2.2. Oracle VDI のシステム要件

2.2.1. Oracle VDI のハードウェア要件
2.2.2. Oracle VDI でサポートされているインストールプラットフォーム
2.2.3. Oracle Linux プラットフォームの要件
2.2.4. Oracle Solaris 11 プラットフォームの要件
2.2.5. Oracle Solaris 10 プラットフォームの要件
2.2.6. ユーザー要件
2.2.7. ネットワークの要件
2.2.8. 時間の同期
2.2.9. リモート MySQL データベースを使用するための要件
2.2.10. 仮想化環境での Oracle VDI Center
2.2.11. Sun Ray Software
2.2.12. Sun Ray オペレーティングソフトウェア
2.2.13. Oracle Virtual Desktop Client

2.2.1. Oracle VDI のハードウェア要件

Oracle VDI の基本的なハードウェア要件は次のとおりです。

  • 少なくとも 4G バイト (GB) のランダムアクセスメモリー (RAM)

  • クアッドコアの x86-64 (64 ビット) 中央演算処理装置 (CPU)、仮想化サポート (Intel VT-x または AMD-V) 付き

  • 少なくとも 32G バイト (GB) の空きディスクスペース

  • 1G ビット (Gbit) のネットワークインタフェースカード (NIC)

これらの要件は、ホストが Oracle VDI 専用で使用されることが前提です。

ハードウェアのサイジングは、Oracle VDI の配備を計画する場合の非常に重要な部分です。サイジングの基本的なガイドラインの一部については、7章パフォーマンスとチューニングを参照してください。サイジングに関する詳細なサポートについては、Oracle の営業またはサポート担当者にお問い合わせください。

2.2.2. Oracle VDI でサポートされているインストールプラットフォーム

Oracle VDI でサポートされているインストールプラットフォームを次に示します。

表2.1 サポートされる Oracle VDI インストールプラットフォーム

オペレーティングシステム

サポートされているリリース

Oracle Linux (64 ビット)、x86 プラットフォーム

5.8 および 6.3

Oracle Solaris (64 ビット)、x86 プラットフォーム

Oracle Solaris 10 リリース 8/11 (update 10) 以降

Oracle Solaris 11.1 以降


Oracle Linux で認定されている Oracle 製品は Red Hat Enterprise Linux でも認定およびサポートされますが、これは、両者の間には暗黙的な互換性があるからです。Oracle は、Red Hat Enterprise Linux 製品上では追加テストを実行していません。

Oracle Linux プラットフォームで最高のパフォーマンスを得るには、Oracle による Unbreakable Enterprise Kernel を使用します。

Sun Ray Software の機能は、Oracle Linux プラットフォームと Oracle Solaris プラットフォームでは多少異なります。詳細については、『Sun Ray Software 管理ガイド』の「Oracle Solaris プラットフォームと Oracle Linux プラットフォームの機能の違い」を参照してください。

同じ Oracle VDI Center 内のすべてのホストは、同じオペレーティングシステム (Oracle Linux または Oracle Solaris) を使用する必要があります。同じ Oracle VDI Center 内では、Oracle Linux 5 ホストと Oracle Linux 6 ホスト、または Oracle Solaris 10 ホストと Oracle Solaris 11 ホストを混在させて使用することはできません。

単体の Oracle VDI ホスト構成モデルを使用する場合は、Oracle VM VirtualBox の要件も考慮する必要があります。詳細については、「単体の Oracle VDI ホスト構成」および「Oracle VM VirtualBox のシステム要件」を参照してください。

Oracle VDI でサポートされているインストールプラットフォームを仮想化できます (「仮想化環境での Oracle VDI Center」を参照)。

オペレーティングシステムのインストールの自動化またはホストのレプリケーションのためのテクノロジ (Oracle Linux プラットフォーム上の Kickstart、または Oracle Solaris プラットフォーム上の Jumpstart またはフラッシュアーカイブなど) を使用する場合は、各ホストに一意の iSCSI イニシエータ名が存在することを確認する必要があります。iSCSI イニシエータの構成方法の詳細については、システムのドキュメントを参照してください。

