機械翻訳について

Oracle® Cloud at Customer

Oracle Database Exadata Cloud at Customerの新機能

E97323-05

2019年6月

Exadata Cloud at Customerの新機能

Exadata Cloud at Customerで新しい機能や変更された機能が定期的に利用可能になりました。 新しい機能を提供するためにアップグレードをリクエストする必要はありません - 自動的にアップグレードされます。 時間の経過とともに追加された新機能と拡張機能の概要を以下に示します。

Exadata Cloud at Customerリリース18.1.4.4 - 2018年12月

特徴 説明
クラスタ・ノードのサブセット化 このリリースでは、使用可能なコンピュート・ノード(データベース・サーバー)のサブセットが含まれる仮想マシン(VM)クラスタを構成できます。 「複数のVMクラスタ」を参照してください。
CPUオーバーサブスクリプション CPUオーバーサブスクリプションを使用すると、サービス・インスタンスで使用可能な物理CPUコアの合計数より多くの仮想CPUコアをVMクラスタに割り当てることができ、これにより、平均CPU使用率の間、コンピュート・ノードのCPUリソースをより効率的に利用できます。 「CPUオーバーサブスクリプション」を参照してください。
My Services REST APIサポート このリリースでは、Oracle My Services REST APIを使用して、Exadata Cloud at Customerインスタンスで管理機能を実行できます。 Exadata Cloud at Customer REST APIの使用」を参照してください。

Exadata Cloud at Customerリリース18.1.4.2 - 2018年10月

特徴 説明
ユーザー・ドメインのパッチ適用の補助(DomU) このリリースでは、Oracle Database Cloud ServiceコンソールのWebベースのユーザー・インタフェースを使用して、一部のユーザー・ドメイン(DomU)オペレーティング・システム・パッチをコンピュート・ノードに適用できます。 ただし、Oracle Database Cloud Serviceコンソールではステージングされた特定のパッチのみ適用できます。 Exadata Cloud at Customerへのパッチ適用について」を参照してください。
ExaCLIユーティリティを使用したExadata Storage Serversのモニタリングと管理 このリリースでは、ExaCLIユーティリティを使用して、Exadata Cloud at Customerインスタンスに関連付けられたExadata Storage Servers上でモニタリング機能および管理機能を実行できます。 Exadata Cloud at CustomerのExadata Storage Serversのモニタリングおよび管理」を参照してください。
Exadataインフラストラクチャおよびコンピュート・ノードごとに個別のサブスクリプションを指定した新規サブスクリプション・モデルOCPUs このリリースでは、Exadata Cloud at Customerの新しいサブスクリプション・モデルのサポートが導入されています。 この新しいモデルでは、条件ベースのサブスクリプションを使用してExadata Cloud at Customerインフラストラクチャにサブスクライブし、個別のサブスクリプションを使用してコンピュート・ノードOCPUsを必要に応じて有効化できます。 また、このモデルでは、Exadata Cloud at Customerに以前存在していた最小OCPUしきい値も削除され、OCPU使用率とサブスクリプション費用を最大限の柔軟に管理できます。 Exadata Cloud at Customer Instanceを作成中」を参照してください。
サービスの一時停止 このリリースでは、Exadata Cloud at Customerインスタンスを一時停止し、後で再開できます。 Exadata Cloud at Customerインスタンスの一時停止および再開」を参照してください。
管理権限の分離 このリリースでは、管理権限をターゲットとして委任するための追加のロールが導入されています。 Exadata Cloud at Customerのロールとユーザーについて」を参照してください。
クラウド通知サービスとの統合 このリリースは、システム・コンポーネントのステータスに影響するイベントの通知を提供するクラウド通知サービスとの統合を拡張しました。 「Cloud Notification Service イベント」を参照してください。

