機械翻訳について

MySQL Cloud Serviceのスケーリング

Oracle Cloud Infrastructureこのトピックは、Oracle Cloud Infrastructureには適用されません。

MySQL Cloud Serviceのデータベース・デプロイメントがうまくいっていない場合や、ストレージが不足している場合は、データベース・デプロイメントをサポートする環境を拡張できます。

通常、スケーリングの必要性は、MySQL Cloud Serviceのデータベース・パフォーマンスのチューニングで説明されているように、データベース・パフォーマンスを分析した結果として生じます。

ときとして、データベースやバックアップの構成の作成後に加えられた変更から、スケーリングする必要が生じます。 たとえば、計算処理能力をハイ・メモリー・オプションのいずれかにスケール・アップする必要が生じることがあります(OC4 - 2 OCPU、15 GB RAMからOC2M - 2 OCPU、30 GB RAMなど)。

MySQL Cloud Serviceのコンピュート・シェイプのスケーリング

注意:

MySQL Cloud Serviceのデータベース・デプロイメントの計算処理能力をスケーリングすると、操作中にデプロイメントはMaintenanceステータスとなり、再起動されます。 再起動の結果、Compute Cloud Serviceコンソールを使用して手動で追加したリソースはすべてデータベース・デプロイメントからデタッチされます。 そのようなリソースの再アタッチの情報および指示は、MySQL Serverデプロイメントの停止、起動および再起動についてを参照してください。

データベース・デプロイメントの計算処理能力をスケーリングする手順:

  1. コンソール上のサービス名をクリックして、サービスの「インスタンスの概要」ページを開きます。

  2. 「インスタンスの概要」ページの「リソース」セクションのメニューを選択します。

  3. メニューから「スケール・アップ/ダウン」を選択します。

    「スケール・アップ/ダウン」ダイアログが表示されます。

  4. 必要なシェイプを選択し、「はい、スケールアップ/ダウンVM」をクリックしてインスタンスをスケールします。

    サービスを再開します。