プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-03
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.56 CURSOR_INVALIDATION

CURSOR_INVALIDATIONは、DDL文のデフォルトで、遅延カーソル無効化を使用するか、即時カーソル無効化を使用するかを制御します。

特性 説明

パラメータ・タイプ

文字列

構文

CURSOR_INVALIDATION = { DEFERRED | IMMEDIATE }

デフォルト値

IMMEDIATE

変更可能

ALTER SESSIONALTER SYSTEM

PDBで変更可能

基本

いいえ

Oracle RAC

インスタンスごとに異なる値を保持できます。

無効化を遅延することでカーソル無効化の数が減り、再コンパイルのワークロードが徐々に分散されます。再コンパイルのワークロードを徐々に分散した場合、カーソルは、それが再コンパイルされるまで次善のプランで実行されることがあり、実行時のオーバーヘッドがわずかに発生する可能性があることに注意してください。

Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)より前は、即時カーソル無効化が使用されていました。

このパラメータは、DDL文のINVALIDATION句のDEFERREDまたはIMMEDIATEオプションのシステムまたはセッション・レベルのデフォルトを提供します。

このパラメータをDEFERREDに設定すると、アプリケーションでは、アプリケーションに他の変更を加えずに、カーソル無効化の削減を活用できます。

このパラメータをIMMEDIATEに設定すると、アプリケーションでは、Oracle Database 12c リリース1 (12.1)と同じカーソル無効化の動作が発生します。

注意:

この初期化パラメータは、Oracle Database 12c リリース2 (12.2.0.1)以降で使用できます。