プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12cリリース2 (12.2)
E72905-03
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

7.181 V$DISPATCHER

V$DISPATCHERは、ディスパッチャ・プロセスに関する情報を示します。

データ型 説明

NAME

VARCHAR2(4)

ディスパッチャ・プロセス名

NETWORK

VARCHAR2(1024)

ディスパッチャのネットワーク・アドレス

PADDR

RAW(4 | 8)

プロセス・アドレス

STATUS

VARCHAR2(16)

ディスパッチャの状態:

  • WAIT - アイドル

  • SEND - メッセージの送信中

  • RECEIVE - メッセージの受信中

  • CONNECT - 接続の確立中

  • DISCONNECT - 切断要求の処理中

  • BREAK - ブレークの処理中

  • TERMINATE - 終了処理中

  • ACCEPT - 接続の受入れ(使用可能な情報がない)

  • REFUSE - 接続の拒否(使用可能な情報がない)

ACCEPT

VARCHAR2(3)

ディスパッチャが新しい接続を受け入れるかどうか(YES | NO)

MESSAGES

NUMBER

ディスパッチャによって処理されるメッセージの数

BYTES

NUMBER

ディスパッチャによって処理されるメッセージのサイズ(バイト)

BREAKS

NUMBER

接続で発生したブレークの数

OWNED

NUMBER

ディスパッチャが所有するサーキットの数

CREATED

NUMBER

ディスパッチャが作成するサーキットの数

IDLE

NUMBER

ディスパッチャのアイドル合計時間(1/100秒)

BUSY

NUMBER

ディスパッチャのビジー合計時間(1/100秒)

CPU

NUMBER

ディスパッチャの合計CPU時間(マイクロ秒)

LISTENER

NUMBER

ディスパッチャがリスナーから受信した最新のOracleエラー番号

CONF_INDX

NUMBER

ディスパッチャによって使用されるDISPATCHERS構成の0ベースの索引

CON_ID

NUMBER

データが関係するコンテナのID。可能な値は次のとおり。

  • 0: この値は、CDB全体に関連するデータを含む行に使用される。この値は、非CDB内の行にも使用される。

  • 1: この値は、ルートのみに関連するデータを含む行に使用される

  • n: nは、データを含む行に適用されるコンテナID