Solaris のシステム管理 (ネーミングとディレクトリサービス : DNS、NIS、LDAP 編)

プロキシの資格を使用する

プロキシの資格を使用してクライアントを初期化する方法
  1. スーパーユーザーになります。

  2. ldapclient を実行します (プロキシ値を定義します)。

    # ldapclient init -a \ proxyDn=cn=proxyagent,ou=profile,dc=west,dc=example,dc=com -a \ domainname=west.example.com -a profilename=pit1 -a \ proxypassword=test1234 192.168.0.0


    System successfully configured

使用するプロファイルがプロキシ用に設定されている場合は、-a proxyDn-a proxypassword が必須です。 サーバーに保存されているプロファイルにはこの資格情報が含まれていないため、クライアントを初期設定するときは資格情報を入力する必要があります。この方法は、プロキシの資格情報をサーバーに保存していた従来の方法に比べて安全性が高くなります。

プロキシ情報は /var/ldap/ldap_client_cred の作成に使用され、それ以外の情報は/var/ldap/ldap_client_file に格納されます。


注 –

どちらのクライアント構成ファイルも直接編集しないでください。これらのファイルの内容を作成または変更する場合は、ldapclient を使用してください。