機械翻訳について

Oracle Cloud at Customerのコンポーネント

Oracle Cloud at Customerは、データセンター内のOracle Cloudエクスペリエンスを提供するいくつかの重要なコンポーネントで構成されています。

Oracle Cloud at Customerサブスクリプションには:

  • Oracle Cloud at Customerを実行するために必要なハードウェアは、データセンター内のOracle Field Serviceエンジニアによってインストールおよび設定されます。 これには、1つまたは複数のCloud at Customerラックが含まれている可能性があります。

  • Oracle Cloud at Customerコントロール・プレーン・ソフトウェアは、Oracle Cloudを実行するために必要なソフトウェア・インフラストラクチャで構成されています。 コントロール・プレーンは、Oracleによってインストール、構成、および管理されます。 これは、世界中のOracleデータセンターでホストされているOracle Cloudソフトウェアを実行するために使用されるコントロール・プレーン・ソフトウェアとほぼ同じで、モデル化されています。

  • Oracle Advanced Support Gateway (OASG)には、Oracle Cloud at Customer環境をリモートOracle Operationsチームに安全に接続するために必要なハードウェアとソフトウェアが含まれています。 リモート・オペレーション・チームは、OracleデータセンターでホストされているOracle Cloudを管理するのと同じように、Oracle Cloud at Customerの日常業務を管理します。

  • サブスクライブしているOracle Cloud Services これには、Oracle Cloud Infrastructure Compute Classic、およびPlatform as a Service (PaaS)、Oracle Java Cloud ServiceおよびOracle Database Cloud Serviceなどの多数のInfrastructure as a Service (IaaS)サービスが含まれます。