2.2 Yumの構成

yumの主要な構成ファイルは、/etc/yum.confです。yumのグローバル定義は、yum構成ファイルの[main]セクション・ヘッダー以下にあります。次の表に、重要なディレクティブをリストします。

ディレクティブ

説明

cachedir

ダウンロードしたパッケージを格納するためのディレクトリ。

debuglevel

0 (なし)から10 (すべて)までのロギング・レベル。

exactarch

1に設定すると、適切なアーキテクチャのパッケージのみが更新されます。

exclude

インストールまたは更新から除外するパッケージのスペース区切りのリスト。例: exclude=VirtualBox-4.? kernel*

gpgcheck

1に設定すると、GPG署名を確認することでパッケージの真正性を検証できます。パッケージが未署名の場合、gpgcheckを0に設定する必要がありますが、悪意のあるユーザーによってパッケージが改変されている可能性にも注意してください。

gpgkey

GPG公開鍵ファイルのパス名。

installonly_limit

インストール可能ないずれかのパッケージのバージョンの最大数。

keepcache

0に設定すると、インストール後にパッケージが削除されます。

logfile

yumログ・ファイルのパス名。

obsoletes

1に設定すると、アップグレード中に古いパッケージが置換されます。

plugins

1に設定すると、yumの機能を拡張するプラグインが有効になります。

proxy

ポート番号を含むプロキシ・サーバーのURL。2.2.1項「プロキシ・サーバーの使用の構成」を参照してください。

proxy_password

プロキシ・サーバーでの認証パスワード。

proxy_username

プロキシ・サーバーでの認証ユーザー名。

reposdir

yum.repo拡張子付きのリポジトリ・ファイルを検索するディレクトリ。デフォルト・ディレクトリは/etc/yum.repos.dです。

詳細は、yum.conf(5)マニュアル・ページを参照してください。

次のリストに、yum構成ファイルの[main]セクションの例を示します。

[main]
cachedir=/var/cache/yum
keepcache=0
debuglevel=2
logfile=/var/log/yum.log
exactarch=1
obsoletes=1
gpgkey=file://media/RPM-GPG-KEY
gpgcheck=1
pligins=1
installonly_limit=3

リポジトリは、/etc/yum.confの[main]セクション以下で、または個別のリポジトリ構成ファイルで定義できます。reposdirディレクティブを使用して代替ディレクトリを定義していなければ、yumは、デフォルトで/etc/yum.repos.dディレクトリにリポジトリ構成ファイルが存在するものと想定します。