4.2.5 デフォルトOFEDパッケージがすでに存在する場合の、OracleでサポートされているOFEDパッケージのULNからのインストール

注意

この手順は、システムをULNに登録済であることを前提としています。 Oracle® Linux: Unbreakable Linuxネットワーク・ユーザー・ガイドfor Oracle Linux 6およびOracle Linux 7を参照してください。

デフォルトのOFEDパッケージがOracle Linux 7システムにすでにインストールされている場合に、OracleでサポートされているOFEDパッケージをULNからインストールするには、次の手順を実行します。

  1. システムで、ULNのol7_x86_64_optional_latestol7_x86_64_UEKR3_OFED20ol7_x86_64_UEKR3およびol7_x86_64_latestチャネルをサブスクライブします。 (デフォルトでは、ULNにOracle Linux 7システムを登録するときに、ol7_x86_64_UEKR3およびol7_x86_64_latestチャネルが有効になります。)

  2. /etc/yum/pluginconf.d/rhnplugin.confを編集し、ファイルの末尾に次の行を追加します。

    [ol7_x86_64_UEKR3_OFED20]
    priority=20 
  3. ol7_x86_64_optional_latestチャネルからyum-plugin-prioritiesパッケージをインストールします。

    # yum install yum-plugin-priorities
  4. 次のようにして、ibutilslibibcmlibrdmacmlibrdmacm-devellibrdmacm-utilsopensmopensm-libsおよびsrptools以外の、システムにすでに存在するデフォルトOFEDパッケージをすべてダウングレードします。

    # yum downgrade rdma

    これらのパッケージは、ol7_x86_64_UEKR3_OFED20チャネルからのOracleでサポートされているOFEDパッケージで置き換えられます。

  5. デフォルトのibutils-libsパッケージを削除します(存在する場合)。

    # yum remove ibutils-libs
  6. 必要に応じて、次のように、ol7_x86_64_UEKR3_OFED20チャネルからibutilslibibcmlibrdmacm-devellibrdmacm-utilslibrdmacmopensmopensm-libsおよびsrptoolsなどのOracleでサポートされているOFEDパッケージをインストールします。

    # yum install ibutils