2.3. Oracle VDI のインストールと構成

2.3.1. Oracle VDI のインストール
2.3.2. プライマリホストでの Oracle VDI の構成
2.3.3. セカンダリホストでの Oracle VDI の構成
2.3.4. ホストでの Oracle VDI の再構成
2.3.5. Oracle VDI の再インストール
2.3.6. Oracle VDI のアンインストール

2.3.1. Oracle VDI のインストール

インストールを開始する前に、ホストが「Oracle VDI のシステム要件」に示す Oracle VDI のインストール要件を満たしていることを確認します。

  1. ホストの一時的な場所に Oracle VDI ソフトウェアのアーカイブをダウンロードします。

  2. root ユーザーでホストにログインします。

  3. Oracle VDI ソフトウェアのアーカイブを解凍し、作業ディレクトリを解凍先のディレクトリに変更します。

    • Oracle Solaris ホスト上で:

      # unzip vda_3.4_solaris_amd64.zip
      # cd vda_3.4_solaris_amd64
    • Oracle Linux ホスト上で:

      # unzip vda_3.4_linux.zip
      # cd vda_3.4_linux
  4. ソフトウェアをインストールします。

    # ./vda-install

    ソフトウェアは /opt/SUNWvda にインストールされます。

    Oracle Linux ホストでは、インストールスクリプトによって Oracle VDI の必須パッケージがインストールされているかどうかが確認されます。必須パッケージが不足しており、yum が適切に構成されている場合、インストールスクリプトは、続行して不足しているパッケージをインストールするように要求します。必須パッケージがインストールされていない場合、インストールは失敗します。

    インストールの最後に、Oracle VDI を構成するように要求されます。

    Do you want to configure Oracle VDI 3.4 now? ([y]/n)
    • あとで &product- hort-name; を構成するには、n を入力して Return キーを押します。

    • 今すぐ Oracle VDI を構成するには、Return キーを押します。

    Oracle VDI を構成する方法の詳細については、次を参照してください:

2.3.2. プライマリホストでの Oracle VDI の構成

次のような状況で、ホストに Oracle VDI を構成できます:

  • ソフトウェアのインストール中に、ホストで Oracle VDI ソフトウェアのインストールまたは更新を実行した直後。

  • 別のステップの実行中に、ホストで Oracle VDI ソフトウェアのインストールまたは更新を実行したあと。

  • 別のステップの実行中に、ホストで Oracle VDI の構成を解除したあと。

組み込みの Oracle VDI MySQL データベースではなくリモート MySQL サーバーデータベースを使用するには、「リモート MySQL データベースを使用するための要件」で説明した必要な情報がすべて用意されていることを確認します。

  1. (省略可能) 構成スクリプトを起動します。

    ソフトウェアのインストールと同時にソフトウェアを構成する場合は、このステップは不要です。

    root ユーザーで次のコマンドを実行します:

    # /opt/SUNWvda/sbin/vda-config

    構成タイプの一覧が表示されます。

    1 New Oracle VDI Center
    2 Join Oracle VDI Center
                    
    Select (1/2):
  2. Oracle VDI でホストをプライマリホストとして構成するには、1 を入力して、Return キーを押します。

    1 つのホストのみを含む Oracle VDI Center を構成する場合は、1 を入力します。

    構成設定のリストが表示されます。

    Review the settings for a new Oracle VDI Center:
       Name: VDI Center
       Administrator Password: ********
       DNS name of this host: primary.example.com
       Maximum number of sessions on this host: 100
       User ID range start: 150000
       Database: Embedded Oracle VDI
    
    Do you want to create the Oracle VDI Center now? Enter 'c' to customize the settings. ([y]/c):

    デフォルトでは、組み込みの Oracle VDI MySQL サーバーデータベースを使用します。リモート MySQL データベースを使用するには、構成設定をカスタマイズする必要があります

    • デフォルトを受け入れて Oracle VDI Center を作成するには、Return キーを押します。

    • Oracle VDI Center を作成する前に設定を変更するには、c を入力して、Return キーを押します。

      設定を変更する場合、適用する前に変更を確認できます。

    ホストは入力された設定を使用して構成されます。

    プライマリホストの構成設定を次に示します:

    • Name: Oracle VDI Center の名前。名前には、英数字と空白を含めることができます。

    • Administrator Password: 組み込みの Oracle VDI MySQL サーバーデータベースと Sun Ray データストアをセキュリティー保護するために使用されるパスワード。

      通常はこのパスワードを知っておく必要はなく、自動的に生成されたパスワードが使用されます。自動的に生成されたパスワードを使用するには、Return キーを押します。それ以外の場合は、パスワードを入力でき、その場合、確認のために 2 回入力する必要があります。パスワードには 5 文字以上が含まれている必要があります。

    • DNS name of this host: ホストの完全修飾 DNS 名 (例: primary.example.com)。ホストの有効な DNS エントリを使用する必要があり、それ以外の場合は、構成が失敗します。

    • Maximum number of sessions on this host: Oracle VDI Center の 各 &produ t-short-name; ホスト で実行できるユーザーセッションの最大数。

