機械翻訳について

パスワードの変更および管理

Oracle Cloud Accountに最初にサインインするとき、パスワードの変更を求められます。 これはOracle Cloud Accountを保護するための重要なステップです。

ただし、このパスワードを変更しても、Oracle Cloud Accountの使用時に必要になる可能性があるすべてのパスワードは変更されません。 使用しているサービスによっては、次のトピックに示されたパスワードを変更する必要があります。

ノート:

これらすべてのパスワードは、Oracle Cloudに最初にサインアップするときに受け取ったようこそ電子メールのデフォルト・パスワードに初期設定されます。 この一時的なワンタイム・パスワードを使用してサービスにサインインし、求められたときにパスワードを変更します。

注意:

アカウントがロックされた場合は、Oracleサポートに問い合せてください。 Oracleサポートへの連絡を参照してください。

また、Database Cloud Service、Database Backup、Storageなど、いくつかのクラウド・サービスではバックアップ機能が使用されます。 バックアップを最初に構成するとき、ユーザーIDとパスワードが提供されます。 これらの資格証明は、最初のログイン資格証明とは違います。更新する必要があります。 クラウド・アカウントのログイン・パスワードを変更するときは、アカウントのロックを防ぐためにバックアップのパスワードも変更してください。 バックアップで使用される個々のサービスのパスワードの変更方法は、サービス固有のドキュメントを参照してください。