2.2.3. Oracle Linux プラットフォームの要件

Oracle VDI では、Oracle Linux システムがランレベル 5 (グラフィカルユーザーインタフェースを使用する完全なマルチユーザーモード) で実行されている必要があります。

Oracle Linux 5 プラットフォームの場合は、デフォルトパッケージセットが必須であり、ホストにインストールされている必要があります。

Oracle Linux 6 プラットフォームの場合は、Desktop パッケージセットが必須であり、ホストにインストールされている必要があります。

Oracle VDI では、特定のパッケージがインストールされている必要があります。Oracle VDI のインストールスクリプトによって、ソフトウェアをインストールする前にこれらのパッケージが確認されます。必須パッケージが不足している場合、インストールスクリプトは yum コマンドを使用してパッケージが使用可能かどうかを確認します。不足している必須パッケージが使用可能である場合、続行するように要求され、パッケージがダウンロードされてインストールされます。必須パッケージが使用できない場合はインストールが失敗し、インストールする必要がある必須パッケージのリストが表示されます。

ソフトウェアの自動更新ツールは、新しいリリースの Oracle Linux が使用可能になったときに、ホストがその新しいリリースに更新されるように構成できます。この方法で実行される更新では、サポートされていないリリースの Oracle Linux にホストが更新されてしまう可能性があります。Oracle VDI ホストが、サポートされたリリースの Oracle Linux の更新のみを受け取るように必ず構成してください。

Oracle VDI をホストにインストールする前に:

  1. yum が正しく構成されていることを確認します。

    パッケージの依存関係を解決し、サポートされたリリースの Oracle Linux の更新のみを受け取るようにするには、次を参照してください。

    Oracle VDI に影響するバグを修正する Oracle Linux パッチは、ULN でのみ使用可能です。

  2. yum update コマンドを使用して、ホストを最新のパッケージバージョンで更新します。

ホストがインターネットにアクセスできない場合は、ローカルソースを使用してパッケージの依存関係を解決するように yum を構成できます (「インターネットアクセスなしでパッケージの依存関係を解決する」を参照)。

ホスト上で SELinux が無効になっている必要があります。SELinux のステータスを確認する方法および SELinux を無効にする方法の詳細については、「SELinux を無効にする」を参照してください。

ホスト上でファイアウォールが無効になっている必要があります。詳細については、「ネットワークの要件」を参照してください。

2.2.3.1. 必要な Oracle Unbreakable Linux Network (ULN) のチャネルサブスクリプション

Oracle VDI をインストールする前に、必要な Oracle Unbreakable Linux Network (ULN) チャネルにホストが登録されていることを確認します。ULN については、Oracle Linux Unbreakable Linux Network に関するユーザーズガイドを参照してください。

チャネルサブスクリプションを変更した場合は、yum clean all コマンドを使用して yum のキャッシュをクリアしてから、yum repolist コマンドを使用して正しいチャネルに登録されていることを確認します。

Oracle Linux 6 プラットフォームの ULN チャネルサブスクリプション

  • 次のチャネルから登録解除します。

    チャネルラベル

    チャネル名

    ol6_x86_64_latest

    Oracle Linux 6 の最新 (x86_64)

    ol6_x86_64_UEK_latest

    Oracle Linux 6 用の最新 Unbreakable Enterprise Kernel (x86_64)

  • 次のチャネルに登録します。

    チャネルラベル

    チャネル名

    ol6_u3_x86_64_patch

    Oracle Linux 6 Update 3 パッチ (x86_64)

    ol6_u3_x86_64_base

    Oracle Linux 6 Update 3 インストールメディアコピー (x86_64)

    ol6_x86_64_UEK_base

    Oracle Linux 6 用の Unbreakable Enterprise Kernel (x86_64)

    ol6_x86_64_gdm_multiseat

    Oracle Linux 6 GDM マルチシート

Oracle Linux 5 プラットフォームの ULN チャネルサブスクリプション

  • 次のチャネルから登録解除します。

    チャネルラベル

    チャネル名

    el5_x86_64_latest

    Enterprise Linux 5 の最新 (x86_64)

    ol5_x86_64_latest

    Oracle Linux 5 の最新 (x86_64)

    ol5_x86_64_UEK_latest

    Oracle Linux 5 用の最新 Unbreakable Enterprise Kernel (x86_64)

