プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Database新機能ガイド
12cリリース1 (12.1)
B71327-06
  目次へ移動
目次

前
 
 

3 Oracle Database 12cリリース1 (12.1)のマニュアル

この章では、オンラインで提供されているOracle® Database 12cリリース1 (12.1)のドキュメント・リストを示します。

3.1 マニュアルのタイトルとオンライン・マニュアルの構造

すべてのマニュアルが電子形式で利用できます。

使用可能なマニュアルのカテゴリは、次のとおりです。

3.1.1 Data Miningのマニュアル

表3-1 Data Miningのマニュアル

マニュアル 部品番号 説明

『Oracle Data Mining概要』


E17692

Oracle Data Miningの基本概念について説明します。Oracle Data Miningの機能の概要と、マイニングのファンクションおよびアルゴリズムに関する情報が含まれます。

『Oracle Data Miningユーザーズ・ガイド』


E53115

Oracle Data MiningのSQLインタフェースを使用して、モデルを作成し、データを記録する方法について説明します。このガイドでは、Oracle Data Miningのセキュリティ、インポート/エクスポートおよびアップグレードなどの管理の問題についても説明します。


3.1.2 Gatewayのマニュアル

表3-2 Gatewayのマニュアル

マニュアル 部品番号 説明

『Oracle Database Gateway インストレーションおよび構成ガイド for Microsoft Windows』


E17926

Microsoft Windows (32ビット)およびMicrosoft Windows (64ビット)プラットフォームでSybase、Informix、Teradata、SQL Server、ODBCおよびDRDAに対してOracle Database Gatewayをインストールする方法について説明します。

『Oracle Database Gatewayインストレーションおよび構成ガイド for IBM AIX on POWER Systems (64-Bit), Linux x86-64, Oracle Solaris on SPARC (64-Bit), and Oracle Solaris on x86-64 (64-Bit), and HP-UX Itanium』


E17927

UNIXベース・プラットフォームでSybase、Informix、Teradata、SQL Server、ODBCおよびDRDAに対してOracle Database Gatewayをインストールおよび構成する方法について説明します。

『Oracle Database Gateway for APPCインストレーションおよび構成ガイド for Microsoft Windows』


E17928

OracleアプリケーションからIBMメインフレームのデータやサービスに、リモート・プロシージャ・コール(RPC)処理を介してシームレスにアクセスすることができます。

『Oracle Database Gateway for APPCインストレーションおよび構成ガイド for IBM AIX on POWER Systems (64-Bit), Linux x86-64, Oracle Solaris on SPARC (64-Bit), and HP-UX Itanium』


E17929

OracleアプリケーションからIBMメインフレームのデータやサービスに、リモート・プロシージャ・コール(RPC)処理を介してシームレスにアクセスすることができます。

Oracle Database Gateway for WebSphere MQインストレーションおよびユーザーズ・ガイド


E17930

WebSphere MQサービスにアクセスできます。このゲートウェイでは、64ビット・アプリケーションを実行できるシステムが必要です。

『Oracle Database Gateway for APPCユーザーズ・ガイド』


E17931

Oracleアプリケーションから実質的にすべてのAPPC対応システム(IBMメインフレームのデータやサービスも含む)に、リモート・プロシージャ・コール(RPC)処理を介してシームレスにアクセスすることができます。

Oracle Database Gateway for Sybaseユーザーズ・ガイド


E17932

Oracle Database Gateway for Sybaseについて説明します。Oracle Database Gateway for Sybaseにより、Oracleクライアント・アプリケーションでStructured Query Language(SQL)を使用してSybaseデータにアクセスできます。

Oracle Database Gateway for Informixユーザーズ・ガイド


E17933

Oracle Database Gateway for Informixについて説明します。Oracle Database Gateway for Informixにより、Oracleクライアント・アプリケーションでStructured Query Language(SQL)を使用してInformixデータにアクセスできます。

Oracle Database Gateway for Teradataユーザーズ・ガイド


E17934

Oracle Database Gateway for Teradataについて説明します。Oracle Database Gateway for Teradataにより、Oracleクライアント・アプリケーションでStructured Query Language(SQL)を使用してTeradataデータにアクセスできます。

Oracle Database Gateway for SQL Serverユーザーズ・ガイド


E17935

Oracle Database Gateway for SQL Serverについて説明します。Oracle Database Gateway for SQL Serverにより、Oracleクライアント・アプリケーションでStructured Query Language(SQL)を使用してSQL Serverデータにアクセスできます。

Oracle Database Gateway for ODBCユーザーズ・ガイド


E17936

Oracle Database Gateway for ODBCについて説明します。Oracle Database Gateway for ODBCにより、Oracleクライアント・アプリケーションでStructured Query Language(SQL)を使用してOracle以外のシステムのデータにアクセスできます。

Oracle Database Gateway for DRDAユーザーズ・ガイド


E17937

ユーザーは、DB2に透過的にアクセスできます。


3.1.3 インストールのマニュアル

表3-3 インストールのマニュアル

マニュアル 部品番号 説明

Oracle Database SQL翻訳および移行ガイド


E22508

DB2、MySQL、SybaseなどのOracle以外のデータベースからOracle Databaseへ・アプリケーションの移行に関連するすべてのアクティビティにおけるインストール、構成および管理タスクについて説明します。

『Oracle Databaseインストレーション・ガイド for Linux』


E41491

Linuxでスタンドアロン・サーバーのOracle DatabaseおよびOracle Grid Infrastructureのインストールおよび構成を行う、ネットワーク管理者およびシステム管理者向けの構成情報と、データベース管理者(DBA)向けのデータベース・インストール情報を提供します。

『Oracle Database Migration Assistant for Unicodeガイド』


E48475

Oracle Database Migration Assistant for Unicodeについて紹介し、データベース・キャラクタ・セットの移行プロセスについて説明し、現在のUnicodeデータベースにはキャラクタ・セット・データの問題がないことを検証します。

『Oracle Grid Infrastructureインストレーション・ガイド for Linux』


E48914

Linuxを実行しているシステムで、Oracle ClusterwareおよびOracle Automatic Storage Management (Oracle ASM)などのクラスタ・ソフトウェアのGrid Infrastructureをインストールする方法について説明します。

『Oracle Database Clientインストレーション・ガイド for Microsoft Windows』


E49462

WindowsでのOracle Database Clientのインストールおよび構成方法について説明します。

『Oracle Databaseインストレーション・ガイド for Oracle Solaris』


E50818

Oracle Solarisでスタンドアロン・サーバーのOracle DatabaseおよびOracle Grid Infrastructureのインストールおよび構成を行う、ネットワーク管理者およびシステム管理者向けの構成情報と、データベース管理者(DBA)向けのデータベース・インストール情報を提供します。

