機械翻訳について

パフォーマンス・メトリックのアラートの設定

Oracle Cloud Infrastructure Compute Classic、Oracle Java Cloud ServiceまたはOracle Database Cloud Serviceなど一部のサービスでは、メトリックが特定の期間に指定したしきい値を超えた場合または下回る場合にアラートを生成するルールをサービス管理者が構成できます。 サービス管理者は、アラート通知を受け取ります。

特定の期間にわたり、定義したしきい値に対して、単一のメトリックが監視されます。 自分で定義した期間持続してメトリックの動作に変化があるときは、アラートがサービス管理者に送信されます。 しきい値の状態は、メトリックの動作の変化に応じてtrue (充足)またはfalse (未充足)のいずれかになります。
次のようにしきい値の状態が変化したときにのみ、アラートが送信されます。
  • メトリックがある期間持続して定義したしきい値内になく、かつしきい値の状態がtrueからfalseまたはその逆に変化した場合。

  • メトリックがある期間持続して定義したしきい値内にあり、かつしきい値の状態がtrueからfalseまたはその逆に変化した場合。

アラート・ルールを作成するには、次の手順を実行します。
  1. マイ・サービスにサインインします。
  2. 適切なサービス・リストに移動します。
  3. サービス名をクリックしてサービスの詳細ページを開きます。
    Overviewページがフォーカスされます。
  4. Monitoringタイルをクリックして、選択したサービスのアラートを構成します。
  5. Alert Rulesページで、Addをクリックします。
  6. Create Alert Ruleダイアログ・ボックスで、次の内容を指定します。
    1. Channel: Email。 これはデフォルトで選択されており、読取り専用です。
    2. Instances: リストから監視するインスタンスを選択します。
    3. Criteria: 監視するメトリックを選択します。 平均、演算子(>、<、<=、>=)を選択し、隣接するボックスに金額を入力します。 これがしきい値になります。 金額はゼロ未満にはできません。
    4. Duration: メトリックを監視する期間を選択します。
    5. Period Count to Satisfy: メトリックが前述の基準を連続して何回満たした場合にアラートをトリガーするか、その回数を入力します。 この回数は、1以上である必要があります。
    6. Period Count to Unsatisfy: メトリックが連続して何回しきい値制限内である場合にアラートをトリガーするか、その回数を入力します。 この回数は、1以上である必要があります。
    7. Doneをクリックします。

例7-1 CPU使用率を監視するためのアラート・ルールの構成

CPU使用率を監視するために次の基準を指定したとします。
  • 基準= CPU率(%)平均>=80

  • 期間= 10分

  • 充足期間回数= 3

  • 未充足期間回数= 2

その場合は、次のようにします。

メトリックが次の場合には、アラートが1回送信されます。
  • 10分という期間が3回連続する間に、指定されたしきい値を超え、しきい値の状態がfalseからtrueに変化した場合。

  • 10分という期間が2回連続する間、しきい値制限を下回ったままか制限内にあり(修正処置後)、しきい値の状態が再度trueからfalseに変化した場合。

次の場合には、別のアラートは送信されません
  • 10分という期間が3回を超えて連続する間、メトリックがしきい値を上回ったままで、しきい値の状態に変化がない場合。

  • 10分という期間が2回を超えて連続する間、メトリックがしきい値を下回ったままか制限内にあり、しきい値の状態に変化がない場合。

次の表に、指定の条件に基づいてアラートがいつトリガーされるかをまとめます。

期間 メトリック(CPU使用率% >=80) しきい値(上/下/等しい) しきい値の状態(true/false) アラートの送信(Y/N)

1:00

しきい値作成

0

FALSE

N

1:10

50

FALSE

N

1:20

80

等しい

TRUE

N

1:30

85

TRUE

N

1:40

90

TRUE

Y (10分という期間が3回連続する間、平均>=80)

1:50

81

TRUE

N

2:00

60

FALSE

N

2:10

50

FALSE

Y (10分という期間が2回連続する間、平均<80)

2:20

80

等しい

TRUE

N

2:30

60

FALSE

N

2:40

81

TRUE

N

次に、前記の例を示します。
このイメージは、指定したメトリックに基づいてアラートがいつ生成されるかを示しています。

アラート・ルールは、Alert Rulesページにリストされます。 ルールを削除するには、アクション・アイコンActionメニューからRemoveをクリックします。