  • 次のチャネルに登録します。

    チャネルラベル

    チャネル名

    ol5_u8_x86_64_patch

    Oracle Linux 5 Update 8 パッチ (x86_64)

    ol5_u8_x86_64_base

    Oracle Linux 5 Update 8 インストールメディアコピー (x86_64)

    ol5_x86_64_UEK_base

    Oracle Linux 5 用の Unbreakable Enterprise Kernel (x86_64)

2.2.3.2. Oracle Public Yum Server に必要なリポジトリ構成

Oracle VDI をインストールする前に、Public Yum Server に必要なリポジトリが構成されていることを確認します。Public Yum Server 上のリポジトリへのアクセスを有効にする方法の詳細は、http://public-yum.oracle.com を参照してください。Oracle Linux 6 プラットフォームの場合は、『Oracle Linux 管理者ソリューションガイドリリース 6』の「Yum」を参照してください。

Oracle Linux 6 プラットフォームの場合は、最新の yum 構成ファイル (http://public-yum.oracle.com/public-yum-ol6.repo) をダウンロードし、ホストの /etc/yum.repos.d ディレクトリにコピーする必要があります。最新の yum 構成ファイルには、必要な Oracle Linux 6 GDM マルチシートリポジトリのエントリが含まれています。

リポジトリ構成を変更した場合は、yum clean all コマンドを使用して yum のキャッシュをクリアしてから、yum repolist コマンドを使用して正しいリポジトリ構成になっていることを確認します。

Oracle Linux 6 プラットフォームのリポジトリ構成

  • 次のリポジトリを無効にします。

    リポジトリ

    名前

    [ol6_latest]

    Oracle Linux 6 の最新 (x86_64)

    [ol6_UEK_latest]

    Oracle Linux 6 用の最新 Unbreakable Enterprise Kernel (x86_64)

  • 次のリポジトリを有効にします。

    リポジトリ

    名前

    [ol6_u3_base]

    Oracle Linux 6 Update 3 インストールメディアコピー (x86_64)

    [ol6_UEK_base]

    Oracle Linux 6 用の Unbreakable Enterprise Kernel (x86_64)

    [ol6_gdm_multiseat]

    Oracle Linux 6 GDM マルチシート (x86_64)

Oracle Linux 5 プラットフォームのリポジトリ構成

  • 次のリポジトリを無効にします。

    リポジトリ

    名前

    [ol5_latest]

    Oracle Linux 5 の最新 (x86_64)

    [ol5_UEK_latest]

    Oracle Linux 5 用の最新 Unbreakable Enterprise Kernel (x86_64)

  • 次のリポジトリを有効にします。

    リポジトリ

    名前

    [ol5_u8_base]

    Oracle Linux 5 Update 8 インストールメディアコピー (x86_64)

    [ol5_UEK_base]

    Oracle Linux 5 用の Unbreakable Enterprise Kernel (x86_64)

2.2.3.3. インターネットアクセスなしでパッケージの依存関係を解決する

ホストがインターネットにアクセスできない場合は、ローカルで次のものを使用してパッケージの依存関係を解決するように yum を構成できます。

  • ローカルの yum サーバー。

  • ISO イメージから作成されたローカルの yum リポジトリ。

  • ISO イメージから作成されたローカルの yum サーバー。

ローカルの yum サーバーまたはリポジトリを構成する方法の詳細は、『Oracle Linux 管理者ソリューションガイドリリース 6』の「Yum」を参照してください。

現在のところ、Oracle Linux 6 プラットフォームの場合は ISO イメージに gdm-multiseat パッケージが含まれていないため、ISO イメージを使用してパッケージの依存関係を解決することはできません。

ISO イメージから作成されたローカルの yum サーバーまたはリポジトリを使用するように構成されたホストは、最新のパッケージやセキュリティー修正を受け取るように構成されていないため、評価インストールにのみ適しています。