Oracle Grid Infrastructureインストレーション・ガイドfor Oracle Solaris


E51120

Oracle Solarisを実行しているシステムで、Oracle ClusterwareおよびOracle Automatic Storage Management(Oracle ASM)などのクラスタ・ソフトウェアのOracle Grid Infrastructureをインストールする方法について説明します。

『Oracle Databaseクイック・インストレーション・ガイドfor Linux x86-64』


E54543

Linux x86-64システムにOracle Databaseを簡単にインストールする方法について説明します。

『Oracle Database Clientインストレーション・ガイドfor Linux』


E55097

LinuxでのOracle Database Clientのインストールおよび構成方法について説明します。

『Oracle Database Clientクイック・インストレーション・ガイドfor Linux x86-64』


E55098

Linux x86-64システムにOracle Database Clientを簡単にインストールする方法について説明します。

『Oracle Database Clientインストレーション・ガイド for Oracle Solaris』


E55099

Oracle SolarisでのOracle Database Clientのインストールおよび構成方法について説明します。

『Oracle Databaseクイック・インストレーション・ガイド for Oracle Solaris on SPARC(64-Bit)』


E55100

Oracle Solaris on SPARC (64-Bit)にOracle Databaseを簡単にインストールする方法について説明します。

『Oracle Database Clientクイック・インストレーション・ガイド for Oracle Solaris on SPARC(64-Bit)』


E55101

Oracle Solaris on SPARC (64-Bit)にOracle Database Clientを簡単にインストールする方法について説明します。

『Oracle Databaseクイック・インストレーション・ガイド for Oracle Solaris on x86-64(64-Bit)』


E55102

Oracle Solaris on x86-64 (64-Bit)にOracle Databaseを簡単にインストールする方法について説明します。

『Oracle Database Clientクイック・インストレーション・ガイド for Oracle Solaris on x86-64(64-Bit)』


E55103

Oracle Solaris on x86-64 (64-Bit)にOracle Databaseを簡単にインストールする方法について説明します。

『Oracle Database Examplesインストレーション・ガイド』


E55464

Oracle Database Examplesメディアで使用可能な製品のインストール方法および構成方法を説明します。

『Oracle Database Clientクイック・インストレーション・ガイド for IBM AIX on POWER Systems(64-Bit)』


E56114

IBM AIX on POWER Systems (64-Bit)にOracle Database Clientを簡単にインストールする方法について説明します。

『Oracle Database Clientインストレーション・ガイド for IBM AIX on POWER Systems(64-Bit)』


E56492

IBM AIX on POWER Systems (64-Bit)でのOracle Database Clientのインストールおよび構成方法について説明します。

『Oracle Databaseクイック・インストレーション・ガイド for Microsoft Windows x64(64-Bit)』


E56576

Windows x64システムにOracle Databaseを簡単にインストールする方法について説明します。

『Oracle Database Clientクイック・インストレーション・ガイド for Microsoft Windows x64(64-Bit)』


E56585

Windows x64システムにOracle Database Clientを簡単にインストールする方法について説明します。

『Oracle Databaseクイック・インストレーション・ガイド for IBM AIX on POWER Systems(64-Bit)』


E56891

IBM AIX on POWER Systems (64-Bit)にOracle Databaseを簡単にインストールする方法について説明します。

『Oracle Database Clientインストレーション・ガイドfor HP-UX Itanium』


E56892

HP-UXシステムでスタンドアロン・サーバーのOracle DatabaseおよびOracle Grid Infrastructureのインストールおよび構成を行う、ネットワーク管理者およびシステム管理者向けの構成情報と、データベース管理者(DBA)向けのデータベース・インストール情報を提供します。

『Oracle Databaseクイック・インストレーション・ガイド for HP-UX Itanium』


E56893

HP-UX ItaniumシステムにOracle Databaseを簡単にインストールする方法について説明します。

『Oracle Database Clientクイック・インストレーション・ガイドfor HP-UX Itanium』


E56894

HP-UX ItaniumにOracle Database Clientを簡単にインストールする方法について説明します。

『Oracle Databaseクイック・インストレーション・ガイドfor IBM: Linux on System z』


E56895

Z/LinuxシステムにOracle Databaseを簡単にインストールする方法について説明します。

『Oracle Database Clientクイック・インストレーション・ガイドfor IBM: Linux on System z』


E56896

Z/LinuxシステムにOracle Database Clientを簡単にインストールする方法について説明します。

『Oracle Database Clientクイック・インストレーション・ガイド for Microsoft Windows(32-Bit)』


E56927

Windows 32-bitシステムにOracle Database Clientを簡単にインストールする方法について説明します。


3.1.4 Java開発のマニュアル

表3-4 Java開発のマニュアル

マニュアル 部品番号 説明

『Oracle Database Advanced Queuing Java APIリファレンス』


E15980

Oracleのメッセージ・システムであるアドバンスト・キューイングを使用したアプリケーション開発および統合のJava APIを説明します。

『Oracle Database XML Java APIリファレンス』


E15981

XMLのJava APIについて説明します。

Oracle Universal Connection Pool for JDBC Java APIリファレンス


E17662

JDBCのUniversal Connection PoolのJava APIリファレンスを提供します。

Oracle Database JDBC Java APIリファレンス


E17663

Java Database ConnectivityのJava APIリファレンスを提供します。

Oracle Database RAC FAN Events Java APIリファレンス


E17664

Oracle Fast Application Notification(FAN)イベントに簡単にアクセスできます。

Oracle Database XStream Java APIリファレンス


E17774

XStreamのJava APIを説明します。

『Oracle Database 2日でJava開発者ガイド』


E17944

Javaを使用したOracle Databaseのデータのアクセスおよび変更について説明します。

Oracle Globalization Development Kit Java APIリファレンス


E37513

Oracle Globalization Development KitのAPIを説明します。

『Oracle Database JDBC開発者ガイド』


E49300

Oracle JDBCドライバを使用して強力なJavaデータベース・アプリケーションを開発する方法を説明します。

『Oracle Universal Connection Pool for JDBC開発者ガイド』


E49541

Oracle Universal Connection PoolのAPI使用の指示を提供します。APIはJDBCドライバ・アグノスティックです。

『Oracle Database Java開発者ガイド』


E50793

Oracle DatabaseでのJavaアプリケーションの開発、ロードおよび実行方法について説明します。


3.1.5 Linux x86のマニュアル

表3-5 Linux x86のマニュアル

マニュアル 部品番号 説明

Oracle Database Provider for DRDAユーザーズ・ガイドfor Linux x86-64


E55482

DB2に基づくアプリケーションに多大に投資した顧客がアプリケーションの大半を変更せずにOracle Databaseに移行する方法について説明します。


3.1.6 Microsoft Windowsのマニュアル

表3-6 Microsoft Windowsのマニュアル

マニュアル 部品番号 説明

『Oracle Databaseプラットフォーム・ガイドfor Microsoft Windows』


E10714

WindowsプラットフォームでOracle Databaseソフトウェアを構成および使用するためのプラットフォーム固有の情報について説明します。扱うトピックは、アーキテクチャ、サービス、ツール、構成、管理、チューニング、バックアップ、アカウント、パスワード、ユーザー認証、レジストリ・パラメータおよびアプリケーション開発です。

