プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-03
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.9 ALLOW_GROUP_ACCESS_TO_SGA

ALLOW_GROUP_ACCESS_TO_SGAは、UNIXプラットフォームで共有メモリーへのgroupアクセスを制御します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

ブール値

デフォルト値

false

変更可能

いいえ

PDBで変更可能

No

値の範囲

true | false

基本

いいえ

Oracle RAC

すべてのインスタンスで同じ値を使用する必要がある。

デフォルト値はfalseで、これにより、データベース共有メモリーがownerアクセスのみで作成されます。Oracle Database 12cリリース2 (12.2.0.1)より前のOracle Databaseリリースでは、データベース共有メモリーはownerおよびgroupアクセスで作成されていました。

このパラメータをtrueに設定すると、データベース共有メモリーがownerおよびgroupアクセスで作成されます。この動作は、DBAに対してデータベース外部の共有メモリーを管理する権限を付与しますが、特定のインストールでは、DBAに共有メモリーの読取りと書込みを許可するのは望ましくない場合があります。

注意:

この初期化パラメータは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。