2.2.3.4. SELinux を無効にする

sestatus または getenforce コマンドを使用して、SELinux の現在のステータスを確認します。SELinux のステータスが Enforcing または Permissive の場合、Oracle VDI は正常にインストールされますが、構成が失敗します。SELinux を無効にするには:

  1. /etc/selinux/config ファイルを編集して、SELINUX 設定を SELINUX=disabled に変更します。

    setenforce コマンドでは、 EnforcingPermissive の切り替えだけが可能です。

  2. 構成の変更を適用するためにホストをリブートします。

2.2.3.5. iSCSI デーモンのステータスの確認

Oracle VDI ホストでは iSCSI デーモンが実行されている必要があります。確認するには、次のコマンドを使用します:

# service iscsid status

デーモンが実行されていない場合は、次のコマンドを使用してデーモンを起動します:

# service iscsid start

Oracle Linux 6 プラットフォームでデーモンの起動に失敗する場合は、次のコマンドを試します。

# service iscsid force-start

2.2.4. Oracle Solaris 11 プラットフォームの要件

Oracle VDI では、Oracle Solaris システムがランレベル 3 (共有の NFS リソースを持つマルチユーザーレベル) で実行されている必要があります。

solaris パッケージ発行元から提供されるデフォルトの Oracle Solaris 11 パッケージが必須であり、ホストにインストールされている必要があります。

Oracle VDI では、特定のパッケージがインストールされている必要があります。Oracle VDI のインストールスクリプトによって、ソフトウェアをインストールする前にこれらのパッケージが確認されます。必須パッケージが不足している場合、インストールスクリプトは pkg コマンドを使用してパッケージが使用可能かどうかを確認します。不足している必須パッケージが使用可能である場合、続行するように要求され、パッケージがダウンロードされてインストールされます。必須パッケージが使用できない場合はインストールが失敗し、インストールする必要がある必須パッケージのリストが表示されます。Oracle VDI をインストールするには、これらの依存関係をあらかじめ解決する必要があります。

Oracle VDI をホストにインストールする前に:

  1. Oracle Solaris Image Packaging System (IPS) が Oracle Solaris 11 サポートリポジトリから更新を受け取るように構成されていることを確認します。

    詳細については、Oracle Technology Network の記事「How to Update Oracle Solaris 11 Systems From Oracle Support Repositories」を参照してください。

  2. pkg update コマンドを使用して、最新の Oracle Solaris 11 サポートリポジトリ更新 (SRU) をインストールします。

    詳細については、Oracle Technology Network の記事「More Tips for Updating Your Oracle Solaris 11 System from the Oracle Support Repository」を参照してください。

ホスト上でファイアウォールが無効になっている必要があります。詳細については、「ネットワークの要件」を参照してください。

Solaris ゾーンを使用する場合は、Oracle VDI を大域ゾーンにインストールする必要があります。非大域ゾーンへのインストールはサポートされていません。

2.2.5. Oracle Solaris 10 プラットフォームの要件

Oracle VDI では、Oracle Solaris システムがランレベル 3 (共有の NFS リソースを持つマルチユーザーレベル) で実行されている必要があります。

全体ディストリビューションソフトウェアクラスタが必須であり、ホストにインストールされている必要があります。

Oracle VDI をインストールするには、最新の推奨パッチセットがホストにインストールされている必要があります。パッチセットは My Oracle Support からダウンロードできます。

ホスト上でファイアウォールが無効になっている必要があります。詳細については、「ネットワークの要件」を参照してください。

Solaris ゾーンを使用する場合は、Oracle VDI を大域ゾーンにインストールする必要があります。非大域ゾーンへのインストールはサポートされていません。

2.2.6. ユーザー要件

Oracle VDI のインストールと構成を行うには、ホストで root ユーザーとしてコマンドを実行できる必要があります。

通常は、su - root コマンドを使用して、スーパーユーザーになるか root の役割を引き受けます。あるいは、sudo コマンドを使用してコマンドを実行することもできます。sudo コマンドを使用するには、Oracle VDI のコマンドを root ユーザーとして実行することが sudo 構成で許可されている必要があります。