    • User ID range start: Oracle VDI は、Oracle VDI ホストの各ユーザーセッション用にローカルユーザーを作成します。このオプションを使用すると、ユーザー ID の開始番号を指定できます。

    • Database: 組み込みの Oracle VDI MySQL サーバーデータベースを使用するのか、リモート MySQL データベースに接続するのかを選択します。リモートデータベースの使用の詳細については、「リモート MySQL データベースを使用するための要件」を参照してください。

2.3.3. セカンダリホストでの Oracle VDI の構成

次のような状況で、ホストに Oracle VDI を構成できます:

  • ソフトウェアのインストール中に、ホストで Oracle VDI ソフトウェアのインストールまたは更新を実行した直後。

  • 別のステップの実行中に、ホストで Oracle VDI ソフトウェアのインストールまたは更新を実行したあと。

  • 別のステップの実行中に、ホストで Oracle VDI の構成を解除したあと。

  1. (省略可能) 構成スクリプトを起動します。

    ソフトウェアのインストールと同時にソフトウェアを構成する場合は、このステップは不要です。

    root ユーザーで次のコマンドを実行します:

    # /opt/SUNWvda/sbin/vda-config

    構成タイプの一覧が表示されます。

    1 New Oracle VDI Center
    2 Join Oracle VDI Center
                    
    Select (1/2):
  2. Oracle VDI でホストをセカンダリホストとして構成するには、2 を入力して、Return キーを押します。

    Oracle VDI Center のプライマリホストの DNS 名を入力するように求められます。

    Enter the primary Oracle VDI Host:
  3. Oracle VDI Center のプライマリホストの完全修飾 DNS 名を入力し、Return キーを押します。

    たとえば、primary.example.com

    プライマリホストの SSL 証明書の MD5 フィンガープリントが表示され、プライマリホストの root ユーザーのパスワードを入力するように求められます。

    Retrieving certificate from primary.example.com...
    MD5 fingerprint is 7F:59:0C:92:42:FD:13:34:B5:6A:B2:6A:BA:06:C4:E7.
    
    Enter the root password for primary.example.com:
  4. MD5 フィンガープリントがプライマリホストのフィンガープリントと一致していることを確認します。

    これは、セカンダリホストが正規の Oracle VDI Center に追加されていることを確認して、セキュリティーを確保するための重要なステップです。フィンガープリントを確認するには:

    1. root ユーザーでプライマリホストにログインします。

    2. vda-center agent-status コマンドを使用して、プライマリホストの MD5 フィンガープリントを表示します。

      # /opt/SUNWvda/sbin/vda-center agent-status
      Agent is up for 0 day(s), 0:6.
      MD5 fingerprint is 7F:59:0C:92:42:FD:13:34:B5:6A:B2:6A:BA:06:C4:E7.
  5. セカンダリホストで root ユーザーのパスワードを入力し、Return キーを押します。

    セカンダリホストの DNS 名を入力するように求められます。

    Enter the DNS name of this host [secondary.example.com]:
  6. 検出されたセカンダリホストの DNS 名を受け入れるには、Return キーを押します。それ以外の場合は、セカンダリホストの完全修飾 DNS 名を入力して、Return キーを押します。

    ホストの有効な DNS エントリを使用する必要があり、それ以外の場合は、構成が失敗します。

    ホストは入力された設定を使用して構成されます。

2.3.4. ホストでの Oracle VDI の再構成

Oracle VDI Center からホストを削除する場合、またはホストの構成に問題がある場合に、Oracle VDI ホストを再構成したい場合があります。

  1. Oracle VDI の構成を解除します。

    # /opt/SUNWvda/sbin/vda-config -u
  2. Oracle VDI を再構成します。

    「プライマリホストでの Oracle VDI の構成」を参照してください。

    「セカンダリホストでの Oracle VDI の構成」を参照してください。

2.3.5. Oracle VDI の再インストール

ホストに Oracle VDI を再インストールし、かつ現在の構成を保持したい場合は、最初に次のものをバックアップする必要があります:

  • データベース: 再インストールする前に、データベースをバックアップする必要があります。これにより、現在のシステムを復元できます。Oracle VDI データベースのバックアップの詳細については、「Oracle VDI データベースのバックアップと復元」を参照してください。

  • カスタマイズされた {*}my.conf{*} ファイル: データベースの構成ファイル。再インストールすると、新しい /etc/opt/SUNWvda/my.cnf ファイルが作成されます。バックアップから新しいファイルにカスタマイズを追加します。

  • カスタマイズされた {*}pam.conf{*} ファイル: Sun Ray Server ソフトウェアのアクセス構成ファイル。再インストールすると、新しい /etc/pam.conf ファイルが作成されます。バックアップから新しいファイルにカスタマイズを追加します。

Oracle VDI を再インストールするには、最初にアンインストールする必要があります。「Oracle VDI のアンインストール」を参照してください。ソフトウェアを再インストールしたら、バックアップからデータを復元します。

2.3.6. Oracle VDI のアンインストール

  • Oracle VDI の構成を解除して、アンインストールします。

    # /opt/SUNWvda/sbin/vda-install -u