ指定します。リゾルバはこれらの行を照会して該当するアドレスを識別します。各行の書式は次のとおりです。


nameserver IP_address

IP_address には、スレーブ DNS ネームサーバーまたはキャッシュ専用ネームサーバー の IP アドレスを指定します。リゾルバは、必要な情報が見つかるまで、ここに指定されている順番どおりにネームサーバーを探していきます。