9.8. 管理ツール

9.8.1. Oracle VDI Manager にログインできません
9.8.2. Oracle VDI Manager に正常にログインしたあと、画面が空白になります
9.8.3. エラー - 「整合性のある応答が保証できなくなったため、ログアウトされました」
9.8.4. Oracle VDI ホストのパスワードを変更するには、どのようにしますか
9.8.5. リモート MySQL データベースのパスワードを変更するには、どのようにしますか
9.8.6. MySQL データベースにすべての Sun Ray Software 構成が格納されますか
9.8.7. vda コマンドでは Oracle VDI が実行されていないと報告されるのに、ほかのコマンドでは実行されていると報告されます
9.8.8. Oracle VDI Manager の「ユーザーおよびグループ」にユーザーが表示されません
9.8.9. 長い履歴を保持できるように Cacao ログ動作を変更することはできますか
9.8.10. Oracle VDI Manager を使用してジョブを取り消しても、そのジョブが終了しません
9.8.11. Oracle VDI ログのログレベルを調整できますか
9.8.12. 組み込み MySQL サーバーデータベースにログインするには、どのようにしますか

9.8.1. Oracle VDI Manager にログインできません

cacao または vda サービスに問題がある可能性があります

  1. Oracle VDI ホストが仮想マシンにアクセスする場合は、マシンに十分な RAM があることを確認します

  2. 「システムが想定どおりに応答しません」の説明に従って、cacao と vda サービスのステータスを確認します。

  3. サービスを再起動してみてください:

    /opt/SUNWvda/sbin/vda-service restart

9.8.2. Oracle VDI Manager に正常にログインしたあと、画面が空白になります

MySQL データベースに問題がある可能性があります

  1. サービスを再起動してみてください

    /opt/SUNWvda/sbin/vda-service restart
  2. 問題が解決しない場合は、MySQL データベースをトラブルシューティングする必要があります:

    Oracle VDI の組み込み MySQL サーバーデータベースを使用している場合は、このデータベースによる物理リソースに対する要求は非常に厳しいことを認識しておくことが重要で、特に CPU 電力、RAM、およびネットワーク帯域幅に関係します。常に最初に確認すべきことは、ネットワーク接続が確立されているかどうかと、データベースサービスが実行されていることです。

    次のコマンドを実行して、組み込み MySQL サーバーデータベースのマスターおよびスレーブ (構成されている場合) が実行されているかどうかを確認します。

    /opt/SUNWvda/sbin/vda-db-status

    Oracle Solaris プラットフォームでは、次のコマンドを使用して、マスターホストまたはスレーブホストのデータベースのステータスを確認することもできます:

    # svcs svc:/application/database/vdadb:default

    何も問題がない場合は、次のように表示されるはずです:

    STATE STIME FMRI
    online Mrz_18 svc:/application/database/vdadb:default

    データベースサービスが実行されていない場合は、開始します。

    Oracle Solaris プラットフォームでは、次のいずれかのコマンドを使用します:

    # svcadm enable svc:/application/database/vdadb:default
    # svcadm clear svc:/application/database/vdadb:default

    Linux プラットフォームでは、次のコマンドを使用します:

    # /etc/init.d/vda-db-init start 

いずれも役立たない場合は、データベースの問題の考えられる根本原因 を MySQL のログファイルで確認してください。ログファイルは /var/opt/SUNWvda/mysql にあります。MySQL Cluster のログファイルの形式に関する情報は、公式の MySQL ドキュメント (「MySQL Cluster Log Messages」) に記載されています。

9.8.3. エラー - 「整合性のある応答が保証できなくなったため、ログアウトされました」

トラブルシューティング項目の「Oracle VDI Manager にログインできません」を参照してください。

9.8.4. Oracle VDI ホストのパスワードを変更するには、どのようにしますか

Oracle VDI ホストの root パスワードを変更する必要がある場合は、次の UNIX コマンドを実行します。

# passwd root
New Password: <enter new password>
Re-enter new Password: <confirm>

9.8.5. リモート MySQL データベースのパスワードを変更するには、どのようにしますか

(外部データベースを使用する) Oracle VDI の初期構成時に、Oracle VDI データベースのユーザーアカウント (デフォルトは vdadb) が作成されています。

