はじめに

Oracle® Linux 7: リリース・ノートfor Oracle Linux 7更新2では、Oracle Linux 7の更新2の新機能と既知の問題についてまとめています。 このドキュメントは、リリース後に更新される場合があります。

ドキュメント作成日: 2019年09月18日(改訂: 8371)

対象読者

このドキュメントは、Oracle Linux 7のユーザーおよび管理者を対象にしています。 Oracle Linux 7の使用時に発生する可能性のある問題とその対処方法を説明します。 Oracle Linux 7をインストールする前に、このドキュメントを読むことをお薦めします。 読者にLinuxオペレーティング・システムの一般的な知識があることを前提としています。

関連ドキュメント

このドキュメントやこの製品のその他のドキュメントの最新バージョンは、次のWebサイトで入手できます。

Oracle® Linux 7ドキュメント

表記規則

このマニュアルでは次の表記規則を使用します。

表記規則

意味

太字

太字は、操作に関連するGraphical User Interface要素、または本文中で定義されている用語および用語集に記載されている用語を示します。

イタリック

イタリックは、ユーザーが特定の値を指定するプレースホルダ変数を示します。

固定幅フォント

固定幅フォントは、段落内のコマンド、URL、サンプル内のコード、画面に表示されるテキスト、または入力するテキストを示します。

ドキュメントのアクセシビリティについて

オラクル社のアクセシビリティへの取組みの詳細は、Oracle Accessibility ProgramのWebサイトhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=docaccを参照してください。

Oracleサポートへのアクセス

サポートを購入したオラクル社のお客様は、My Oracle Supportを介して電子的なサポートにアクセスできます。 詳細情報はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=infoか、聴覚に障害のあるお客様はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=trsを参照してください。