機械翻訳について

Oracle Cloud at Customer 19.2の新機能

このドキュメントでは、Oracle Cloud at CustomerおよびOracle Cloudサービスに追加された新機能および拡張機能を示します。

Oracle Cloud at Customer 19.2の新機能

このリリースには、OSS (Object Storage)のアップグレード、新しいストレージ・コンソールのデプロイメント、重要なファームウェア更新およびセキュリティ修正が含まれます。 また、高可用性対応ライフサイクル・ツールと、ライフサイクル・ツールの更新に対応するためのOracle Enterprise Managerエージェントの変更も含まれています。

Oracle Cloud at Customer 19.2では、次の更新が導入されています:

特徴 説明
OSSのアップグレード バージョン3.36.10から3.37.3へ
ストレージ・コンソール バージョン 1.4.3
Oracle Identity Cloud Service (IDCS)のアップグレード バージョン: 至 18.4.2
Oracle Cloud Infrastructure Load Balancing Classic (LBaaS)のアップグレード バージョン: 至 18.4.6

Oracle Cloud at CustomerでのOracle Cloud Servicesの新機能

ノート:

Oracle Cloud at Customer 19.2でサポートされているサービスの完全なリストは、Oracle Cloud at Customerスタート・ガイド「Oracle Cloud at Customerで利用可能なサービス」を参照してください。

次の表に、デフォルトでOracle Cloud at Customer CloudアカウントにプロビジョニングされるOracle Cloudサービスを示します。

表 - Oracle Cloud Servicesの機能

Oracle Cloudサービス 詳細情報
Oracle Compute Cloud Service 「Oracle Cloud at CustomerのCompute Classicの新機能」の2019年9月の表を参照してください
Oracle Java Cloud Service 「Oracle Cloud at CustomerでのOracle Java Cloud Serviceの新機能」の2019年7月の表を参照してください
Oracle Storage Classic Cloud Service 「Oracle Cloud at CustomerのOracle Cloud Infrastructure Object Storage Classicの新機能」の2019年9月の表を参照してください
Oracle Database Cloud Service 「Oracle Cloud at CustomerのDatabase Cloud Serviceの新機能」のAugust 2018表を参照してください。

ノート:

Oracle Database Exadata Cloud at Customerの詳細は、「Oracle Database Exadata Cloud at Customerの新機能(Gen 1/OCI-C)」を参照してください

ドキュメントのアクセシビリティについて

Oracleのアクセシビリティについての詳細情報は、Oracle Accessibility ProgramのWeb サイト(http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=docacc)を参照してください。

Oracleサポートへのアクセス

サポートを購入したOracleのお客様は、My Oracle Supportにアクセスして電子サポートを受けることができます。 詳細情報はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=infoか、聴覚に障害のあるお客様はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=trsを参照してください。