プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-03
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.47 CONTAINERS_PARALLEL_DEGREE

CONTAINERS_PARALLEL_DEGREEは、containers()を含む問合せの並列度を制御するために使用できます。

特性 説明

パラメータ・タイプ

整数

デフォルト値

65535

変更可能

ALTER SESSIONALTER SYSTEM

PDBで変更可能

はい

値の範囲

2より小さい、または65535より大きい値は設定できない。

基本

いいえ

Oracle RAC

異なるインスタンスに対して異なる値を設定可能。

CONTAINERS_PARALLEL_DEGREEを設定した場合は、この値によってcontainers()問合せのデフォルトのDOPがオーバーライドされます。

デフォルトでは、containers()問合せの並列度として、CDBルートの場合は(1 + オープンされているPDBの数)、アプリケーション・ルートの場合は(1 + オープンされているアプリケーションのPDBの数)が使用されます。

CONTAINERS_PARALLEL_DEGREEの値が65535より小さい場合は、containers()を含む問合せの並列度としてこの値が使用されます。そうでない場合(値が65535の場合)は、前述のように、デフォルトの並列度は(1 + オープンされているPDB数)または(1 + オープンされているアプリケーションのPDB数)です。

注意:

この初期化パラメータは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。

関連項目:

  • CDBルートの詳細は、『Oracle Database概要』を参照してください

  • アプリケーション・ルートの詳細は、『Oracle Database概要』を参照してください