Exadata Cloud at Customerリリース18.1.4 - 2018年5月

特徴 説明
Oracle Database 18cのサポート このリリースでは、Oracle Database 18cのサポートが含まれています。 「Oracle Databaseソフトウェア・リリース」を参照してください。
複数のVMクラスタ この機能を使用すると、物理的なExadata Cloud at Customerラックに最大8個の仮想マシン(VM)クラスタを定義することができます。それぞれのVMクラスタにはExadataシステム・リソース全体の専用部分が割り当てられます。 「複数のVMクラスタ」を参照してください。
共有Oracle Homes Oracle Homeは、Oracle Databaseバイナリを含むデータベース・サーバー上のディレクトリのロケーションです。 この機能を使用すると、複数のデータベース・デプロイメントで、共有Oracle HomeディレクトリのロケーションにOracle Databaseバイナリのセットを共有できます。 「Oracle Homesの管理」を参照してください。
クラウド・バックアップからインスタンス化します このリリースでは、データベースがOracle Database Backup Cloud Serviceに格納されたバックアップからインスタンス化されたデータベース・デプロイメントを作成できます。 「クラウド・バックアップを使用したデータベース・デプロイメントの作成」を参照してください。
Exadataスナップショット・データベース このリリースでは、Exadataスナップショットを作成および管理できます。 Exadataスナップショットを使用すると、スペース効率のよいOracleデータベースのクローンを作成でき、非常に迅速かつ簡単に作成および破棄できます。 スナップショット・クローンは、開発、テスト、または一時データベースを必要とするその他の目的によく使用されます。 「データベース・デプロイメントのスナップショットの作成と管理」を参照してください。

Exadata Cloud at Customerリリース17.4.2 - 2018年3月

特徴 説明
Oracle Exadata X7のサポート Exadata Cloud at Customerは、さまざまなインスタンス構成を提供します。 このリリースでは、Oracle Exadata X7に基づく新しい構成が導入されています。 「Exadataシステム構成」を参照してください。
データベース・インスタンスのサブセット化 このリリースでは、使用可能なコンピュート・ノード(データベース・サーバー)のサブセットで実行されるデータベース・インスタンスを使用して、新しいデータベース・デプロイメントを構成できます。 「データベース・デプロイメントの作成」を参照してください。
Oracle Data Guardのサポート 今回のリリースでは、Oracle Data Guardを使用してデータベースの可用性を高め、データベースのデプロイメントに災害から保護することができます。 Exadata Cloud at CustomerでのOracle Data Guardの使用」を参照してください。
ZDLRAの自動データベース・バックアップのサポート このリリースでは、自動データベース・バックアップの対象としてOracle Zero Data Loss Recovery Appliance (ZDLRA)を選択できます。 Exadata Cloud at Customerインスタンスの作成」「データベース・デプロイメントの作成」を参照してください。
クラウド通知サービスのサポート このリリースでは、Exadata Cloud at Customerでのイベント(データベース・サーバーDomUの停止など)について通知されます。 イベントはトピック別に整理されており、関連するイベントが発生したときに通知されるように、これらのトピックにサブスクライブすることができます。 通知はクラウド通知サービスを使用して配信されます。 「通知のモニタリング」を参照してください。

Exadata Cloud at Customerリリース17.2.3 - 2017年8月

特徴 説明
Oracle Cloud Machine X6のサポート このリリースでは、Exadata Cloud at CustomerはOracle Cloud Machine X6と連携して動作し、データセンターでのデプロイメントと接続を簡素化します。
Oracle Cloud Machineのクラウド・ストレージへのバックアップ データベースのバックアップを格納するために、Exadata Cloud at CustomerはOracle Cloud Machine X6によって提供されるCloud Storageを活用できます。 Exadata Cloud at Customerでのデータベースのバックアップとリストア」を参照してください。

