Oracle® Linux 7

インストレーション・ガイド

オラクル社の法律上の注意点
オラクル社のドキュメントのライセンス

E54695-24

2019年9月


目次

はじめに
1 インストール前の構成
1.1 システム要件
1.2 インストール・メディアの取得および準備
1.2.1 CDまたはDVDインストール・メディアの準備
1.2.2 USBインストール・メディアの準備
1.2.3 完全インストールISOイメージの内容の抽出
1.3 ネットワーク・インストール・サーバーの構成
1.3.1 既存のNFSサーバーの構成
1.3.2 既存のApache HTTPサーバーの構成
1.3.3 PXEクライアントをサポートするためのDHCPおよびTFTPサービスの構成
1.3.4 PXEクライアントをサポートするためのdnsmasqの構成
1.3.5 BIOSベースのPXEクライアントのブート・ローダー構成
1.3.6 UEFIベースのPXEクライアントのブート・ローダー構成
1.4 インストールのプランニング
2 Oracle Linuxの手動インストール
2.1 インストールの開始
2.2 システム時刻の設定とその他の言語のサポート
2.3 インストールするソフトウェアの選択
2.4 システム記憶域およびネットワークの構成
2.5セキュリティ・ポリシーの設定
2.6 インストールの完了
3 インストールのオプション
3.1 インストール・ブート・オプション
3.2 Kickstartを使用した自動インストール
3.2.1 Kickstartファイルの作成
3.2.2 Kickstartファイルを使用したシステムのインストール
3.3 テキストベースのインストール
3.4 Btrfs rootファイル・システムを使用したシステムのインストール
3.5 ドライバ更新ディスクの使用
4 Oracle Linuxシステムのアップグレード
4.1 インプレース・アップグレードを実行する条件
4.2 インプレース・アップグレードの実行
5 インストール後の構成
5.1 Unbreakable Linux Networkへの登録
5.2 Oracle Linux Yum Serverからの更新情報と更新の取得
5.3 Oracle Linuxインストール・メディアからのパッケージの取得
5.4 更新の適用
5.5 Oracle Linux 7システムの管理
6 Oracle Linux 7インストールのトラブルシューティング
6.1 トラブルシューティング・メニューのオプション
6.2 デバッグおよびログ情報