2.2.7. ネットワークの要件

Oracle VDI のインストールと構成を行う前に、ホスト上でファイアウォールを無効にします。これにより、必要な構成を実行できるようになります。ファイアウォールを再度有効にするときは、開く必要がある可能性があるポートの詳細について、「ファイアウォールのポートとプロトコル」を参照してください。

Oracle VDI ホストのドメインネームシステム (DNS) エントリが必要です。ホストの DNS 正引き検索および逆引き検索が常に成功する必要があります。正引き検索と逆引き検索の間に 1 対 1 のマッピングが存在する必要があります。

必ず Oracle VDI ホストの完全指定の DNS 名を使用します。たとえば、vdi.example.com などです。

ホストには、固定ホスト名と静的 IP アドレスが必要です。ホストは DHCP クライアントになることはできません。

現在のところ、Oracle VDI は IPv6 や IP マルチパス (IPMP) をサポートしていません。

Sun Ray Software には追加のネットワーク要件があります。『Sun Ray Software 管理ガイド』の「共有ネットワーク構成を使用する」を参照してください。

2.2.8. 時間の同期

Oracle VDI ホストでは時間が同期されていることが重要です。すべてのホストの時間の同期を確実にとるには、時間情報プロトコル (NTP) ソフトウェアを使用します。ホスト間の時間差は 30 秒未満になるようにしてください。

Oracle VDI を構成するときに、そのホストに NTP が構成されているかどうかが確認されます。NTP が構成されていない場合、Oracle VDI Center に追加された最初のホスト (プライマリホスト) が自動的に NTP サーバーとして構成され、Oracle VDI Center のセカンダリホストは自動的にプライマリホストの時間と同期をとります。NTP は構成されているがホストの時間が同期されていない場合、Oracle VDI の構成時に警告が表示されます。

2.2.9. リモート MySQL データベースを使用するための要件

Oracle VDI Center のプライマリホストを構成するときに、リモート MySQL データベースを使用することを指定します。リモート MySQL データベースがすでにインストールおよび構成されている必要があります。

サポートされているリモートデータベースを次に示します:

  • MySQL サーバー (リリース 5.0 以降、InnoDB ストレージエンジンを使用)

  • MySQL Cluster (リリース 6.2.15 以降、NDB ストレージエンジンを使用)

リモートデータベースを使用するには、プライマリホストで Oracle VDI を構成する場合に次の情報を入力する必要があります。

  • MySQL ホストの DNS 名。

  • MySQL データベースの特権管理者のユーザー名とパスワード。

  • データベースへの接続に使用するポート番号、および Secure Socket Layer (SSL) を使用して接続を保護するかどうか。

特権データベース管理者は、リモート MySQL データベースに Oracle VDI データベースを作成および構成する場合のみに使用されます。Oracle VDI データベースが作成されると、データベースユーザーも作成されます。リモート Oracle VDI データベースへのすべてのアクセスは、このユーザーを使用して実行されます。デフォルトでは、リモート Oracle VDI データベースの名前は vda で、データベースユーザーの名前は vdadb です。Oracle VDI のプライマリを構成するときに、別の名前を選択したり、データベースユーザーのパスワードを使用するように選択できます。

リモートデータベースに対して SSL 接続を使用するには、Oracle VDI の構成時に指定できるように、プライマリホストへの SSL 接続に必要な証明書と鍵ファイルをコピーする必要があります。証明書と鍵は、Privacy Enhanced Mail (PEM) 形式である必要があります。リモートデータベースの SSL 構成によっては、次のものが必要になる場合があります:

  • 認証局 (CA) の証明書

  • クライアント証明書

  • クライアント証明書の非公開鍵

MySQL の SSL 構成の詳細については、MySQL リファレンスマニュアルMySQL サーバー管理に関する章を参照してください。

2.2.10. 仮想化環境での Oracle VDI Center

Oracle VDI は Oracle 仮想化環境でサポートされ、インストールできます。サポートされていない仮想環境を使用しているときに問題が発生した場合、その問題が仮想化製品に関連するものでないことを確認するために、仮想化されていないオペレーティングシステムでその問題を再現するように求められることがあります。

