4.2.2 OracleサポートされているOFEDパッケージが既にインストールされている場合のOracle Linux YumサーバーからのOracle Linux 7更新2のインストール

OracleサポートされているOFEDパッケージがすでに存在するOracle Linux 7システムのOracle Linux yumサーバーから更新2をインストールするには、次のようにします:

  1. Oracle Linux 6からサーバーを更新した場合、またはOracle Linux 7の初期リリースからサーバーを更新した場合は、システムが最新であり、oraclelinux-release-el7パッケージをインストールして/usr/bin/ol_yum_configure.shスクリプトを実行することによってモジュラyumリポジトリ構成を使用するように遷移したことを確認してください。

    # yum install oraclelinux-release-el7
    # /usr/bin/ol_yum_configure.sh
  2. ol7_optional_latestol7_latestol7_UEKR3および ol7_UEKR3_OFED20リポジトリを有効にします。

    # yum-config-manager --enable ol7_latest ol7_UEKR3 ol7_optional_latest ol7_UEKR3_OFED20
  3. ol7_optional_latestリポジトリからyum-plugin-prioritiesパッケージをインストールします。

    # yum install yum-plugin-priorities
  4. Oracle Linux 7 Update 2をシステムに適用するには、次の手順を実行します。

    # yum update 

    Oracleでサポートされている既存のOFEDパッケージがol7_UEKR3_OFED20リポジトリから更新されます。

  5. 必要に応じて、次のように、ol7_UEKR3_OFED20リポジトリからibutilslibibcmlibrdmacm-devellibrdmacm-utilslibrdmacmopensmopensm-libsおよびsrptoolsなどのOracleでサポートされているOFEDパッケージをインストールします。

    # yum install ibutils