第2章 Oracle VDI のインストールと Oracle VDI Center の構成

目次

2.1. Oracle VDI Center およびホストについて
2.1.1. 単体の Oracle VDI ホスト構成
2.1.2. 組み込みの MySQL サーバーデータベースを使用した高可用性構成
2.1.3. リモート MySQL データベースを使用した高可用性構成
2.2. Oracle VDI のシステム要件
2.2.1. Oracle VDI のハードウェア要件
2.2.2. Oracle VDI でサポートされているインストールプラットフォーム
2.2.3. Oracle Linux プラットフォームの要件
2.2.4. Oracle Solaris 11 プラットフォームの要件
2.2.5. Oracle Solaris 10 プラットフォームの要件
2.2.6. ユーザー要件
2.2.7. ネットワークの要件
2.2.8. 時間の同期
2.2.9. リモート MySQL データベースを使用するための要件
2.2.10. 仮想化環境での Oracle VDI Center
2.2.11. Sun Ray Software
2.2.12. Sun Ray オペレーティングソフトウェア
2.2.13. Oracle Virtual Desktop Client
2.3. Oracle VDI のインストールと構成
2.3.1. Oracle VDI のインストール
2.3.2. 新しい Oracle VDI Center の構成
2.3.3. Oracle VDI Center へのホストの追加
2.3.4. Oracle VDI Center からのホストの削除
2.3.5. Oracle VDI の再インストール
2.3.6. Oracle VDI のアンインストール
2.4. Oracle VDI のリリース 3.5 への更新
2.4.1. Oracle VDI の更新要件
2.4.2. Oracle VDI Center の更新
2.5. ファイアウォールのポートとプロトコル
2.5.1. クライアントと Oracle VDI 間のファイアウォール
2.5.2. Oracle VDI とユーザーディレクトリ間のファイアウォール
2.5.3. デスクトッププロバイダと Oracle VDI Center 間のファイアウォール
2.5.4. Oracle VDI Center 内のホスト間のファイアウォール