Oracle VDI ホストテンプレートをクローニングして Oracle VDI Center を作成する場合は、次のことに注意します。

  • 構成されていないホストだけをクローニングします。

    完全に構成された Oracle VDI ホストテンプレートはクローニングできません。テンプレート内の Oracle VDI ソフトウェアをインストールすることはできますが、クローニングされたあとのみにそのホストを構成して Oracle VDI Center に追加できます。

    構成を行わずにソフトウェアをインストールする場合は、vda-install コマンドに -i オプションを使用します。

  • 各ホストの iSCSI イニシエータのロール名は一意である必要があります。

    テンプレートをクローニングしたあとに、ホストの iSCSI イニシエータの名前が一意の名前になるように、この名前を構成しなければならない場合があります。iSCSI イニシエータの構成方法の詳細については、システムのドキュメントを参照してください。

  • 高可用性を提供するには 2 つの個別のホストが必要です。

    プライマリ Oracle VDI ホスト (マスターデータベースを持つ) および最初のセカンダリ Oracle VDI ホスト (レプリケーションデータベースを持つ) を仮想化環境にインストールできます。ただし、高可用性を提供するには、これらを個別の物理マシンにホストする必要があります。

複数の Oracle VDI Center については、「グローバル Oracle VDI Center について」を参照してください。

2.2.11. Sun Ray Software

Oracle VDI をインストールして構成すると、Oracle Sun Ray Software も自動的にインストールされ、構成されます。Sun Ray Software を個別に構成する必要はありません。

Sun Ray Software 管理ガイド』の「Oracle Solaris プラットフォームと Oracle Linux プラットフォームの機能の違い」も参照してください。

Sun Ray クライアントでの動作が確認されている周辺装置の最新リストについては、次の場所にある Sun Ray クライアントおよび Oracle Virtual Desktop Client の周辺装置リストを参照してください。

http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/sunrayproducts/docs/index.html

2.2.12. Sun Ray オペレーティングソフトウェア

すべての Sun Ray クライアントには、「Sun Ray オペレーティングソフトウェア」と呼ばれるファームウェアモジュールが含まれています。Sun Ray オペレーティングソフトウェア の更新は定期的にリリースされます。更新には、最新の Sun Ray Software Sun Ray 機能、パフォーマンスの機能拡張、およびバグ修正が含まれています。

Sun Ray クライアントを最新ファームウェアで更新するには、My Oracle Support から Sun Ray オペレーティングソフトウェア を別途ダウンロードし、Sun Ray サーバーにインストールする必要があります。新規でも既存でも、Sun Ray クライアントには最新の Sun Ray オペレーティングソフトウェア が含まれていない可能性があり、更新が必要な場合もあります。

最新の Sun Ray オペレーティングソフトウェア は次の Sun Ray 製品ダウンロードページからダウンロードできます。

http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/sunrayproducts/downloads/index.html

Sun Ray クライアントの Sun Ray オペレーティングソフトウェアを更新する方法の詳細については、『Sun Ray Software 管理ガイド』の「Sun Ray クライアントのファームウェア」を参照してください。

Sun Ray オペレーティングソフトウェアに関するサポート関連の質問については、My Oracle Support のナレッジドキュメント ID 1448410.1 を参照してください。

2.2.13. Oracle Virtual Desktop Client

Oracle Virtual Desktop Client は Sun Ray クライアントのソフトウェアバージョンです。Oracle Virtual Desktop Client アプリケーションは通常の PC またはタブレット上で実行され、デスクトップウィンドウで Sun Ray セッションを提供します。Windows、Linux、Mac OS X、iPad、および Android 上でサポートされ、インストールできます。Oracle Virtual Desktop Client は、標準的な Sun Ray クライアント機能のほとんどをサポートします。

Oracle VDI ソフトウェアには、Oracle Virtual Desktop Client 製品は含まれていません。次の Sun Ray 製品ダウンロードページから別途ダウンロードする必要があります。

http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/sunrayproducts/downloads/index.html

Oracle Virtual Desktop Client の最新リリースには最新の Sun Ray Software 機能、パフォーマンスの機能拡張、およびバグ修正が含まれているため、この最新リリースを使用するようにしてください。

Oracle Virtual Desktop Client アプリケーションの使用の詳細については、次を参照してください。