プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-03
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.18 ASM_POWER_LIMIT

ASM_POWER_LIMITには、Oracle ASMインスタンスによるディスクの再調整の最大能力を指定します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

整数

デフォルト値

1

変更可能

ALTER SESSIONALTER SYSTEM

PDBで変更可能

いいえ

値の範囲

0から11脚注 1

Oracle RAC

複数インスタンスには、異なる値を指定可能。

脚注 1

Oracle Database 11gリリース2(11.2.0.2)から、COMPATIBLE.ASMディスク・グループ属性が11.2.0.2以上に設定されている場合、値の範囲は0から1024になります。

注意:

このパラメータは、Oracle Automatic Storage Management (Oracle ASM)インスタンスでのみ指定できます。

値が高いほど、再調整が速く終了します。値が小さいほど再調整時間は長くなりますが、使用される処理とI/Oリソースは少なくなります。

再調整操作のPOWER句が指定されていない場合、デフォルトの能力はASM_POWER_LIMITの値になります。

関連項目:

このパラメータの使用方法は、『Oracle Automatic Storage Management管理者ガイド』を参照してください。