『Oracle Data Provider for .NET開発者ガイド』(Microsoft Windows用)


E17732

ODP.NETのプロバイダ固有の機能およびプロパティについて説明します。Oracle Data Provider for .NETは、MicrosoftのADO.NETインタフェースの実装で、Oracleデータベースにアクセスできます。

『Oracle Providers for ASP.NET 開発者ガイド for Microsoft Windows』


E17733

これらのプロバイダをASP.NETサービスおよびコントロールで使用するための導入、インストール、インストール後の構成および使用方法について説明します。

『Oracle Services for Microsoft Transaction Server開発者ガイド』


E18595

Oracleデータベースを分散トランザクションでのリソース・マネージャとして使用できるようにするOracle Services for Microsoft Transaction Serverについて説明します。Microsoft Distributed Transaction Coordinator環境でのその使用方法および構成について説明します。

『Oracle Database Extensions for .NET開発者ガイドfor Microsoft Windows』


E18596

Oracle Database for Microsoft Windowsで.NETストアド・プロシージャまたはファンクションを作成し実行できるようにする、Oracle Database Extensions for .NETの導入、インストール、インストール後の構成および使用方法について説明します。


3.1.7 Oracle® Multimedia 12cのマニュアル

表3-7 Oracle® Multimediaのマニュアル

マニュアル 部品番号 説明

Oracle Multimediaリファレンス


E17696

Oracle Databaseを使用した、イメージ、オーディオ、ビデオ、DICOMフォーマットの医学イメージおよびその他のオブジェクト、または他の異機種間メディア・データを他のエンタープライズ情報と統合した形式での格納、管理および取得について、参照情報を提供します。Oracle Multimediaによって、Oracle Databaseの信頼性、可用性が向上します。また、マルチメディア・コンテンツのデータ管理機能が、インターネット・アプリケーション、電子商取引アプリケーション、医療アプリケーション、金融アプリケーションおよび様々なメディアを利用するアプリケーションにまで拡大します。

『Oracle Multimediaユーザーズ・ガイド』


E17697

イメージ、オーディオ、ビデオ、DICOMフォーマットの医学イメージおよびその他のオブジェクト、または他の異機種間メディア・データを他のエンタープライズ情報と統合した形式で格納、管理および取得するためのOracle Databaseの使用について、情報を提供します。Oracle Multimediaによって、Oracle Databaseの信頼性、可用性が向上します。また、マルチメディア・コンテンツのデータ管理機能が、従来のアプリケーション、インターネット・アプリケーション、電子商取引アプリケーション、医療アプリケーション、金融アプリケーションおよび様々なメディアを利用するアプリケーションにまで拡大します。

Oracle Multimedia DICOM開発者ガイド


E17698

シングルフレームおよびマルチフレームのイメージ、波形図、3D断面図、ビデオ・セグメント、構造化レポートなどのDICOMコンテンツを他のエンタープライズ情報と統合した形式で格納、管理および取得するためのOracle Databaseの使用について、参照およびその他の情報を提供します。Oracle Multimedia DICOMによって、Oracle Databaseの信頼性、可用性が向上します。また、メディア・オブジェクトのデータ管理が医療アプリケーションにまで拡大します。Oracle Multimedia DICOMでは、医療用イメージの標準であるDigital Imaging and Communications in Medicineがサポートされます。

Oracle Multimedia Java APIリファレンス


E17699

Oracle Database内のマルチメディア・コンテンツを管理するためのOracle Multimediaオブジェクトを使用したJavaアプリケーション作成について、参照情報を提供します。

Oracle Multimedia DICOM Java APIリファレンス


E17700

Oracle Database内でDigital Imaging and Communications in Medicine(DICOM)データを格納するために設計されたOracle Multimediaオブジェクトを使用したJavaアプリケーションの作成について、参照情報を提供します。

Oracle Multimedia Mid-Tier Java APIリファレンス


E17701

データベース外(クライアントまたは中間層のいずれか)にあるDigital Imaging and Communications in Medicine(DICOM)メタデータを抽出するためのOracle Multimediaを使用したJavaアプリケーションの作成について、参照情報を提供します。

Oracle Multimedia Servlets and JSP Java APIリファレンス


E28184

Oracle Databaseに対してマルチメディア・データを取得およびアップロードするためのJavaサーブレットおよびJavaServer Pages(JSP)を使用したJavaアプリケーションの作成について、参照情報を提供します。


3.1.8 OLAPのマニュアル

表3-8 OLAPのマニュアル

マニュアル 部品番号 説明

『Oracle OLAP DMLリファレンス』


E17673

アナリティック・ワークスペース・オブジェクトの定義と操作に使用するOLAPデータ操作言語(OLAP DML)の完全な説明が含まれています。

Oracle OLAP Java API開発者ガイド


E17707

Oracle OLAP Java APIを使用したクライアント・アプリケーションの開発に関する情報を提供します。

『Oracle OLAP Java APIリファレンス』


E17708

Oracle OLAP Java APIの参照情報を提供します。

Oracle OLAP Analytic Workspace Managerのカスタマイズ


E17709

Analytic Workspace Manager XMLおよびJavaプラグイン・インタフェースについて説明し、それらの実装の簡単な例を示します。

Oracle OLAP式構文のリファレンス


E23382

キューブやキューブ・ディメンションなど、ディメンショナル・データベースに保存されているデータから情報豊富なコンテンツの生成に使用されるOracle OLAP式構文について説明します。