  1. MySQL 側でこのパスワードを変更するには、次の MySQL CLI コマンドを使用します。

    mysql> UPDATE mysql.user SET password=PASSWORD('<new_password>') WHERE user='vdadb';
    mysql> FLUSH PRIVILEGES;
  2. Oracle VDI でパスワードを変更するには、Oracle VDI を再構成します。

    「ホストでの Oracle VDI の再構成」を参照してください

9.8.6. MySQL データベースにすべての Sun Ray Software 構成が格納されますか

いいえ、Sun Ray Software 構成は LDAP ベースのデータストアに格納されます。

9.8.7. vda コマンドでは Oracle VDI が実行されていないと報告されるのに、ほかのコマンドでは実行されていると報告されます

問題: vda コマンドを実行すると、次のエラーメッセージが表示されます:「このサーバーで Oracle Virtual Desktop Infrastructure が実行されていないため、このコマンドは使用できません」。ただし、cacaoadm および vda-db-status コマンドを実行すると、Oracle VDI が実行されていることが示されます。

解決方法: /etc/hosts ファイルを確認して、localhost に IPv6 エントリがあるかどうかを調べます。ある場合は、そのエントリをコメントアウトして、再度 vda コマンドを実行します。

9.8.8. Oracle VDI Manager の「ユーザーおよびグループ」にユーザーが表示されません

特に、ユーザーディレクトリが OpenLDAP または Novell eDirectory の場合、付録C ユーザーディレクトリの LDAP フィルタと属性の説明に従って、LDAP フィルタ ldap.user.object.filter および ldap.user.search.filter をカスタマイズする必要がある可能性があります。

9.8.9. 長い履歴を保持できるように Cacao ログ動作を変更することはできますか

はい。「Oracle VDI の記録の変更方法」を参照してください。

9.8.10. Oracle VDI Manager を使用してジョブを取り消しても、そのジョブが終了しません

アクティブなジョブをすべて強制的に中止できます:

  1. Oracle VDI サービスが実行されていることを確認します。

  2. シェルで次のコマンドを入力します:

    # /opt/SUNWvda/mysql/bin/mysql  \
    --defaults-file=/etc/opt/SUNWvda/my.cnf -D vda -u root -p -e "UPDATE \
    t_job SET status = 'CANCELED', endtime = NOW() \
    WHERE status IN ('RUNNING','QUEUED','CANCELLING') AND type <> 'DESTROY_POOL'" 
  3. パスワードの入力を求められたら、プライマリホストで Oracle VDI を構成するときに選択した MySQL データベース管理者のパスワードを入力します。

    管理者のパスワードが自動的に生成された場合は、「組み込み MySQL サーバーデータベースにログインするには、どのようにしますか」を参照してください。

    リモート MySQL データベースを使用している場合は、リモートデータベース管理者のユーザーとパスワードを使用してください。

9.8.11. Oracle VDI ログのログレベルを調整できますか

デフォルトでは、すべての Oracle VDI サービスメッセージが Cacao ログファイルに記録されます。ログレベルまたはログ履歴を変更するには、「Oracle VDI ログファイルを確認する方法」を参照してください。

9.8.12. 組み込み MySQL サーバーデータベースにログインするには、どのようにしますか

注意

設定およびデータを変更するための Oracle VDI データベースへのログインはサポートされていません。これらのタスクを実行する場合は、Oracle VDI 管理ツールのみを使用します。

  1. データベースパスワードを取得します。

    Oracle VDI Center でプライマリホストを構成し、組み込み MySQL サーバーデータベースを使用する場合は、データベース管理者のパスワードを独自に指定することも、パスワードを自動的に生成することもできます。

    パスワードを取得するには、root で次のコマンドを実行します:

    # /opt/SUNWvda/sbin/vda-center getprops -s vda.password
    注意

    パスワードは平文で表示されます。ほかのだれにも画面を見られないようにしてください。

  2. 組み込みの Oracle VDI MySQL サーバーデータベースにログインします。

    マスターデータベースまたはスレーブデータベースのある Oracle VDI ホストで、root で次のコマンドを実行します:

    # /opt/SUNWvda/mysql/bin/mysql --defaults-file=/etc/opt/SUNWvda/my.cnf -u root -p

    要求されたら、管理者のパスワードを入力します。