4.2.6 既定のOFEDパッケージが既に存在する場合、OracleサポートされているOFEDパッケージをOracle Linux Yumサーバーからインストール

デフォルトのOFEDパッケージがすでにOracle Linux 7システムにインストールされている場合、OracleサポートのOFEDパッケージをOracle Linux yumサーバーからインストールするには、次のようにします:

  1. Oracle Linux 6からサーバーを更新した場合、またはOracle Linux 7の初期リリースからサーバーを更新した場合は、システムが最新であり、oraclelinux-release-el7パッケージをインストールして/usr/bin/ol_yum_configure.shスクリプトを実行することによってモジュラyumリポジトリ構成を使用するように遷移したことを確認してください。

    # yum install oraclelinux-release-el7
    # /usr/bin/ol_yum_configure.sh
  2. ol7_optional_latestol7_latestol7_UEKR3および ol7_UEKR3_OFED20リポジトリを有効にします。

    # yum-config-manager --enable ol7_latest ol7_UEKR3 ol7_optional_latest ol7_UEKR3_OFED20
  3. ol7_optional_latestリポジトリからyum-plugin-prioritiesパッケージをインストールします。

    # yum install yum-plugin-priorities
  4. 次のようにして、ibutilslibibcmlibrdmacmlibrdmacm-devellibrdmacm-utilsopensmopensm-libsおよびsrptools以外の、システムにすでに存在するデフォルトOFEDパッケージをすべてダウングレードします。

    # yum downgrade rdma

    これらのパッケージは、ol7_UEKR3_OFED20リポジトリからのOracleでサポートされているOFEDパッケージで置き換えられます。

  5. デフォルトのibutils-libsパッケージを削除します(存在する場合)。

    # yum remove ibutils-libs
  6. 必要に応じて、次のように、ol7_UEKR3_OFED20リポジトリからibutilslibibcmlibrdmacm-devellibrdmacm-utilslibrdmacmopensmopensm-libsおよびsrptoolsなどのOracleでサポートされているOFEDパッケージをインストールします。

    # yum install ibutils