『Oracle OLAPユーザーズ・ガイド』


E53237

Oracle DatabaseのOLAPオプションを使用した、SQLアプリケーションでの分析処理機能の拡張およびサマリー・データの管理方法について説明します。


3.1.9 リリース・ノート

表3-9 リリース・ノート

マニュアル 部品番号 説明

『Pro*COBOLリリース・ノート』


E18407

『Pro*COBOLプログラマーズ・ガイド』には記載されていない重要な情報が含まれています。

『Pro*C/C++リリース・ノート』


E18409

『Pro*C/C++プログラマーズ・ガイド』には記載されていない重要な情報が含まれています。

『Oracle Databaseリリース・ノート』


E51263

Linux用のOracle Databaseマニュアルには記載されていない重要な情報が含まれています。

『Oracle Database Migration Assistant for Unicodeリリース・ノート』


E51606

Oracle Database Migration Assistant for Unicodeの最新情報が含まれています。

『Oracle Databaseリリース・ノート for Oracle Solaris』


E51863

Solaris用のOracle Databaseマニュアルには記載されていない重要な情報が含まれています。

『Oracle Database ODBCドライバ・リリース・ノート』


E53668

新機能、機能、サポートされているプラットフォーム、必要なソフトウェア、サーバー要件、必要なハードウェア、テスト・マトリックス、UNIXプラットフォームの認証マトリックス、インストール後、既知の問題、および修正されたソフトウェアの問題について説明します。


3.1.10 サーバーのマニュアル

表3-10 サーバーのマニュアル

マニュアル 部品番号 説明

管理、概要およびリファレンス

『Oracle Database管理者リファレンス for Linux and UNIX-Based Operating Systems』


E10638

LinuxおよびUNIXベースのオペレーティング・システムでOracle Databaseを構成および管理する方法について説明します。

Oracle Database XML C APIリファレンス


E15885

Cプログラミング言語に対応するOracle XML Developer's Kit (XDK)およびOracle XML DB APIについて説明します。主に、これらのAPIに関連する関数、メソッドおよびプロシージャの構文を示します。

Oracle Database XML C++ APIリファレンス


E15977

C++プログラミング言語に対応するOracle XML Developer's Kit (XDK)およびOracle XML DB APIについて説明します。このマニュアルは、主にこれらのAPIに関連する関数、メソッドおよびプロシージャの構文を示します。

『Oracle Databaseサンプル・スキーマ』


E15979

Oracle Databaseで使用でき、Oracleのドキュメントおよびカリキュラムの例で使用されるサンプルのデータベース・スキーマについて説明します。

『Oracle Database Heterogeneous Connectivityユーザーズ・ガイド』


E17907

異機種間環境での情報統合に対するOracleのアプローチについて説明します。Oracle Database Gatewaysについて説明し、これらのOracle製品に対するユーザー・ガイドです。

『Oracle Databaseアドバンスト・キューイング・ユーザーズ・ガイド』


E17945

Oracle Database Advanced Queuing (AQ)を使用したアプリケーションの開発および統合について説明します。この情報は、特に指定されないかぎり、すべてのプラットフォームで実行するOracle Databaseサーバーの各バージョンに適用されます。

SQL*Plusリリース・ノート


E18402

『SQL*Plusユーザーズ・ガイドおよびリファレンス』に含まれていない重要な情報が含まれます。

『SQL*Plusクイック・リファレンス』


E18403

SQL*Plusコマンドの構文の完全なリストを含みます。

『SQL*Plusユーザーズ・ガイドおよびリファレンス』


E18404

Oracle DatabaseのSQL*Plusコマンドライン・インタフェースの詳細、SQL*Plusのコマンドおよび構文の完全なリファレンスを含みます。

『Oracle Database Global Data Services概要および管理ガイド』


E22100

共有サービスを提供する一連のレプリケート・データベースに動的ロード・バランシング、フェイルオーバーおよびサービスの集中管理について説明します。一連のデータベースには、Oracle Real Application Clusters (Oracle RAC)、およびOracle Data Guardまたはその他のレプリケーション・テクノロジで相互接続された、非クラスタ化Oracle Databaseが含まれます。

『Oracle Database高可用性ベスト・プラクティス』


E40019

Oracle Databaseシステムおよびネットワーク・コンポーネントの構成およびメンテナンスの高可用性ベスト・プラクティスついて説明します。

『Oracle Database VLDBおよびパーティショニング・ガイド』


E41057

VLDB計画の重要な要素であるパーティション化とパラレル実行を中心に、大規模データベース(VLDB)の概要を説明します。

『Oracle Automatic Storage Management管理者ガイド』


E41058

Oracle DatabaseでOracle Automatic Storage Management (Oracle ASM)を管理する方法について説明します。

『Oracle Database SQL言語リファレンス』


E41329

Oracle Database内の情報を管理するために使用される言語であるOracle SQLの完全な説明が記載されています。

『Oracle Database概要』


E41396

Oracle Databaseのアーキテクチャについて説明し、データベース管理者および開発者にとって必須のトピックを扱います。

『Oracle Databaseアップグレード・ガイド』


E41397

Oracle Databaseのアップグレードの計画と実行のプロセスについて説明します。また、このマニュアルでは、互換性、アプリケーションのアップグレード、およびOracle Databaseのアップグレードに影響する新リリースの変更箇所に関する情報も提供します。

『Oracle Database管理者ガイド』


E41484

Oracleデータベースを作成、構成および管理する方法について説明します。Oracle Scheduler、Oracle Database Resource Manager、Oracle Restart、プラガブル・データベースおよび分散コンピューティングに関する項目があります。

『Oracle Databaseリファレンス』


E41527

Oracleデータベースの一部であるデータベース初期化パラメータ、静的データ・ディクショナリ・ビューおよび動的パフォーマンス・ビューに関する参照情報を提供します。

『Oracle Databaseユーティリティ』


E41528

Oracle Databaseのユーティリティを使用したデータベースへのデータのロード、データベース間のデータ転送およびデータ・メンテンナンスの方法を説明します。データ・ポンプ・エクスポート、データ・ポンプ・インポート、SQL*Loader、外部表および関連アクセス・ドライバ、自動診断リポジトリ・コマンド・インタプリタ(ADRCI)、DBVERIFY、DBNEWID、LogMiner、メタデータAPI、オリジナル・エクスポートおよびオリジナル・インポートなどのトピックを扱います。

『Oracle Databaseグローバリゼーション・サポート・ガイド』


E41669

データベースに対するOracleのグローバリゼーション・サポートを説明します。グローバリゼーション・サポート環境のセットアップ方法、キャラクタ・セットの選択と移行の方法、ロケール・データのカスタマイズ方法、言語ソートの実行方法、グローバル環境でのプログラミング方法、およびUnicodeによるプログラミング方法を説明します。

『Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス』


E41829

Oracle Databaseサーバーに組み込まれているPL/SQLパッケージについて説明します。これらによって、データベースの機能が拡張され、PL/SQLでSQL機能を利用できるようになります。

