プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-03
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.17 ASM_IO_PROCESSES

ASM_IO_PROCESSESには、Oracle Automatic Storage Management (Oracle ASM)のIOServerインスタンスで開始されるI/Oワーカー・プロセスの数を指定します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

整数

デフォルト値

20

変更可能

ALTER SYSTEM

PDBで変更可能

いいえ

値の範囲

132

基本

いいえ

Oracle RAC

複数インスタンスには、異なる値を指定可能。

このパラメータは、Oracle Gridホームを消費し尽くしたOracle ASM IOServerインスタンスでのみ適用されます。

ほとんどの場合、デフォルト値で動作します。ただし、I/O負荷の高い状況下では、I/O待機からポストされるプロセスに関連する遅延が発生する可能性があります。この場合、デフォルトよりも若干高い値が適することもあります。

注意:

この初期化パラメータは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。