2.4. Oracle VDI のリリース 3.4 への更新

2.4.1. Oracle VDI の更新要件
2.4.2. Oracle VDI Center の更新 (単体のホスト)
2.4.3. Oracle VDI Center の更新 (高可用性)

2.4.1. Oracle VDI の更新要件

次のリリースの Oracle VDI から Oracle VDI リリース 3.4 への更新のみがサポートされています:

  • 3.3.2

  • 3.3.1

  • 3.3

その他のリリースの Oracle VDI を更新する場合は、Oracle サポートにお問い合わせください。

Oracle VDI を更新するには、特定の Oracle VDI 構成の手順に従います:

Oracle VDI の更新後は、Oracle VDI Manager にログインする前にブラウザのキャッシュをクリアすることをお勧めします。これによって更新後の表示問題を回避できます。

Sun Ray クライアントオペレーティングソフトウェア (クライアントファームウェア) の更新

Oracle VDI を更新するときには、そこに含まれている Sun Ray Software コンポーネントも更新します。更新後の Sun Ray Software コンポーネントで強化された機能を十分に活用するためには、Sun Ray クライアント上のファームウェアも更新するようにしてください。さらに、新しい Sun Ray クライアントには最新のファームウェアが含まれていない可能性もあり、更新が必要な場合もあります。

Sun Ray Software リリース 5.3 からは、Sun Ray オペレーティングソフトウェア (以前の Sun Ray クライアントファームウェア) は Sun Ray Software に含まれなくなり、My Oracle Support から別途ダウンロードする必要があります。

Sun Ray クライアント上で Sun Ray オペレーティングソフトウェアを更新する方法については、『Sun Ray Software 5.3 管理ガイド』を参照してください。

Sun Ray オペレーティングソフトウェアに関するサポート関連の質問については、My Oracle Support の ナレッジドキュメント ID 1448410.1 を参照してください。

仮想化プラットフォームの更新

Oracle VDI の更新に加えて、仮想化プラットフォームを更新しなければならない場合もあります。このリリースでサポートされるものについては次を参照してください:

2.4.2. Oracle VDI Center の更新 (単体のホスト)

始める前に:

  • ホストの Oracle VDI にログインしているユーザーがいないことを確認します。更新により、すべての Oracle VDI サービスが停止します。

  • ホストが Oracle VDI をインストールするための要件を満たしていることを確認します (「Oracle VDI のシステム要件」を参照)。

  • ホストが Oracle VDI を更新するための要件を満たしていることを確認します (「Oracle VDI の更新要件」を参照)。

  1. ホストの一時的な場所に Oracle VDI ソフトウェアのアーカイブをダウンロードします。

  2. root ユーザーでホストにログインします。

  3. Oracle VDI データベースのバックアップを作成します。

    バックアップジョブの実行中には、ほかのすべてのジョブは、停止されるかキューに保持されます。

    • CLI から vda-backup コマンドを実行します。

      # /opt/SUNWvda/sbin/vda-backup -p <path-to-directory> -o <output-file-name>

      このコマンドのすべてのオプションを表示するには、vda-backup -h を使用します。

    • Oracle VDI Manager で:

      1. 設定」 → 「VDI Center」の順に移動します。

      2. データベース」タブを選択します。

      3. VDI データベースのバックアップ」セクションで、「バックアップ」をクリックします。

  4. Oracle VDI ソフトウェアのアーカイブを解凍し、作業ディレクトリを解凍先のディレクトリに変更します。

    # unzip vda_3.4_solaris_amd64.zip
    # cd vda_3.4_solaris_amd64
  5. ホストの Oracle VDI 構成を保持します。

    # ./vda-preserve

    このステップにより Oracle VDI の構成設定が保持され、ホストのすべての Oracle VDI サービスが停止されます。

  6. ソフトウェアをインストールします。

    # ./vda-install

    既存のインストールが検出され、インストールを更新するように求められます。

    Oracle Virtual Desktop Infrastructure 3.4 Installation
    
    Found preserved data from 3.3.2.
    Do you want to update to Oracle VDI 3.4 now? ([y]/n)
  7. 更新するには、Return キーを押します。

    Oracle VDI のコンポーネントが更新されます。

    更新の最後に、Oracle VDI を構成するように要求されます。

    Do you want to configure Oracle VDI 3.4 now? ([y]/n)

    ホストを構成するには、Return キーを押します。

    あとでホストを構成するには、n を入力して Return キーを押します。ホストを構成するには、vda-config コマンドを使用します。

    ホストは、保持された構成の詳細を使用して構成されます。

2.4.3. Oracle VDI Center の更新 (高可用性)

始める前に:

  • Oracle VDI Center にログインしているユーザーがいないことを確認します。更新により、Center 内のすべての Oracle VDI サービスが停止します。

  • ホストが Oracle VDI をインストールするための要件を満たしていることを確認 (「Oracle VDI のシステム要件」を参照)。

  • ホストが Oracle VDI を更新するための要件を満たしていることを確認します (「Oracle VDI の更新要件」を参照)。

  • リモートデータベースを使用している場合は、リモートデータベースの管理者パスワードを持っていることを確認します。

  1. Oracle VDI データベースのバックアップを作成します。

    バックアップは Oracle VDI Center 内の任意のホストで作成できます。

    バックアップジョブの実行中には、Oracle VDI Center 内のほかのすべてのジョブは、停止されるかキューに保持されます。

    • CLI から vda-backup コマンドを実行します。

      # /opt/SUNWvda/sbin/vda-backup -p <path-to-directory> -o <output-file-name>

      このコマンドのすべてのオプションを表示するには、vda-backup -h を使用します。

    • Oracle VDI Manager で:

      1. 設定」 → 「VDI Center」の順に移動します。

      2. データベース」タブを選択します。

      3. VDI データベースのバックアップ」セクションで、「バックアップ」をクリックします。

  2. Oracle VDI Center 内のすべてのホストの Oracle VDI 構成を保持します。

    プライマリから開始し、そのあとにセカンダリが続きます。

    各 Oracle VDI ホストで次の手順を繰り返します。

    1. ホストの一時的な場所に Oracle VDI ソフトウェアのアーカイブをダウンロードします。

    2. root ユーザーでホストにログインします。

    3. Oracle VDI ソフトウェアのアーカイブを解凍し、作業ディレクトリを解凍先のディレクトリに変更します。

      # unzip vda_3.4_solaris_amd64.zip
      # cd vda_3.4_solaris_amd64
    4. 保持スクリプトを実行します。

      # ./vda-preserve

      このステップにより Oracle VDI の構成設定が保持され、ホストのすべての Oracle VDI サービスが停止されます。

  3. プライマリホストにソフトウェアをインストールし、構成します。

    1. ソフトウェアをインストールします。

      # ./vda-install

      既存のインストールが検出され、インストールを更新するように求められます。

      Oracle Virtual Desktop Infrastructure 3.4 Installation
              
      Found preserved data from 3.3.2.
      Do you want to update to Oracle VDI 3.4 now? ([y]/n)
    2. 更新するには、Return キーを押します。

      リモートデータベースを使用している場合、リモートデータベースの管理者パスワードが求められます。

      Oracle VDI 3.4 Installation
      Updating from Oracle VDI 3.3.2 to Oracle VDI 3.4
      
      MySQL VDA Database Update.
      Enter remote database administrator privileged user name: mydbadmin
      Enter remote database administrator privileged password:

      管理者パスワードを入力して、Return キーを押します。

      更新の最後に、Oracle VDI を構成するように要求されます。

      Do you want to configure Oracle VDI 3.4 now? ([y]/n)
    3. ホストを構成するには、Return キーを押します。

      あとでプライマリホストを構成するには、n を入力して Return キーを押します。ホストを構成するには、vda-config コマンドを使用します。これを行うには、ほかのセカンダリホストを構成するにプライマリホストを構成する必要があります。

      プライマリホストは、保持された構成の詳細を使用して構成されます。

  4. セカンダリホストにソフトウェアをインストールし、構成します。

    セカンダリホストは一度に 1 台だけ構成します。構成が完了するのを待ってから、次のセカンダリホストを追加します。

    各 Oracle VDI セカンダリホストで次の手順を繰り返します。

    1. ソフトウェアをインストールします。

      # ./vda-install

      既存のインストールが検出され、インストールを更新するように求められます。

      Oracle Virtual Desktop Infrastructure 3.4 Installation
              
      Found preserved data from 3.3.2.
      Do you want to update to Oracle VDI 3.4 now? ([y]/n)
    2. 更新するには、Return キーを押します。

      更新の最後に、Oracle VDI を構成するように要求されます。

      Do you want to configure Oracle VDI 3.4 now? ([y]/n)
    3. セカンダリホストを構成するには、Return キーを押します。

      あとでセカンダリホストを構成するには、n を入力して Return キーを押します。ホストを構成するには、vda-config コマンドを使用します。これを行うには、ほかのセカンダリホストを構成するにプライマリホストを構成する必要があります。

      ホストは、保持された構成の詳細を使用して構成されます。