『Oracle Database Quality of Service Managementユーザーズ・ガイド』


E49047

Oracle Database Quality of Service Management(Oracle Database QoS Management)の概念と、Oracle Database QoS Managementの構成、管理およびトラブルシューティング方法について説明します。

Oracle Databaseパフォーマンス・チューニング・ガイド


E49058

Oracleパフォーマンス・ツールを使用してOracle Databaseのパフォーマンスをチューニングする方法について説明します。

『Oracle Database高可用性概要』


E49097

可用性の高い環境をデプロイするOracle MAAソリューションを紹介します。可用性要件の特定を支援し、ビジネスの高可用性の実現に役立つデータベース・アーキテクチャについて説明します。

『Oracle Database Vault管理者ガイド』


E49109

ユーザーが管理ユーザーのアクセスを制限および監視できるOracle Database Vaultを使用するために、Oracle Databaseを構成する方法を説明します。

『Oracle Database SQL言語クイック・リファレンス』


E49206

Oracle Databaseの情報を管理するために使用されるSQL構文の詳細を示します。

『Oracle Databaseライセンス情報』


E49208

Oracle Databaseのライセンス情報です。必要なライセンスに関する質問は、オラクル社営業担当に問い合せるか、「関連ドキュメント」のリソース・リストで詳細を参照してください。

『Oracle Databaseプラットフォーム共通日本語README』


E49321

Oracle Database 12cリリース1 (12.1)のドキュメント・ライブラリに含まれていない最新の重要な機能および変更事項を説明します

『Oracle Database新機能ガイド』


E49322

このマニュアルは、以前のリリースのOracle Databaseをよく理解していて、今回のリリースの新機能、新規オプションおよび新規拡張機能を知る必要のあるユーザーを対象としています。

Oracle Databaseエラー・メッセージ・リファレンス


E49325

Oracle Databaseに含まれる製品を使用する際に表示されるエラー・メッセージの説明です。

『Oracle Database JPublisherユーザーズ・ガイド』


E49873

JPublisherユーティリティについて説明します。JavaアプリケーションのクラスをSQLまたはPL/SQLのエンティティまたはサーバー・サイドJavaクラスに対応付ける必要のあるJavaプログラマ向けのマニュアルです。

『Oracle Database PL/SQL言語リファレンス』


E50727

OracleのSQLプロシージャ拡張機能であり、第四世代のプログラミング言語であるPL/SQLを提示します。PL/SQLの背景となる概念を説明し、言語のすべての面を明らかにします。

『Oracle Database 2日でデータベース管理者』


E51671

Oracle Enterprise Manager Database Expressのグラフィカル・ユーザー・インタフェースを使用して、中小規模の環境におけるOracle Databaseを管理するための情報を1冊で提供します。コンピュータはよく理解していてもOracle Databaseの管理についてはあまり詳しくないユーザーで、使用するコンピュータのCPUが4つ以下でかつサポート・ユーザー数が500人以下と予想される場合は、このマニュアルが役立ちます。

『Oracle Databaseテスト・ガイド』


E55028

Oracle Real Application Testing、データ・マスキングおよびデータ・サブセッティングを使用して、データベース変更の整合性を保証し、テスト・データを管理する方法について説明します。

『Oracle Database 2日でパフォーマンス・チューニング・ガイド』


E55047

Oracle Diagnostics Pack、Oracle Tuning PackおよびOracle Enterprise Manager Cloud Controlの機能を使用して、日々のデータベース・パフォーマンス・チューニング・タスクを実行する方法について説明します。

アプリケーションの開発

『Oracle Databaseデータ・カートリッジ開発者ガイド』


E15882

カスタム索引付けおよび問合せ最適化サービスの実装方法を説明し、それらをデータ・カートリッジと呼ばれるサーバー拡張機能としてパッケージ化し使用する方法を示します。

『Oracle Database SecureFilesおよびラージ・オブジェクト開発者ガイド』


E17605

アプリケーション開発で使用する、SecureFileや、BLOB、CLOB、NCLOBおよびBFILEの各ラージ・オブジェクト・データ型の使用方法について説明します。サポートされるプログラム環境でLOBを扱うためのAPIを示します。データベース・ファイル・システムおよびOracle Database File System Hierarchical Storeパッケージについて説明します。

『Oracle Database SQLJ開発者ガイド』


E17660

開発者にSQLJプログラミングに関するガイダンスを提供します。このマニュアルは、SQLJプログラミングに関心のあるすべての読者を対象にしていますが、Java、SQLJ、PL/SQLおよびOracleデータベースに関するいくらかの予備知識があることを前提にしています。

『Oracle Database 2日でPHP開発者ガイド』


E18554

データベース言語のSQLおよびPL/SQLを使用して、Oracleデータにアクセスして操作を行うPHPスクリプトの開発方法に関するチュートリアルを示します。

『Oracle SQL Developerユーザーズ・ガイド』


E35117

Oracle SQL Developer (データベース・オブジェクトの参照、作成、編集および削除と、SQL文およびスクリプトの実行、PL/SQLコードの編集およびデバッグ、データの操作およびエクスポート、Oracleへのサード・パーティ・データベースの移行、サード・パーティ・データベースでのメタデータおよびデータの表示、レポートの表示および作成が可能なグラフィカル・ツール)の概要と使用方法について説明します。注意: このマニュアルは、SQL Developerの旧リリース用です。使用可能な最新のリリースを使用することをお薦めします。ダウンロードおよびドキュメントの詳細は、http://www.oracle.com/technetwork/developer-tools/sql-developer/を参照してください。

『Oracle XML DB開発者ガイド』


E41152

このマニュアルでは、Oracle XML DBについて説明します。Oracle Database内のXMLデータの格納、生成、アクセス、検索、検証、変換、拡張および索引付けに関するガイドラインと例が記載されています。

『Oracle Database開発ガイド』


E41452

データベースおよびデータベース・アプリケーションの開発者(すべての経験レベル)のために使用方法を説明します。

『Oracle Database SQLチューニング・ガイド』


E49106

SQLチューニングを行う方法を説明します。SQLチューニングは、計測することができる達成可能な具体的目標値までSQL文のパフォーマンスを上げるための反復プロセスです。

『Oracle Database Workspace Manager開発者ガイド』


E49170

Oracle Workspace Managerの使用方法および参照情報を示します。Oracle Workspace Managerにより、アプリケーションでワークスペースを作成し、異なるバージョンの表の行の値を異なるワークスペースにグループ化することができます。

『Oracle Database 2日で開発者ガイド』


E53088

Oracle Databaseでの開発の背後にある一般概念を説明し、SQLおよびPL/SQLの基本機能を紹介して、Oracle Databaseライブラリにある詳細な情報への参照を提供し、簡単なアプリケーションの作成方法を示します。

