プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-03
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.235 PARALLEL_MAX_SERVERS

PARALLEL_MAX_SERVERSには、インスタンスに関するパラレル実行プロセスおよびパラレル・リカバリ・プロセスの最大数を指定します。需要が増加するにつれて、インスタンスの起動時に作成された数からこの値までプロセス数が増加します。
特性 説明

パラメータ・タイプ

整数

デフォルト値

PARALLEL_THREADS_PER_CPU * CPU_COUNT * concurrent_parallel_users * 5

変更可能

ALTER SYSTEM

PDBで変更可能

はい

値の範囲

0 to 32767

基本

いいえ

Oracle RAC

複数インスタンスには、異なる値を指定可能。

注意:

このパラメータは、Real Application Clusters環境の他、排他モードでのパラレル実行に適用されます。

インスタンス上のデフォルトの並列度で実行されている同時並列ユーザーの数は、インスタンスのメモリー初期化パラメータ設定によって異なります。たとえば、MEMORY_TARGETまたはSGA_TARGET初期化パラメータが設定されている場合、concurrent_parallel_users4になります。MEMORY_TARGETまたはSGA_TARGETが設定されていない場合、PGA_AGGREGATE_TARGETが検証されます。PGA_AGGREGATE_TARGETに値が設定されている場合、concurrent_parallel_users2になります。PGA_AGGREGATE_TARGETに値が設定されていない場合、concurrent_parallel_users1になります。

このパラメータに指定した値が小さすぎると、問合せによっては、問合せ処理時にパラレル実行プロセスを使用できない場合があります。設定した値が大きすぎると、使用がピークに達したときにメモリー・リソース不足が発生し、パフォーマンスが低下する可能性があります。

注意:

データベース・システムは常に一定の数の予約プロセスを予約しています。

PARALLEL_MAX_SERVERS初期化パラメータのデフォルト値は次の2つの値より小さい値に設定されます。

  • 前述の表の計算を使用して決定したPARALLEL_MAX_SERVERSのデフォルト値

  • 予約プロセスの数を差し引いたPROCESSES初期化パラメータの値

PARALLEL_MAX_SERVERSパラメータが前述の表の値より小さい値に設定された場合、そのデフォルト値によってデータベースのサービス・プロセスが開始され、ユーザー・プロセスのデータベースへの接続が可能になります。

関連項目:

パラレル実行の詳細は、『Oracle Database SQLチューニング・ガイド』を参照してください。