Exadata Cloud at Customerリリース17.1.2 - 2017年4月

特徴 説明
Oracle Database 12c Release 2のサポート このリリースでは、Oracle Database 12c Release 2(12.2.0.1)のサポートが含まれています。 「Oracle Databaseソフトウェア・リリース」を参照してください。
バックアップおよびリカバリ Exadata Cloud at Customerは自動データベース・バックアップ機能を提供します。 このリリースでは、新しいバックアップおよびリカバリ・インタフェースと機能が導入されました。 Exadata Cloud at Customerでのデータベースのバックアップとリストア」を参照してください。
パッチ Exadata Cloud at Customerは、パッチ操作を支援するためのツールとインタフェースを提供します。 このリリースでは、新しいパッチのインタフェースと機能が導入されています。 「パッチExadata Cloud at Customerを参照してください。

Exadata Cloud at Customerリリース16.4.2 - 2016年12月

これはExadata Cloud at Customerの最初のリリースです。


Oracle Cloud at Customer Oracle Database Exadata Cloud at Customerの新機能

E97323-05

Copyright © 2017, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

このドキュメントでは、Oracle Database Exadata Cloud at Customerの新機能およびその他の注目すべき変更について説明します。

このソフトウェアおよび関連ドキュメントの使用と開示は、ライセンス契約の制約条件に従うものとし、知的財産に関する法律により保護されています。 ライセンス契約で明示的に許諾されている場合もしくは法律によって認められている場合を除き、形式、手段に関係なく、いかなる部分も使用、複写、複製、翻訳、放送、修正、ライセンス供与、送信、配布、発表、実行、公開または表示することはできません。 このソフトウェアのリバース・エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイルは互換性のために法律によって規定されている場合を除き、禁止されています。

ここに記載された情報は予告なしに変更される場合があります。 また、誤りが無いことの保証はいたしかねます誤りを見つけた場合は、オラクル社までご連絡ください。

このソフトウェアまたは関連ドキュメントを、米国政府機関もしくは米国政府機関に代わってこのソフトウェアまたは関連ドキュメントをライセンスされた者に提供する場合は、次の通知が適用されます。

U.S. GOVERNMENT END USERS: Oracle programs, including any operating system, integrated software, any programs installed on the hardware, and/or documentation, delivered to U.S. Government end users are "commercial computer software" pursuant to the applicable Federal Acquisition Regulation and agency-specific supplemental regulations. As such, use, duplication, disclosure, modification, and adaptation of the programs, including any operating system, integrated software, any programs installed on the hardware, and/or documentation, shall be subject to license terms and license restrictions applicable to the programs. No other rights are granted to the U.S. Government.

このソフトウェアまたはハードウェアは様々な情報管理アプリケーションでの一般的な使用のために開発されたものです。 このソフトウェアまたはハードウェアは、危険が伴うアプリケーション(人的傷害を発生させる可能性があるアプリケーションを含む)への用途を目的として開発されていません。 このソフトウェアもしくはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用する際、安全に使用するために、適切な安全装置、バックアップ、冗長性(redundancy)、その他の対策を講じることは使用者の責任となります。 このソフトウェアまたはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用したことに起因して損害が発生しても、オラクル社およびその関連会社は一切の責任を負いかねます。

OracleおよびJavaはOracle およびその関連企業の登録商標です。 その他の名称は、他社の商標の可能性があります。

Intel、Intel Xeonは、Intel Corporationの商標または登録商標です。 すべてのSPARCの商標はライセンスをもとに使用し、SPARC International, Inc. の商標または登録商標です。AMD、Opteron、AMDロゴ、AMD Opteronロゴは、Advanced Micro Devices, Inc. の商標または登録商標です。 UNIXは、The Open Groupの登録商標です。

このソフトウェアまたはハードウェア、そしてドキュメントは、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセス、あるいはそれらに関する情報を提供することがあります。 お客様との間に適切な契約が定められている場合を除いて、オラクル社およびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスに関して一切の責任を負わず、いかなる保証もいたしません。 お客様との間に適切な契約が定められている場合を除いて、オラクル社およびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセスまたは使用によって損失、費用、あるいは損害が発生しても一切の責任を負いかねます。