『Oracle Databaseオブジェクト・リレーショナル開発者ガイド』


E53277

Oracle Databaseのオブジェクトリレーショナル機能を使用する方法について説明します。

『Oracle XML Developer's Kitプログラマーズ・ガイド』


E54405

Oracle XML Developer's Kit(XDK)のコンポーネントを使用してXMLデータの生成およびデータベースまたはデータベースの外部にあるドキュメントへのXMLデータの保存を行う必要のあるアプリケーション開発者のための情報を提供します。

Application Express

Oracle Application Expressリリース・ノート


E17957

Oracle Application Expressのマニュアルには記載されていない重要な情報が含まれています。

『Oracle Application Expressインストレーション・ガイド』


E17958

Oracle Application Expressのインストールの概要を示し、インストール前に考慮する問題について説明します。

『Oracle Database 2日でApplication Express開発者ガイド』


E17960

Oracle Application Expressを使用したアプリケーション開発について紹介します。このマニュアルでは、開発環境を設定する方法またはホスティングされたデモ環境へのアクセス方法を説明しています。順を追って、初期のアプリケーションの構築、変更およびプレビューができます。

『Oracle Application Expressアプリケーション・ビルダー・ユーザーズ・ガイド』


E17961

Oracle Application Express開発環境を使用して、データベース集中型のWebアプリケーションを構築およびデプロイする方法について説明します。

Oracle Application Expressアプリケーション移行ガイド


E17962

Microsoft AccessまたはOracle FormsからOracle Application Expressへのアプリケーションの変換方法について説明します。

Oracle Application Express APIリファレンス


E17963

Oracle Application Express環境でプログラミングする際に使用できるアプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)について説明します。

『Oracle Application Express SQLワークショップ・ガイド』


E17964

データをOracleデータベースからロードおよびアンロードしたり、DDLを生成したり、オブジェクト・レポートを表示したり、削除されたデータベース・オブジェクトをリストアしたりするために、Oracle Application Express SQLワークショップおよびユーティリティを使用する方法について説明します。

『Oracle Application Express管理ガイド』


E17965

Oracle Application Expressの作業領域、アプリケーションまたは開発インスタンス全体の管理タスクの実行方法について説明します。

『Oracle Application Expressエンド・ユーザー・ガイド』


E29541

Oracle Application Expressの一般的なエンド・ユーザー・タスクについて説明します。

バックアップとリカバリ

Oracle Databaseバックアップおよびリカバリ・ユーザーズ・ガイド


E50658

Recovery Manager(RMAN)を使用してデータベースをバックアップ、リカバリおよび複製する方法と、Oracle Flashbackテクノロジを使用してデータのすべてまたは一部を前の状態にリストアする方法について説明します。

『Oracle Database Recovery Managerリファレンス』


E50791

Recovery Manager(RMAN)のコマンドおよびリカバリ・カタログ・ビューについて詳しく説明します。

データ・ウェアハウス

『Oracle Databaseデータ・ウェアハウス・ガイド』


E41670

データ・ウェアハウスでOracle Databaseを使用するための概念に関する情報、参照情報および実装情報を提供します。物理的なデータベース設計から高度な計算技法まで、データ・ウェアハウス・アクティビティのすべての範囲を説明しています。

『Oracle Data Guard Broker』


E48241

Oracle Data Guard構成でのスタンバイ・データベースの構成および監視に関連する多数のタスクを自動化する管理および監視インタフェースであるOracle Data Guard Brokerについて説明します。

『Oracle Data Guard概要および管理』


E48552

Oracle Data Guardの包括的な概要を提供し、本番データベースが使用不可になった場合にその処理を引き継ぐことができるスタンバイ・データベースの構成および実装方法について説明します。このマニュアルには、スタンバイおよびプライマリ・データベースの作成、リカバリ、フェイルオーバー、スイッチオーバー、構成およびバックアップなど、データベースの様々なシナリオが含まれています。

言語およびインタフェース

OracleプリコンパイラのためのPro*FORTRAN補足ガイド


E18411

Oracleプリコンパイラに対するOracle Databaseのプログラマーズ・ガイドを補足して、SQLおよびPL/SQLデータベース言語を使用してOracleデータにアクセスし操作を行うFORTRANプログラムの開発方法に関する追加の情報を提供します。

Oracle SQL*Module for Adaプログラマーズ・ガイド


E18412

SQL*Moduleを使用して、モジュール・プログラムおよびAdaコードを開発し、Oracleデータにアクセスして操作する方法について説明します。

『Oracle C++ Call Interfaceプログラマーズ・ガイド』


E48221

C++で作成されたアプリケーションで1つ以上のOracleデータベースとの対話を可能にするアプリケーション・プログラミング・インタフェースである、Oracle C++ Call Interfaceについて説明します。Object Type Translatorで生成したコードの機能を拡張するため、プログラマはOTTで生成されたファイルにコードを追加できます。OTTは、OTTで生成されたコードとユーザーが生成したコードを事前定義された一部のマーカー(タグ)を確認することで区別できます。

『Oracle Call Interfaceプログラマーズ・ガイド』


E49886

Oracle Call Interface (OCI)について説明します。これは、CまたはC++で記述されたアプリケーションがOracle Databaseと対話するためのアプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)です。

『Pro*COBOLプログラマーズ・ガイド』


E53282

データベース言語のSQLおよびPL/SQLを使用して、Oracleデータにアクセスして操作を行うCOBOLプログラムの開発方法について説明します。

OracleプリコンパイラのためのOracle Databaseプログラマーズ・ガイド


E53283

Oracleプリコンパイラと、SQLおよびPL/SQLデータベース言語を使用して、Oracleデータにアクセスし操作を行うアプリケーションの開発方法について説明します。

『Pro*C/C++プログラマーズ・ガイド』


E53432

SQLおよびPL/SQLデータベース言語を使用して、Oracleデータにアクセスして操作を行うC++プログラムの開発方法について説明します。

ネットワークおよびセキュリティ

『Oracle Database 2日でセキュリティ・ガイド』


E17609

データベースのインストールや構成を保護する方法や、暗号化を管理する方法など、デフォルトのセキュリティ機能を使用してOracleデータベースを保護する方法を紹介します。これには、セキュア・アプリケーション・ロール、Oracle Database Vaultポリシー、Oracle Virtual Private Databaseポリシー、Oracle Data Redactionポリシー、Oracle Label Securityポリシー、および統合監査ポリシーの作成のための未経験者向けのチュートリアルも含まれます。

『Oracle Database Net Services管理者ガイド』


E17610

Oracle Net Servicesとのエンタープライズ全体の接続性を計画、構成および管理する方法を説明します。

『Oracle Database Net Servicesリファレンス』


E17611

Oracle Net Servicesのコンポーネント管理に使用可能な制御ユーティリティのコマンドおよび構成ファイルのパラメータの完全なリストと説明が含まれています。

『Oracle Databaseエンタープライズ・ユーザー・セキュリティ管理者ガイド』


E17731

エンタープライズ・ユーザー(ディレクトリに定義されたユーザー)の構成および使用方法を説明します。このマニュアルでは、エンタープライズ・ユーザー・セキュリティに関連する管理タスクについても説明します。

『Oracle Databaseセキュリティ・ガイド』


E48135

Oracleデータベースでデフォルトのセキュリティ機能を使用するための構成方法について説明します。

『Oracle Database Real Application Security管理者および開発者ガイド』


E48189

データベースにReal Application Securityを実装する方法について説明します。Real Application Securityは、Oracle Database 12cの新機能です。Real Application Securityは、複数層アプリケーションの包括的なセキュリティを実現するデータベース認可モデルです。これは、データベースとアプリケーションのユーザー・コミュニティを保護する統合ソリューションを提供します。また、Oracle Databaseのセキュリティ・アーキテクチャを進展させて、インターネット対応として開発されるアプリケーションに対する既存または新規の要求を満たすようにします。

『Oracle Database Real Application Security Java APIリファレンス』


E48191

2つのJavaパッケージについて説明します。oracle.security.xsには、軽量ユーザー・セッションを使用するためのAPIが含まれます。oracle.security.xs.adminには、軽量ユーザー・セッションを管理するためのAPIが含まれます。

『Oracle Label Security管理者ガイド』


E48437

Oracle Label Securityの構成および使用方法について説明します。Oracle Label Securityは、Oracle Database Enterprise Editionの仮想プライベート・データベース・テクノロジに基づいた行レベルのアクセス制御を提供します。

『Oracle Database Advanced Securityガイド』


E50333

Oracle Database Advanced Security透過的データ暗号化(TDE)およびOracle Data Redactionの構成および使用方法について説明します。

Oracle Database Real Application Securityセッション・サービスJava APIリファレンス


E51179

1つのJavaパッケージについて説明します。oracle.security.xs.ee.sessionには、アプリケーション・セッション・サービスを使用するためのAPIが含まれます。

Oracle Database Real Application Security管理


E61899

Real Application Securityを使用しているセキュリティ管理者および開発者が、中間層アプリケーションのエンドツーエンド・セキュリティの開発に使用できるグラフィカル・ユーザー・インタフェース(RASADM)を提供します。RASADMアプリケーションを使用すると、宣言的なデータ・セキュリティ・ポリシーを開発し、データベース層でアクセス制御要件を施行して、データを行レベルと列レベルの両方で保護できます。この手法により、開発者は、Oracleエンタープライズのすべてのコンポーネントを通じて一般的な方法で、Oracle Databaseのデータに対するアプリケーション・ユーザーのアクセスを制御できます。

Oracle Real Application Cluster

『Oracle Database 2日でReal Application Clustersガイド』


E17616

Oracle Linuxオペレーティング・システムを使用した2ノード・システムでのOracle ClusterwareおよびOracle Real Application Clusters(Oracle RAC)のインストール、構成および管理方法について説明します。

『Oracle Clusterware管理およびデプロイメント・ガイド』


E48819

Oracle Clusterwareアーキテクチャと、この製品の概要について説明します。また、Oracle Clusterwareの管理とデプロイメントについても説明します。

Oracle Real Application Clusters管理およびデプロイメント・ガイド


E48838

Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC)アーキテクチャと、この製品の概要について説明します。また、Oracle RACの管理およびデプロイメントについても説明します。

『Oracle Real Application Clustersインストレーション・ガイドfor Linux and UNIX Systems』


E48917

LinuxおよびUNIXを実行しているシステムでのOracle Real Application Clusters(Oracle RAC)のインストールおよび構成方法について説明します。

Oracle Text

『Oracle Textアプリケーション開発者ガイド』


E41398

Oracle Textを使用したアプリケーション作成について説明します。

『Oracle Textリファレンス』


E41399

Oracle Textを使用したアプリケーション作成についての参照情報を提供します。

R Enterprise

『Oracle R Enterpriseユーザーズ・ガイド』


E35158

統計的計算の環境を提供するOracle R Enterpriseのインストールおよび使用方法について説明します。

『Oracle R Enterpriseリリース・ノート』


E35159

Oracle R Enterprise 1.2のマニュアルには記載されていない重要な情報が含まれています。

Streamsおよびレプリケーション

Oracle Streams拡張例


E17912

様々なタイプのOracle Streams環境を構成する拡張例を示します。

『Oracle Databaseアドバンスト・レプリケーション・マネージメントAPIリファレンス』


E18896

アドバンスト・レプリケーション環境を設定および管理するPL/SQLパッケージのセットであるレプリケーション・マネージメントAPIの参照情報と、その使用に関するステップについて説明します。また、アドバンスト・レプリケーションに重要なデータ・ディクショナリ・ビューおよびアドバンスト・レプリケーション環境のセキュリティ上の考慮事項に関する参照情報についても説明します。

『Oracle Streams概要および管理』


E53116

Oracle Streamsの概要と、Oracle Streams環境の管理、監視およびトラブルシューティングに関する情報について説明します。また、Oracle Streamsを使用して表の変更を記録する手順についても説明します。さらに、情報のプロビジョニングの概要およびOracle Streamsを使用した情報のプロビジョニングの手順についても説明します。データベースのアップグレードおよびメンテナンス操作のためのOracle Streamsの使用手順についても説明します。

『Oracle Databaseアドバンスト・レプリケーション』


E53117

Oracle Databaseアドバンスト・レプリケーションの概要について説明します。また、アドバンスト・レプリケーション環境の計画、およびアドバンスト・レプリケーション問題のトラブルシューティングについても説明します。

『Oracle Streamsレプリケーション管理者ガイド』


E53118

Oracle Streamsレプリケーション環境の構成および管理について説明します。また、Oracle Streamsレプリケーション環境のベスト・プラクティス、およびアドバンスト・レプリケーションからOracle Streamsレプリケーションへの移行手順についても説明します。

『Oracle Database XStreamガイド』


E53119

XStreamの概念について説明します。XStreamを構成および使用するための手順も含まれます。


3.1.11 Spatialのマニュアル

表3-11 Spatialのマニュアル

マニュアル 部品番号 説明

Oracle Spatial and Graph GeoRaster開発者ガイド


E49118

Oracle Spatial and GraphのGeoRaster機能の使用方法およびリファレンス情報を提供します。GeoRasterを使用すると、ラスター・データ(ラスター・イメージ・データとグリッド・データおよびそれらに関連するメタデータ)の格納、索引付け、問合せ、分析および配信を行うことができます。

『Oracle Spatial and Graph開発者ガイド』


E49172

Oracle Spatial and GraphおよびOracle Locatorを使用して、空間データの索引付けと格納、および空間アプリケーションの開発を行うための使用方法およびリファレンス情報を示します。

『Oracle Spatial and Graph Java APIリファレンス』


E50631

Oracle Spatial and Graphで使用可能な機能(GeoRasterおよびトポロジ・データ・モデルおよびネットワーク・データ・モデル・グラフなど)と、Oracle Fusion Middlewareに実装されているMapViewerで使用可能な機能をサポートするインタフェースおよびクラスに関するJavadoc生成情報を提供します。

『Oracle Spatial and Graph RDFセマンティク・グラフ開発者ガイド』


E51611

このガイドでは、Oracle Databaseによるセマンティク・テクノロジのサポートに関する使用方法およびリファレンス情報について説明します(これらのセマンティク・テクノロジには、Resource Description Framework (RDF)、RDF Schema (RDFS)およびWeb Ontology Language (OWL)に基づくデータとオントロジの格納、推論および問合せ機能が含まれます)。

Oracle Spatial and Graphトポロジ・データ・モデルおよびネットワーク・データ・モデル・グラフ開発者ガイド


E53120

Oracle Spatial and Graphのトポロジ・データ・モデルおよびネットワーク・データ・モデル・グラフの機能の使用方法およびリファレンス情報を示します。


3.1.12 TimesTen In-Memory Databaseのマニュアル

表3-12 TimesTen In-Memory Databaseのマニュアル

マニュアル 部品番号 説明

『Oracle TimesTen In-Memory Databaseリリース・ノート』


E21630

Oracle TimesTen In-Memory Databaseのマニュアルには記載されていない重要な情報が含まれています。

Oracle TimesTen Application-Tier Database Cache概要


E21631

TimesTen Application-Tier Database Cacheの機能について説明し、開発者がTimesTen Cacheアプリケーションを計画するのに役立つ情報を提供します。

『Oracle TimesTen In-Memory Databaseインストレーション・ガイド』


E21632

Oracle TimesTen In-Memory Databaseのインストールおよびアップグレードについて説明します。

Oracle TimesTen In-Memory Databaseオペレーション・ガイド


E21633

Oracle TimesTen In-Memory Databaseの操作方法について説明します。通常必要なタスクの実行方法について、ステップごとに説明し、例を示しています。

Oracle TimesTen Application-Tier Database Cacheユーザーズ・ガイド


E21634

TimesTen Application-Tier Database Cacheの設計および構成について説明します。キャッシュ・グリッドの設定についても説明します。

『Oracle TimesTen In-Memory Database開発者および管理者ガイド』


E21635

TimesTen to TimesTenレプリケーションの設計および構成について説明し、TimesTenのOracle Clusterwareとの統合についての情報も提供します。

Oracle TimesTen In-Memory Databaseトラブルシューティング・ガイド


E21636

Oracle TimesTen In-Memory Databaseの使用時に発生する可能性のある問題をトラブルシューティングするためのユーティリティおよびプロシージャについて説明します。

Oracle TimesTen In-Memory Database C開発者ガイド


E21637

Oracle TimesTen In-Memory DatabaseにODBCを介してアクセスするCアプリケーションの開発について説明します。TimesTenによるXLA、OCIおよびPro*C/C++プリコンパイラのサポートに関する情報も含まれます。

『Oracle TimesTen In-Memory Database Java開発者ガイド』


E21638

Oracle TimesTen In-Memory DatabaseにJDBCを介してアクセスするJavaアプリケーションの開発について説明します。TimesTenのJMS/XLAのサポートに関する情報も含まれます。

『Oracle TimesTen In-Memory Database PL/SQL開発者ガイド』


E21639

Oracle TimesTen In-Memory DatabaseでのPL/SQLの使用について説明します。

Oracle TimesTen In-Memory Database TTClassesガイド


E21640

TimesTen C++ Interface Classes(TTClasses)ライブラリの使用方法について説明します。

『Oracle TimesTen In-Memory Database SQLリファレンス・ガイド』


E21642

TimesTenのSQLの拡張など、Oracle TimesTen In-Memory Databaseで使用されるSQL文、式およびファンクションのリファレンスを提供します。データ型についても説明します。

『Oracle TimesTen In-Memory Databaseリファレンス』


E21643

Oracle TimesTen In-Memory Databaseの属性、ビルトイン・プロシージャ、ユーティリティおよびシステム制限の参照を提供します。

『Oracle TimesTen In-Memory Databaseシステム表およびビュー・リファレンス』


E21644

TimesTenのシステム表およびレプリケーション表について説明します。

Oracle TimesTen In-Memory Database PL/SQLパッケージ・リファレンス


E21645

TimesTen PL/SQLに用意されているパッケージの参照情報を提供します。

『Oracle TimesTen In-Memory Databaseエラー・メッセージおよびSNMPトラップ』


E21646

Oracle TimesTen In-Memory Databaseのエラー・メッセージおよびSNMPトラップのリファレンスを提供します。

Oracle TimesTen In-Memory Database JDBC拡張Java APIリファレンス


E21647

TimesTenのJDBCクラスおよびインタフェースに関する参照情報を提供します。

Oracle TimesTen In-Memory Database JMS/XLA Java APIリファレンス


E21648

TimesTenのJMS/XLAクラスおよびインタフェースに関する参照情報を提供します。

Oracle Enterprise Manager System Monitoring Plug-inガイドfor Oracle TimesTen In-Memory Databaseユーザー・ガイド


E28645

Oracle Enterprise Manager Plug-in for Oracle TimesTen In-Memory Databaseのインストール方法について説明します。

『Oracle Enterprise Manager System Monitoring Plug-inリリース・ノート for Oracle TimesTen In-Memory Database』


E28646

Oracle Enterprise Manager Plug-in for Oracle TimesTen In-Memory Databaseの最新情報を提供します。

Windows用Oracle Data Provider for .NET Oracle TimesTen In-Memory Databaseサポートのユーザーズ・ガイド


E38358

.NETクライアント・アプリケーションからTimesTenデータベースへのADO.NETデータ・アクセスを可能にします。このマニュアルでは、ODP.NETのサポートに固有の機能およびTimesTenでの使用について説明します。